こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

FXで大負けして人生詰んだというのを見かけますが、

FXで大負けして人生詰んだというのを見かけますが、どうすればそんなに大負けしてしまうのかイマイチわかりません。レバレッジを10倍でやっても莫大な借金を作るほどの大損をするとは思えないのですが、どういう状況でそんなに大損になってしまうのでしょうか?そのパターンが知りたいです。
変な質問かと思いますが、
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-05-10 00:48:04

QNo.8972275

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

一般の人で自分の判断や自分が勉強した方法でトレードをする人は、
100%負けて損します。
その共通点は、少しずつ勝って大きく負けて、トータルで損失を出している点です。
利小損大ですね笑

素人は自分の判断でトレードを行うことはしてはいけません。

稼ぎたいのであれば、投資顧問の指示や助言でトレードを行って下さい。
ただし、投資顧問のほとんどは詐欺師です。
詐欺師ではない顧問を探す必要があります。

「FXあまのじゃく 投資顧問」で検索をして見てください。
詐欺師ではない投資顧問を無料で紹介しています。

投稿日時 - 2015-05-20 22:16:11

レバレッジを10倍以下にしていても、マイナスポジションを引っ張ることで、大負けになるのかも。

大きく凹んだ証拠金ではとても元は取り返せないので、借金で大勝負を繰り返しジ・エンド・オブ・

FXトレードになるのでは? プロトレーダーでも永久的勝利は少ないです。

投稿日時 - 2015-05-11 22:47:54

ANo.6

レバレッジが数百倍のFX会社(海外口座)であれば、先日のスイスフランショックのような変動であれば簡単に追証となりますね。

レバレッジ10倍で借金を作るのは、いくつかの例が考えられると思います。

一例としては、長期のスワップ金利目的での売買をしたケースです。

2007年例 ドル円 レバ10倍 124円で1万単位買い(証拠金12万4千円)

→下落トレンドで10円下落、114円になる(この時点で証拠金2万円残、10万円損失)

→ロスカットを防ぐ目的で10万円追加入金(証拠金12万円残)

→さらに10円下落、104円となる(証拠金2万円残、トータル20万円の損失)

→ロスカットを防ぐ目的で10万円追加入金

→何度も繰り返したが、4年後の2011年76円を割る(約40~50万円の損失)

上記のようにすれば、レバレッジ10倍、たった1万通貨の保有をキープする為でも、数十万円の損失を出すことになりますね。

最終的に最初の値に戻るまで保有できればスワップ分を利益とできますが、入金や借金が底をつきロスカットされてしまえばそこでポジションが無くなり、損失も確定します。

蛇足ですが、FXの損失は繰越控除ができますから、上記例のような取引をした場合、利益が出た年が途中にあっても課税所得は損失分相殺もできますね。

投稿日時 - 2015-05-11 12:55:13

ANo.5

賭け事はみなそうですが、全財産を賭けて無くなった場合、明日食う金も無くなります。
食う金が無いくらいですから、一発逆転の金ももちろん有りません。
すっからかんです。
よって、友人親戚中を回って、明日食う金を借りてこなくてはいけません。
貸してくれる人がいれば、まさか毎日1日分を借りるわけにはいかず、少額ですがしばらくは心配要らない程度の額を借ります。
よって余裕があるのでまた賭けます。
そのうち貸してくれる善意の固まりの人からもすっかり呆れられます。

投稿日時 - 2015-05-10 17:54:51

ANo.4

単刀直入に言えば税金が関係してきます。
1つ例を出します。

2013年に1億円分の証拠金で10億円分のポジションを建てて、決済して2億円の利益が出ました。
そのお金は証拠金としてプラスされて3億円になりました。

次の年
2014年度1月、3億円分の証拠金で30億円分の高金利通貨をロングのポジションを建てました。
しかしながら、高金利通貨の急激な大暴落で失敗して損失が3億円分で強制ロスカットされました。
その結果2014年2月時点では証拠金は0円になりました。

2014年3月15日に確定申告をしました、そしたら2013年のFXの利益2億円の15.315%の所得税支払いが確定しました。
つまり、FX利益に対して所得税3063万円が来ました。
しかしながら、証拠金は0円になっています。

要は、この時点でFX証拠金以外で3063万円以上のお金を持っていないと税金が支払えません。
更に2014年6月には住民税の支払いでFX利益の5%である1000万円の通知が来ます。

ですから、2014年6月には3063万円とは別に住民税1000万円を支払う必要があります。
つまり、この場合はトータルで4063万円の税金の支払い義務があります。

ですが、高金利通貨が急激に大暴落して証拠金は0円ですから、どこからかお金を引き出して支払う必要があります。
それが出来なければ懲役刑が確定し犯罪になります。
そうなると、延滞税、重加算税なども加わる可能性もあります。
だから、実際の支払いはこれ以上のなる筈です。

FXには特定口座はありませんから、利益が出たら証拠金の一部を引き出して銀行預金にしておく必要があります。
証拠金のままにしておくと証拠金が全損する場合があります。

既にご存知かと思いますが、最近は高金利通貨であるロシア・ルーブルが大暴落していますね。
「高金利通貨は長期的に下落していく」と言う為替の基本常識をご確認ください。
だから、レバレッジ10倍なんてやっていたら、人によっては資産が瞬時にぶっ飛びます。

最終的な判断は自己責任です、質問者様の方でも考えて慎重にご判断ください。

投稿日時 - 2015-05-10 01:46:00

『FXで人生詰んだ』話にはいくつかのパターンがあります。

ケース1)
これまでの生涯で貯めてきた結婚資金、子供の学費、老後の資金などをFXの負けで全て失って、人生設計がパーになるケース。『詰んだ』と言っているのはだいたいこれ。

ケース2)
FXの負けが込んできて、その負けを取り返すべく借金を始めるケース。ギャンブルで借金地獄になるのと同じ。

ケース3)
巨大なレバレッジをかてた勝負に負けて、追証地獄に陥るケース。昔はレバレッジ100倍とか狂気の沙汰としか思えない取引もあったのです。

投稿日時 - 2015-05-10 01:19:45

ANo.2

以前FXをやっていました。
相場の変化に勝負するのが疲れたのでもう辞めましたが。。
大損するケースはあるでしょうね。
まず、FXの場合は証拠金取引に成っているので証拠金以外の夫妻を抱えないようにロスカットシステムに成っているわけですが、予想外の市場の暴落などで決済システムが機能せずに多額のマイナスに鳴るまで相場が飛んでしまうケースがないわけではありません。
FXではないですが以前、株の売買システムの運用の間違いで大金を手にした人がいましたよね。
まぁこのような大損を受けるケースはまれなので質問者さんの言うところの人生を詰んだ状態になるケースは、多額の借金をしてぶち込み逆バリしてしまい水の泡と消えてしまったばいいでしょうね。
まぁ簡単にいえば、銀行のATMのキャッシングしながら馬券につぎ込み負け続けるみたいなもんでしょうね

投稿日時 - 2015-05-10 01:11:14

ANo.1

投資家なら投資額の1/3は残して売買の調整すると思いますが
素人は全額投資で、下がったら買い増し出来る余裕が無い。

長期間は耐えれず自滅していると思ってます。

投稿日時 - 2015-05-10 01:03:52

あなたにオススメの質問