こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語をより学習する方法

何年か前にTOEIC 800点を取得しました。一度語学留学をしたことがあるのですが、一層英語力を磨くにはどうしたらいいでしょうか。(受験という訳ではなく、あくまでコミュニケーションやスキルアップのためです)

現在、NHK WORLDやBBC、TEDなどを使ってリスニング力を上げたいと思っています。その他に役立つサイトやノウハウがあれば教えてください。

投稿日時 - 2015-05-10 09:28:34

QNo.8972397

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>>コミュニケーションやスキルアップのため
>>リスニング力を上げたいと

人によって違うでしょうが
とにかく「たくさん(本などを)読む」

リスニングにリーディングは関係ないでしょ、と言うと思います
でも経験上リーディングで言葉のレベルは明らかに上がります
ネイティヴやバイリンガルから「どうしてその単語や表現を知ってるの?」と何度か聞かれたことがあります

理屈はいくらでも並べられますが、大きなものとして「会話やリスニング教材と比べて、いろいろな単語・表現により多く触れることができる」からだろうと思います

リスニングの教材は一方向の情報伝達
会話は人それぞれの表現がかなり限られていて、そんなに長い時間はできません
リーディングでは、同じかそれ以上の情報が得られ、読みながら"対話"ができます
小説では登場人物同士の対話があり
論文では主張を強いものにするために、あえて反論を作り出し、それを打ち負かすという方法、つまり"対話"をしています
こういう面で、新聞というのは効果的な教材ではないと思っています
一方向の情報伝達ですから(評論などの欄は有効と思います)

聞く力を上げたければリスニング、話す力を上げたければスピーキング、会話力を上げたければどっちも
こういう考えは、Behaviorism的な考えです
つまり、ある動作を何回も繰り返せば、必要な時にそれが自然とできるようになる、という
間違いではないですが、言葉を使う時は"自分で作り出す"ということが必要です
聞く場合でも、話す人が誰であっても理解できなければいけない
Behaviorism的な考えだと、聞いたことのないクセの発音や表現は理解できないことになってしまいます

リスニング力を上げるためのリスニング練習は当然すべきなのだろうとは思いますが、それをせずとも同じ効果もしくはそれ以上の結果を別の方法で上げることもできると思っています
その一つの例として、リーディングを提案いたしました

私、リスニングというのはあまり時間をかけたことがないんです
でも気が付くと聞けるようになっていたのを知った時「???」と不思議でした
脳の中では自分が考えているような動きがあるのだな、と理解しました
そして、それはなぜかということを、多くの言語学者や脳科学者らが研究していることです

あと、質問に関して蛇足的でどうでもいい、しかし研究者の間では大きなトピックになっているのは、「意識的な学習」vs「無意識の学習」というのがあって、無意識の学習というのは意識的学習と同等かそれ以上ということが言われています
だとすれば、「無意識の学習」を促進する学習環境を作ればいいわけです
おもしろい本(マンガも含め)を読んでいる時、ほとんど考えることをせず、なかばトランス状態になりますよね
そういう環境を容易に作り出せるのがリーディングであるわけです

だから、世間一般言われるで「多読すればレベルが上がる」というのは、"意識的に"やっても効果はないということになります
トランス状態になるぐらいのめりこんで、楽しんで本を読めれば、"結果して"多読しているわけです

同じようなことはリスニングについても同じと思います
リスニング教材で"無意識状態"になれるでしょうか
意識的な学習も当然効果はあります
ただ、身につくか否かに違いがあるという主張もありますので、言葉の学習(もしくは習得)にはまだまだ解明されていないことが多いということです(これも第二言語習得における大きなトピックの一つです)

投稿日時 - 2015-05-10 15:22:48

お礼

ありがとうございます。是非今後の指針にしたいと思います。

投稿日時 - 2015-05-10 17:11:22

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問