こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

シーバス釣りのルアー回収器

私はルアーのシーバス釣り(オカッパリのみ)で、リールのような形で、紐の付いたおもりをラインに引っかけて、おもりを滑らせていくタイプのルアー回収器を使用していますが、今まで数十回使用して、ルアー回収に成功したのは1回のみです。
原因ははっきりしています。ルアーが引っ掛かる場所が遠いので、ラインを角度を付けて張ることができないからです。

そのようなルアー回収器を使っているシーバスアングラーを見たことは一度もありません。

やはり、オカッパリのシーバスアングラーで、私が持っているタイプのルアー回収器を使用する人はほとんどいないのでしょうか?

渓流では伸びる棒状のルアー回収器を使用しており、それの大型のものもあるようです。それをオカッパリのシーバスで使用しているアングラーを一度も見たことはないのですが、オカッパリのシーバスでそれは役に立つのでしょうか?

あと、皆さんはルアー回収でどのような工夫をしているのでしょうか?

投稿日時 - 2015-05-16 20:41:18

QNo.8976307

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

伸ばせる回収器や紐付きの誘導式などでは到底届かない場所で引っかかる場合も多く、
嵩張るので多くの人は持ち歩きませんね。
食わすために細いラインを使ってる人は別ですが、
PE1.2~1.5号クラスのメインラインを使用している場合、
リーダーもそれなりの強度の為フックを伸ばして回収する事もありほとんどの人はラインを引っ張ります。
取れるなら取りたいでしょうけど回収に時間を掛けるのもやはり面倒です。

投稿日時 - 2015-05-19 08:19:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

すずきは
自分の居る深さより下にいる魚は食わないので
そんな場所だとしっていて
そんなに底を打つようなルアーの選択は無意味だと思います。
遠浅の場所でウエーディングしないのなら表層のルアーしか使えないでしょう。
だんだん浅くなるような場所では注意して
リップが当ったらロッドをあおって泳層をあげて引くので
根かかりの頻度も少ないですし。
最近はPEを使う人が多くてラインの弾力が使えない為に
できないのかもしれませんが
ロッドとラインの弾力を使って弾いてはずす方法があって
挟まったルアーは結構回収できます。
自分が動いて方向を変えてそのようなことをすれば
外れる場合も多いのでそんな道具は要らないと思っています。
場所の把握とルアーの選択、リーリング時にリップが当った時の動作、
噛んだ時のはずし方などがわかってくれば根かかりの頻度は極端に減るでしょう。
魚網やロープにフックが刺さっているのはそんな道具でも外れないので
時間を食うのも無駄ですから直線で引いてさっさと切って
再開しようと思う人も多いと思います。

投稿日時 - 2015-05-17 06:29:22

あなたにオススメの質問