こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

直列共振回路の問題

テストで穴埋めの問題が出たのですが、私の回答が合っているのかわからないので、間違っていたら訂正していただけると嬉しいです。()内が穴埋めの回答です。

抵抗、コイル、コンデンサを直列につないだ回路にキルヒホッフの(第二法則)を 適 用すると電流と電源の関係を計算できる。交流の周波数が共振周波数の時、ちょうどコイルとコン デンサで生じる電位の位相が逆になつて互いに打ち消すので、結合抵抗が抵抗のインピーダンス と等しくなり、電流値は(最大)と なる。この回路を直列共振回路とよび、ラジオやテレビで 特定の周波数帯域の信号を取り出すのに利用される。受動フィルタは入力電圧をエネルギー源とするので、電圧利得の最大値は(0)[dB]であり、電位が減少することはあっても、増大 することはない。しかし、増幅回路は電源のエネルギーを利用するので、入力よりも大きな電圧を 出力することができる。この場合も電圧比(Vo/Vi)を電圧利得と呼び、最大値から( 3)[dB]減 少した時の周波数を遮断周波数と呼んで増幅回路の周波数特性を表すのに利用して いる。増幅回路の電圧利得が10[db]、 電流利得が10[db]の場合には、電力利得は(10) [db]で ある。

投稿日時 - 2015-06-06 10:30:21

QNo.8988956

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

電力はVIあるいはV^2・Rですので、

電圧利得が10dBなら
電力利得は2log(Vo/Vi)ですので2倍の20dBになります。 

投稿日時 - 2015-06-06 21:27:02

お礼

分かりやすい回答ありがとうございます!とても参考になりました

投稿日時 - 2015-06-07 21:40:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

問題の回答は出題者の意図に合っていると思いますが、問題そのものに間違いがあります。

誤:受動フィルタは入力電圧をエネルギー源とするので、電圧利得の最大値は(0)[dB]であり、電位が減少することはあっても、増大 することはない。
正:受動フィルタは入力電圧をエネルギー源とするので、『電力』利得の最大値は(0)[dB]であり、『電力』が減少することはあっても、増大 することはない。

例1:Qメータでは、直列回路のコンデンサ(又はコイル)に発生する電圧は抵抗に印加される電圧のQ倍の値になります。
http://www.fcz-lab.com/CIRQ-004.pdf

例2:パイマッチ回路は一種のローパスフィルタですが、入出力で電圧が異なります。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand/3713/pimatch.html

投稿日時 - 2015-06-06 11:59:06

お礼

早い回答ありがとうございます!
問題の訂正もしてくださり、とてもありがとうございます!

投稿日時 - 2015-06-06 12:32:17

あなたにオススメの質問