こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どうして母子家庭は子どもに目をむけないのだろう。

母子家庭といえば「貧困」「孤独」などいろいろと複雑な問題が挙げられるでしょう。
そしてそれに対する「共感」「同情」する意見や、具体的な家庭内の問題に対する「解決策」や「経験談」の共有なども取り上げられています。テレビやネットで目にする相談例はかなり具体的で、それぞれ複雑な状況にあります。
またシングルマザーの決意であったり、育児と仕事の両立であったり、その苦労は多くの人が認めるものでしょう。女手一つで子どもを大学にまで進学させ、一人立ちするまでしっかりと支える姿は本当に素晴らしいです。

しかし、多くの場合それは大人の立場からの意見であり、大人目線での価値付と評価がされているとも思えます。
子ども目線で、子どもの気持ちを中心に捉えて議論されている場がいったいどのくらいあるでしょうか。なぜ子どもの立場に立った意見がないのでしょうか。

本当に「孤独」なのは子どもです。大人には少なからず相談相手がいるでしょう。支えてくれる家族、親戚、長年の友達は多くの経験を積んだ立派な人間です。しかし子どもはたった一人の相談相手も存在しない。子どもは自分の感情を自分で理解も、整理することも難しく、何が悩みで、何が苦しいのかすら分かりません。ましてや母親に相談することは、お母さんを苦しめるようなことはしたくありません。だからぐっと心にしまいこむんです。誰にも打ち明けることなく。
「孤独」が原因で起きる母子家庭の問題は本当に多いと思います。


「子どもにとっての幸せ」とはなんでしょうか。
私は「貧困」はそんなに問題ではないように思えてしまいます。学歴はそんなに大切なことなのでしょうか。勉強すれば幸せになるのでしょうか。
子どもは一番親の姿を見ていると思います。そして一番親の幸せを願っているとも思います。


すみません、質問の意図がはっきりしていません。
母子家庭にいる大学生の私ですが、話す相手がいなくて、ここに書き込んでみました。同じような悩みを抱えている人がいるのではないかと思いました。
母子家庭の子供の悩みということですが、決して親を憎んでいるわけではありません。おそらく一番時間をかけて自分の子どもについて悩み、考えてくれている母に本当に感謝しています。

投稿日時 - 2015-06-09 22:47:23

QNo.8991279

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

親の立場からなので、質問者様の疑問についてきちんと触れていなと思いますが…。(長文失礼します。)
現在、離婚問題に直面している生後半年の娘がいるもうすぐ三十路の母親です。
私が離婚を決めれば娘は母子家庭で育ちます。

妊娠後期に夫と会社同僚の1ヶ月間の不貞が原因で、両家巻き込んで離婚寸前まで行きました。現在は円満調停をきっかけに、14日より同居生活を始めることを選んでおります。

家庭裁判所に「お子さんのすこやかな成長のために」というリーフレットが置いてあります。(添付画像より)「両親が離婚や別居をするかもしれないという状況の中で、お子さんはどのような気持ちでいるのでしょうか?」

娘はまだ質問者様のように考えもしない年齢ですが、子どものことを一番に考えられるのは私しかいないのだと思い、離婚を踏みとどまって強くなろうと考えた結果、歩み寄る形となりました。私は精一杯、夫ともう一度向き合ってみる。私達親の婚姻関係がなくなっても、親子である関係を私が裂くわけにはいかない。それに親の責任として、養育費や面会交流をきちんとしようと思ったら、夫と関わらずにこの先生きては行けないということに気づき、結局離婚してもしなくても関係を絶つのは既に全てにおいてデメリットでしかないという結論を母親なりに出したのです。(養育費は離婚家庭の2割しか貰っていないそうです。子どもの権利なのに…)しかし夫が背を向けるなら、離婚調停に切り替えることは可能でした。それが娘の運命を大きく左右することになると分かっていたとしても、娘と共に何処か前に進むしかないのですから。

私の父(60代)も母子家庭で育っていますが、聞くと養育費、面会交流等が言われる時代ではなく、今以上に食べるので必死な時代背景を感じます。現在は、養育費や面会交流という子どもの福祉という観点で国はこのようなリーフレットを作る時代になっているようです。

そしてこの質問が気になった理由は、夫の浮気相手は中学生から母子家庭で育った人だからでした。結婚願望などなく浮気に走らせたものは何なのか…。ただ夫を好きだったということで、私や娘のいる家庭が脅かされてしまったのです。相手は父親の借金で取り立てに合っていた過去があり、モデルガンを集めるのが趣味だと聞いております…。その相手に慰謝料を請求することを進めている私は…?そして浮気相手の母親は、どんな目で21歳の娘を見るのか。このような悪循環を、娘には味合わせたくはないのです。

現在、精神科に通う私に主治医は言いました。離婚家庭は様々な問題を抱えてしまう人が圧倒的に多いと。片親では埋められない愛情と弊害。離婚なんていう制度なんてないものと思った方がいいと。(DVや命に関わること以外は…)勢いに任せてに決めてはいけないです。親の責任は離婚することで終りではないはずなんです。別れるなら別れるなりに、親子の時間は大切にしなければと私は思います。

このことをきっかけに強くなれたのも事実です。それから女性としても親としても成長させてもらいました。ピンチの時に越えられない壁はないと思えた瞬間でしたし、自分の生き方に自信を持てるきっかけになりました。自らの意志で発信してみたりぶつかったり、受けとることは必要なことですよね。

少しでも片親で寂しい思いをする子どもがいなくなることは、私の願いです。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2015-06-10 20:03:43

お礼

ご回答ありがとうございます。

>「両親が離婚や別居をするかもしれないという状況の中で、お子さんはどのような気持ちでいるのでしょうか?」
この問いについて考えることがどれほど難しく、またどれほど必要なことか。簡単なようで、まったく答えの出ない問題だと思います。

どんな親であっても大人であっても人間ですから、完ぺきなことなんてありえませんよね。自分の感情と、子どもを想う気持ちの狭間で多くの複雑な問題に直面していると思います。また母子家庭に起きる問題は一生解決することのないものだとも思います。

私は母子家庭に関するトピックを投稿しましたが、決してそれが消極的な意見ばかりなのではありません。むしろ母子家庭だからこそ前向きに、子どもの学びや個性に繋がる特別な教育環境だということを自覚する必要があると考えています。子どもや親はより人との関係について感じることがあるでしょう、より愛情や感情について向き合うでしょう。他にも多くの複雑な問題に向き合うことになるでしょう。それらが決して良いことであるとは言い難いですが、大きな壁と真剣に向き合い考える力は、子どもの成長に大きく関わり、やがて自己、個性になると思います。

しかしそれには親の子どもを理解しようとする努力も必要だと考えます。また、それはただ単にひとりの大人として向き合うとかではなく、子どもの歴史や発達、人文領域などに関しても確かな知識を得て、学ぶということ、また学ぼうという姿勢が必要だと私は考えます。
それがきっと複雑で難しい問題に向き合う力となります。
話は戻りますが、そもそも母子家庭に起きる問題に答えなんてものを求めることは間違っているんです。母子家庭だからこそ、一生、複雑な家族という問題に真剣に向き合い、学び続ける覚悟が必要なのです。多くの人がその視点を欠いていると思っています。


具体的な話になりますが、夫婦険悪の感情とは別に、子どもの親、母親、父親を尊重し、認める姿勢は本当に大切だと、私の個人的な経験からもそう思います。子どもには決して両親を否定するような姿を見せてはいけない。自分の父親、母親を否定されていることは、それは自分自身を否定されているのと同じなんです。

母子家庭だからこそ発信できること、学べることは本当に大きな力を持っていると思います。だからこそ前向きに一歩、また一歩と挑戦していくことが、きっと何かを変えることに繋がる。そう私は信じています。

投稿日時 - 2015-06-11 00:53:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(17)

ANo.17

私は最初に申し上げたとおり、子どもがいながら安易に離婚する人たちが大嫌いです。
ここは貴方と同じ考えだと思いますが、違いますか?
だからそんな人たちと並列して同じ目で見られたくないと強く思います。

どうしても親への批判になってしまうのはそれはそうではないでしょうか。
子どもとは弱いものです。無力で親の決定で振り回される存在です。
それなりの年齢になれば乗り越えていってとも思いますけどね。

シングルマザーへの非難が全くないかのような質問文からして、そこを改めてよく観察しないとただの愚痴で終わってしまいます。
なぜシングルマザーを非難するのか。
子どものことを考えていないと判断せざるをえないからでしょう。

よく「喧嘩ばかりしているより離婚したほうが子どものため」なんていいますけど、喧嘩をしない夫婦なんていません。なに子どもに責任転嫁しているんだと憤りは隠せませんね。
その前に親として夫として妻として、すべき努力をしてきたのか馬鹿ものが!と言いたくなります。
それは子ども目線に立って、大人として戦っていることになりませんか。

少なくとも私の周囲はシングルマザーに対しての視線は冷たいです。
田舎なもので離婚の理由まで耳に入ってくるんですよ。
これも最初に言いましたが、DVは子どもを産んでから分かる場合もありますから、子どもの命を守るために抱えて逃げたというのは同情的です。

核家族で少子化。父親は仕事で子どもと接する時間は短く、母子の癒着が問題視されています。父親の存在意義が希薄になっているんです。母親も仕事を持ち離婚しても福祉手当で生活が成り立つとなれば、楽なほうに流れてしまうんでしょうね。
母子家庭は裕福ではありませんが貧困でもありません。
そういうのは知っていますか?

色んな事実を知って、自分なりに考えをまとめて下さい。

投稿日時 - 2015-06-11 17:50:31

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-06-11 23:30:09

ANo.16

>私の主張をあえて表現するのであれば、
母子家庭だからと言ってすべてが悲観的になる必要はないし、子ども自身もそれは望んでいない。

私は突然に夫を奪われました。それは不幸ですがその後の家庭は幸せです。
ひとつ思うのは、やはり選択権のあった人とは同一視してもらいたくないということです。
自分の選んだことに責任を持てず、被害者面してる人が子どもを守れるわけないでしょう。

>母子家庭という特異な環境の中での教育、学びには子ども一人一人の大切な個性に繋がるものがある。親はより子ども目線で理解しようとする姿勢が求められるし、子どもの権利を尊重する必要がある。

再婚に関しては慎重であらねばなりません。
その他は普通の家庭です。
貴方自身が母子家庭を理由にして自分を擁護したいだけでしょ。
私の子どもがこんなこと言ったら怒鳴りつけますけどね。
「逃げるな!貴方にはプライドはないのか!もう何歳ですか!」って。

>また本当に子どもを知ろうとするのであれば、子どもの発達や人権の歴史にまで学び、真剣に向き合うべきである。

貴方が人権を侵害されたと感じているなら、そうしたのは貴方の両親です。
子どもは親を選べませんし、親もまた子どもを選べません。

>子どもは世界的な歴史から見ても「人権」という権利に関して遠い存在でしたから、現代になった今でも、私は子どもについて学ぶことに欠けていると感じます。しかしそれは社会的にも仕方がないことだとも思います。だからこそ母子家庭のような人々には学び、それを発信する使命があるとも考えます。

これは全ての親が考えるべきこと。母子家庭だけじゃないんです。
父親も例外ではありません。

投稿日時 - 2015-06-11 00:46:27

補足

投稿日時 - 2015-06-11 01:10:00

お礼

ご回答ありがとうございます。

ご自身の具体的な体験から考えて、強いお気持ちをもっていらっしゃることは尊重されるべきことだと思います。

投稿日時 - 2015-06-11 16:31:20

ANo.14

結局は母子家庭の問題ではなくて、貴方の家庭の母子関係に問題があるだけなんですよ。
いくら忙しくっても学校の話しを聞いたり勉強を教えたりというのは出来ます。私自身がそれを出来てきましたから。ご飯の進み具合や笑顔がちゃんとあるかも注意して見てきました。ちょっと元気がないと思えば「なにかあった?」と私から問いかけています。仲の良い友達の名前は全員覚えていますし、ママ友からの情報だって把握していますよ。

両親が揃っていても今どきは働く母親が多いんです。条件は同じだと思っています。
だから母子家庭というのはなんの言い訳にもなりません。

貴方は信頼できる人が近くにいないと言います。
信頼できる人を作ってこなかったのは貴方ですよ。
足りないことばかりを嘆いて自分で努力しようとしない人が幸せになんてなれるものですか。

母親を本当は恨んでいるんでいるんですか?
だったら良い子ちゃんぶっていないで母親にそれをぶつければ良いじゃないですか。

投稿日時 - 2015-06-10 17:42:02

お礼

ご回答ありがとうございます。

私の母子家庭だけに問題があるというご指摘に関しては、懐疑的にならざるを得ませんね。
このトピックに関する10以上の回答を見ただけでも、私が感じている社会的な問題が、私だけの特異な母子家庭環境から生まれているとは到底考えられません。

「条件は同じ」「言い訳にならない」というご意見からは意志の強さが感じられますが、さまざまな家庭にある問題に真剣に向き合おうとするのであれば、不適切な姿勢だと私は考えます。

投稿日時 - 2015-06-11 00:03:31

ANo.13

#11さんに同意です。

質問者さんは、誰に何を質問しているのでしょうか。
私も、夫婦仲が悪い家庭で子供を育てるより、離婚したほうがいいと考え離婚した「親」です。
うちは、夫婦仲が悪くなったあげく妻が、元カレと2年間不倫をしていました。
ですから離婚する事情を子供には話せません。
私は母子家庭の経済的なデメリットを回避しようと毎月30万の養育費を送り、妻の母は
自宅を改装し児童福祉手当の規定に抵触しないようにしました。
幸い子供は3人いたから、孤独という問題はなかったでしょう。
ただ、親としてかわいそうなことをしたという気持ちはあります。

でも、#11さんの気持ちが私にはよくわかる。
親としてはこれが最善の策だった。

なにしろ、私は私の父母の夫婦げんかの中でどれだけ精神的に悪影響をうけて育ったか自分で
わかっている。結局自分の親たちが離婚すればもうすこしマシな人生を歩んだだろうと
思うからこそ、私はあえて離婚を選んだ。

親のエゴだとかいうのなら、自分を殺して不貞妻を我慢して嘘の夫婦生活をこどもが
おおきくなるまで続ければよかったといぬのでしょうか。


子供の幸せは、のびのび生きることでしょう。
うちの子供たちは、つい最近まで誕生日を一緒に祝ってきましたが、最近はもう30歳近い
からあまり声をかけてくれません。
母親とはそりがあわないみたいですが、なんとか暮らしています。
母親の自宅が都心部にあるので、通勤も楽なようです。

はっきり申し上げて質問者さまの質問は何なのか私にはわかりません。
少なくとも3人の子供のことは私は片時も頭の隅から忘れたことはない。

子供のことを考えない親はいません。離婚してもそれは同じ。
あたりまえじゃないですか。
何が言いたいんだろう?この人は。

投稿日時 - 2015-06-10 16:24:29

お礼

ご回答ありがとうございます。

私のこのトピックは、私個人の抱える母子家庭における問題を示しているわけではなく、母子家庭の問題を議論するその内容に焦点を当てています。
個々人が抱える問題はさまざまですから、「子ども目線での議論がされていない」ことや「子どもの幸せとはなにか」という疑問に対する答えは、ひとつではないし、そもそも大人の視点に立っている時点では不明瞭になると考えます。

私もまた夫婦険悪な家庭環境であるなら、離別したほうがマシだと思いますよ。
ご自身の経験から子どもについて真剣に考え、養育費を準備し、立派に育て上げたことは非常に尊重されるべき事実だと思います。

しかし「子どもには孤独はなかった」「私の経験から理解している」ということに関しては、懐疑的になることも必要だと私は考えます。「両親が離婚する理由について知らない」という現実だけでも大きな影響があると思います。子ども一人一人感じることは異なると思います。

私の主張をあえて表現するのであれば、
母子家庭だからと言ってすべてが悲観的になる必要はないし、子ども自身もそれは望んでいない。母子家庭という特異な環境の中での教育、学びには子ども一人一人の大切な個性に繋がるものがある。親はより子ども目線で理解しようとする姿勢が求められるし、子どもの権利を尊重する必要がある。また本当に子どもを知ろうとするのであれば、子どもの発達や人権の歴史にまで学び、真剣に向き合うべきである。

子どもは世界的な歴史から見ても「人権」という権利に関して遠い存在でしたから、現代になった今でも、私は子どもについて学ぶことに欠けていると感じます。しかしそれは社会的にも仕方がないことだとも思います。だからこそ母子家庭のような人々には学び、それを発信する使命があるとも考えます。

投稿日時 - 2015-06-10 23:51:06

ANo.12

大雑把言うと、子供を食べさせるために長時間働かざるを得ず、時間が取れない、ということになってしまうのではないでしょうか?

子供と触れ合いたい、もっと関わりたいと思っても、そうすると明日のご飯が・・・という生活になってしまったら、そっちの方が命に関わります。母親としても苦渋の選択だと思います。

こういった就労体型になってしまう、なりがちな社会問題だと思いますね。

投稿日時 - 2015-06-10 11:41:26

お礼

ご回答ありがとうございます。

母親にも多くのジレンマがあるのでしょうね。
まずは個人の問題かもしれませんが、社会が母親にも子どもにも十分に理解を示すことが私も大切ではないかと考えます。

投稿日時 - 2015-06-10 23:02:02

ANo.11

本当に…質問はなんだろう?

母子家庭にも色々あるだろうに
その子供の状況にも色々ある

少なくても私は孤独を感じたことはありません
何しろ最初から一人っきりなので特別に私は一人で孤独である・・・という概念がありません
よって「さみしい」という感情もありません

よって、母親に引き取られた後の生活において「放置されている」とか「貧困である」などもないのです

むしろ世間の「あの子は父親がいないから」という蔑みや「母子家庭だからしつけがなっていないだろう」という憶測からなのか、いじめにはあいましたが・・・・・
さみしくもないのに「かわいそうにね」と言われるのが嫌でした

大人の立場で話すっていうのは当たり前でしょう?
だって大人都合でシングルファミリーになるんですから。子供目線でもそうなった可能性もあるし。
子供がさみしいだろう、孤独だろうという理由で偽りの夫婦生活を選択するくらいなら、初めからもっと別の結論を出しているでしょう

よく、子供の為に夫婦は努力するべきとして離婚をしないという人もいます
死別もこの際一緒にします。子供の為に再婚するべきという人もいますから
しかしそれが子供の本当の幸せにつながるのか・・・というのは、ちょっと話が違うと思います

あなたにとっては「孤独」であることが大きな問題なのでしょうが、
それをすべての母子家庭の問題だとするのは間違っています

普通の一般的な家族の中にいてなおかつ孤独を感じている人のほうがもっと深刻ですよ

話す相手がいないのは母子家庭だからですか?

投稿日時 - 2015-06-10 07:05:09

お礼

ご回答ありがとうございます。

子どもが抱える問題は母子家庭のみならず、さまざまな状況があると私も思います。

母子家庭をはじめとする多くの問題を抱える家庭の主体性が、大人にあることは当然だと私も考えます。しかしそこで交わされる主張が大人の私利私欲であるなら、それは人権にかかわる大きな問題だと私は考えます。
「孤独」は、私にとっての一つの具体的な感情ですから、トピックの中の具体例として取り上げました。個々人が抱える問題は「孤独」以外にもさまざまだと私も思っています。

話す相手がいないのは現実のひとつではないでしょうか。家庭問題が原因で必要以上に心を閉ざしてしまう子どもの例は少なくないと考えます。また、伝える手段も分からなくなってしまうことも珍しくはありません。もちろん私個人が抱える問題でもあります。少なからず家庭内の問題が要因のひとつであるとも私自身整理しています。

投稿日時 - 2015-06-10 09:23:27

ANo.10

私はシングルマザーに同情なんてしてませんけど。離婚した理由がDVだったらまだしも、そのくらいで?と思うことで離婚してる人が増えてませんかね。そしてすぐ男漁りですよ。そんなシングルマザーを働いた先で何人も見ました。

子どもは学校に相談できる場所があるんです。大学にもカウンセラーがいますでしょ。そこで気持ちを吐露するだけでも少しは楽になれるんじゃないですか。役所に問い合わせれば女性相談室などを紹介してくれますし、電話代が気にならないんだったら電話でも相談できます。

なにが孤独なんだかちょっと分かりません。
友達がいないこと、将来への不安を母子家庭だからとすり替えられると困ります。
ないものねだりをしていても仕方ないでしょう。

そもそも家庭の中心は夫婦なんです。子どもは巣立つもの。
信頼できるパートナーをみつけ、幸せな家庭を築けば孤独とは無縁になりますね。

ちなみに私は夫を亡くして母子家庭になりました。子どもとはいつまでも一番の友達でいたいと思っていますよ。

投稿日時 - 2015-06-10 05:32:50

お礼

ご回答ありがとうございます。

いったい何人の子どもが自分自身で場所を選択し、自身の体験や感情について話せるでしょうか。自分の弱い面を見せるようなコミュニケーションには、お互いの信頼が重要だと私は考えます。
学校や地域に配属される児童カウンセラーの数はまったく十分ではありません。さらにその質についても、人文科学の知識があり、十分に理解の出来る人間性をもった人は不足していると思います。

この私のトピックは、将来の不安についてではありません。
母子家庭はより子どもの実情や現実、権利について学び、真剣に考える必要があるのではないかという題目です。またそういった特別な環境は、そのような複雑な問題に取り組める環境であるとも思えます。

はたして「孤独」と完全に別離することは可能でしょうか。私は懐疑的です。

投稿日時 - 2015-06-10 09:02:41

ANo.9

どうして社会は、母子家庭の子供視点で議論しないのか?という疑問なのかな?と受け取りました。

日本の政府は、母子家庭に限らず、子供の幸福というか健やかな成長を本気で考えているようには感じないですね。虐待の通報義務が出来たりと少しずつ制度だけは出来ていますが、虐待された子が全て救われるわけではないでしょうし、全国の施設が理想的に運営されているわけでもなさそうです。

母子家庭の子、虐待された子、虐待とまでは呼べなくても異常な性格の親に育てられた子、親を亡くした子などなど、それぞれの境遇にそれぞれの不幸があると思います。母子家庭で虐待など悪条件が重なるケースもあるでしょう。なので、「子供の幸福」に着目した場合は、母子家庭だけをトピックにして語ることに意味があるかな?と疑問に思いました。

因みに私は母子家庭で育ち、成人後はその母の異常さに苦しめられていますが、暴力親父のいる家庭や、過干渉な母親に支配されて育つよりはずっと良かったと思っています。
つまり、養育者の数より養育者の質が大問題なのではないでしょうか?

投稿日時 - 2015-06-10 01:29:55

お礼

ご回答ありがとうございます。

子どもが抱える問題は母子家庭に限らず、さまざまなケースがあるでしょう。私もそう思います。

日本の現状について知識が浅いですが、たしかに状況は十分に良いとは思えませんね。
子どもは発言する力が大人ほど十分ではないでしょうから、子どもが抱える実状を伝えることも出来ないのでしょう。

投稿日時 - 2015-06-10 08:45:02

ANo.8

大人がしている対策は、当事者であるあなたにとっては的外れだ。
ということを一番言いたいのでしょうか?

(あまり読解力がある方ではないのですがそんな風に理解しました。間違っていればご指摘を。。。)

そもそも「対策」をしている大人が当事者ではないから、完璧に的を射た行動なんてできなくて当然じゃないかと思います。残念ながら。

しかし、ほんの少し前の日本では見捨てられていた母子家庭問題について、ちゃんと対応しようとするようになりつつあり、そこは歓迎すべきことではないでしょうか?

とりあえず対策をしようとする動きは出てきた。
では次のステップとして、より良い対策をするために何をすべきでしょうか?

例えばあなたのような当事者の方がもっと発言力を持ち、働きかけていくべきではないでしょうか。
この社会で発言するためには信頼が必要です。

私は、私にとって大切なもののために頑張ります。
あなたは、あなたが守りたいもののために頑張らなくてはなりません。

頑張っていきましょう。

投稿日時 - 2015-06-10 00:25:23

お礼

ご回答ありがとうございます。

そうです。まさに。
メディアで取り上げられる母子家庭の問題は本当に本質を欠いていると思います。また、あえて本質を避けているのではないかとすら思います。

世の中の流れに関しては知らないことが多くあります。考慮していただきありがとうございます。

頑張っていきましょう。

投稿日時 - 2015-06-10 00:39:30

>子ども目線で、子どもの気持ちを中心に捉えて議論されている場がいったいどのくらいあるでしょうか。なぜ子どもの立場に立った意見がないのでしょうか。

簡単に言うと「大人の事情」、すこし詳しく言うと、「既得権益で得をしている人にとって損になること」だからだよ。子供の立場に立った意見をしてしまうと、シングルマザーにならざるを得なかった社会が悪いということを認めざるを得なくなる。既得権益で得をしている人たちにとってはそれは避けたいことなんだよね。

>「子どもにとっての幸せ」とはなんでしょうか。
私は「貧困」はそんなに問題ではないように思えてしまいます。学歴はそんなに大切なことなのでしょうか。勉強すれば幸せになるのでしょうか。

子供にとっての幸せは子供の数だけあるかもしれないし、ないかもしれない。1つではないことは確かだな。
貧困が問題ではないと言える人は自分が貧困ではない、あるいは貧困と自覚していない人だからだな。ここが日本だからということもある。世界には貧困にあえいでいる国はたくさんある。そういう国の人は貧困が問題であることは言わずもがなだよ。
学歴が大事かどうか、学歴そのものについては、君と同意見だ。社会人になって20年以上たつが、今まで学歴でなにか得をしたことは1つもない。損もしたことはない。たまたま私の業種がそうだっただけで、学歴がもろに影響する業種はあると思う。
だが、勉強は必要なことだと実感したのは社会人になって10年以上たったときかな。
社会人になってから、何かを学ぼうとすると、すごくお金がかかるのだ。これは大学生には話してもムリなことだと思っている。

いま言えることは、タダで学べる義務教育時代は勉強したほうがいいし、親の学費を出してもらえる高校大学時代は学費を無駄にしちゃいけないことだなとね。

投稿日時 - 2015-06-10 00:07:43

お礼

ご回答ありがとうございます。

大人の事情。社会のタブーのようなものでしょうか。
分かってはいました。だからこそ言えないことでもあります。ただ、その複雑な問題を真剣に考えることで変化することがあるのではないかと思います。

学ぼうということ、挑戦しようという気持ちを伝えることができたら子どもの将来に大きな変化をもたらすことができるのではないかと考えます。

投稿日時 - 2015-06-10 00:34:46

一番の犠牲者は子供
母子家庭になったからといっても
全ては親の責任、身勝手さ
母子家庭になった親は苦労するのは当たり前
子供から一人親を奪ったんだから。

投稿日時 - 2015-06-09 23:57:23

お礼

ご回答ありがとうございます。

正直、そう思うことはあります。
親の責任とはいったいなんなんでしょうかね。

投稿日時 - 2015-06-10 00:28:22

ANo.5

「子供にとっての幸せ」とは、「自分が幸せであること」

お金や学歴などが幸せを創造するものではありません。
「幸せ」とは、自分が創造するもの。
これは、「母子家庭」であるから、ということが理由になるのではありません。
一般家庭の子供でも同じ事。
はたまた、大人でも同じ事。

ただ「子供」は、「親」が楽しそうにしていること、嬉しそうにしていることが、「自分の幸せ」だと思うことはあります。
けれども、それとて子供が、「親の嬉しそうな姿が、私の幸せだ」という自分なりの「幸せな形」を持っているからです。


そして、質問者様がお書きの
「多くの場合それは大人の立場からの意見であり、大人目線での価値付と評価がされているとも思えます。
子ども目線で、子どもの気持ちを中心に捉えて議論されている場がいったいどのくらいあるでしょうか。なぜ子どもの立場に立った意見がないのでしょうか。」
ということですが、
このことが、その人にとっての悩みであったり一大事でなければ誰もこのように考えようとしませんし、もしかしたら、気づきもしませんから、質問者様がたとえ「なぜ子供の立場にたった意見がないのでしょうか」と疑問に思っても、質問者様以外の人はそのような疑問を持たないのです。

母子家庭であろうがなかろうが、それぞれにみな大きな悩みを抱えており、その人にとっては、その「悩み」こそが一番の大事件です。
世界中を見渡してみて下さい。
この瞬間にも飢えで死んでいる子供はたくさんいます。紛争や戦争に巻き込まれて死んでいる子供がいます。
そんな世界であるにもかかわらず、それぞれが抱える一番の大事件は、自分の身に起こっている「悩み」だと思う出来事。

ただ、それだけです。

質問者様が考えることが、みんな同じように考えることではありません。
「母子家庭の子供が孤独だ」「「孤独」が原因で起きる母子家庭の問題は本当に多い」と思うのは、あくまでも質問者様であって、果たして、母子家庭の子供がみな「孤独」なのでしょうか。そして、「孤独」が原因で起きる母子家庭の問題は、「本当」に多いのでしょうか。
母子家庭の子供全員にアンケートをとった結果だということであれば、「本当」でしょうが、、、私のところにそのようなアンケートはありませんでしたから。


ちなみに、「母親に相談することは、お母さんを苦しめるようなことはしたくありません。」とありますが、
さて、本当に、質問者様がお母様にその胸の内を打ち明ける事は、「お母さんを苦しめる」ことになるのでしょうか。
お母様がそういったのですか。


質問者様はお母様に対して、「お母さん、もっと私を見てよ!構ってよ!私と一緒にいてよ」ということを伝えたいだけではないのでしょうか。
そうであるならば、それを直接お母様に、自分の素直な気持ちを伝えなければ、お母様には伝わりません。

出来ない理由はいくらでも作る事ができます。
質問者様もお書きのように、本当にお母様が苦しむかどうかも分からないにも関わらず、「お母さんを苦しめる」といって相談しないうように。

一方で、質問者様は、お母様の言うことを聞きながらも一緒にいなければ命の危険が迫るほど、もう子供ではありません。
確かに、雨風をしのぐ家を探すことも、自分でご飯を作る事も、買うこともできない子供であれば、どれだけ嫌であろうが、我慢をしようが、生きるために大人のいう事を聞きながらも一緒にいることがあります。
でも、質問者様はもう大学生なのです。

お金がない、というのであればアルバイトもできる
包丁も使え、家電製品を使えるのですから、ご飯を作ることもできる。
誰かに頼めば、お金を借りることさえできるのです。

質問者様は質問者様としてすでに「自立」できるのですから、幼子のように、自分の幸せを親に任せるのではなく、ご自分で創造することです。

お母様はお母様。質問者様は質問者様であり、別人なのですから、自分の幸せは、自分にしか分かりません。
家族でも、恋人でも、友達でも、だれも与えてなどはくれないのです。

「幸せ」になりたいのであれば、まずはお母様に素直に自分の思いのたけをぶつけてみる。そして、お母様とご自身が「別人」であることを自覚する。そこからです。

そして、何が「幸せ」かが分からないのあれば、とにかく「楽しい」「面白い」と思えるようなことを、実際にやってみる事です。
もちろん、やってみて、楽しくないこともあるでしょう。
それでも、「楽しそう」「面白そう」と思うことを、何でもいいから、いっぱいみつけて何度も試してみるのです。
そうすれば、だんだんと、自分にとって「楽しいこと」「面白いこと」が見つかるようになります。

とにかく、行動をして、そこから引き出された感情を味わってみる。

自分にとっての「幸せ」が分からなければ、そうやって、「何を「幸せ」だと思うのか」を自分で探すしか在りません。
もちろん、「何が「幸せ」か」が分かっていれば、それをやればいいだけのこと。

何度も言いますが、質問者様の「幸せ」が何かは、ご自身以外に誰も分かりませんから。

投稿日時 - 2015-06-09 23:53:57

お礼

ご回答ありがとうございます。

私もまた個々人によって「幸せ」の定義は異なると思います。
ただ昔の私が必要だったものがひとつ「幸せ」でした。それが具体的にどういったものなのかは、まだ具体的には分かりません。

そして私もまた「共感」や「意見」を得たいと思い投稿しました。

投稿日時 - 2015-06-10 00:26:06

ANo.4

自分も母子家庭で育ったので、お気持ち全く共感できます。

そう。貧乏でも構わなかった。
もっと母の側に居たかった。父親を感じたかった。
子供なりに母が昼も夜も働いていれば、
なぜか察し、わがままを言えなかった。
そして心を閉ざして成長してしまった。
今は良い大人ですが、たまにふと思ってしまうときあります。

親としては可能や限り学校に行かせたいんだと思う。
少しでも上位学校に行かせ学び、この子だけは、良い就職先良い相手と、幸せになってもらいたいと...
しかし、子供の望みは違う。


たまに泣けちゃう時ありますよ...
この年で...



恐らくある程度は伝わるかと思い、かなり直感的に回答しました。回答ではないけど...

投稿日時 - 2015-06-09 23:46:13

お礼

ご回答ありがとうございます。

その具体的な感情は、まったく同じものが私にもあります。

だんだんと年を重ねると、冷静に昔の自分を振り返ることができるんですよね。。
私も泣きますよ!しかも「もし私がなんとかすれば・・」なんて思ってしまったりもして。

親の苦労は親が思っている以上に子どもには伝わっていると私は思います。

私の経験から今考えることができるのは、「子どもにとっての親」をもっと尊重してほしかった。
自分たちの都合ではない、子どもにとっての親、母親、父親を尊重してほしかった。ということでしょうか。
正直まだ整理が出来ていませんが・・・。

投稿日時 - 2015-06-10 00:11:54

ANo.3

両親が揃っているから幸せとは限りませんよ。
両親が不仲だったり、浮気していたり、見た目と現実は違います。

両親が揃っていて豊かに育った人達は、母子家庭をかわいそうにとか貧乏だとかネガティブな目で見ています。
そんな人達のバイアスに流されてしまうと、母子家庭であることがマイナスであるように感じてしまいます。

社会に出て働いていると、母子家庭の人達には、極端に意地の悪い人は居ません。
反対に、両親が揃っている人達の方が意地の悪いことをしています。

自分自身も父親が居ればと思う出来事や瞬間は、数限りなく有りました。
でも居たところで相談したかなぁ??

母子家庭の貧困問題は、深刻に感じて居ます。
以前は高卒の新人の母子家庭は目立たなかったのに、最近の入職者の半分以上が母子家庭です。
経済的理由や親への配慮で進学を諦めてしまうようです。
負の循環が起きているのだと強く感じます。

幸せとは、本当に難しい。
普通に暮らせれば幸せです。

周囲の母子家庭の人達を見ていると、結婚に消極的に感じて居ます。

答えになって居ないかも知れませんが、母子家庭を気負うことは無いのです。
色々なことに悩み感じて、多くの人と出会い、恐れずに色々なチャレンジをする。
答えを探し続けるのが人生なのかも。

投稿日時 - 2015-06-09 23:41:18

お礼

ご回答ありがとうございます。

まったく気負うことはない。私もそう思います。そして特別な教育をもてるとも思っています。
母子家庭にいるからこそ感じること、思うこと考えること、すべてが自分の特別な個性なんですよね。

チャレンジをする。そう考えることができたのならそれは幸せ(とは違うかもしれませんが。。)に近づいていると思います。

投稿日時 - 2015-06-10 00:03:45

ANo.2

こればっかりは仕方なく本当に申し訳ないと思っています。私も子供が二人、離婚してるので。でも一緒にいる事は更にかわいそうな状態でありその上働かないと食べていけません。
あなたのお母さんもかわいそうなことして、しかも一緒にいてあげる時間もなく申し訳無く思ってると思いますよ。

投稿日時 - 2015-06-09 23:39:00

お礼

ご回答ありがとうございます。

そうですよね。その気持ちが痛いほどわかるんです。伝わるんです。

ただそんなに卑屈にならないでほしいとも思っているんです。

投稿日時 - 2015-06-09 23:58:02

ANo.1

簡単なことです。
「子供に決定権も責任も生じないから」。

子供のため、という「大人のエゴ」が横行することになるからであり、結果的に「大人のため/母親のため」にならざるを得ません。
>なぜ子どもの立場に立った意見がないのでしょうか。

そもそも「子どもの立場」って何でしょうか?オギャーと生まれ落ちた瞬間に、「天上天下、唯我独尊」と言ったといわれる方ならいざ知らず、ほぼ全員が、親の庇護なくしては生きられません。「立場」を主張できるようになるには、少なくとも同等の責任も発生すると考えるべきであり、それをこなせないのでは、発言も、何も許されないというのが実情でしょう。
百歩譲って、子供の立場を理解し始めるとどういうことになるか?いっぺんに社会が幼児化してしまいます。社会の主役は、どうあがいても「大人」であり、子どもの立場からの議論をするとしても、結果的に決めるのは「大人」なのです。

母子家庭の抱える問題が多いことは理解しているつもりです。それでなくても、長年にわたって収入が得られるわけでもなく、その収入も同世代の男性正社員と比べると格段に低いものがあります。もちろん、その補完的役目としての母子家庭手当であったり、生活保護だったりもあるわけですが、収入面を含めて、子ども目線で語られることが、果たして母子ともにとって有益なものかどうか。私は正直懐疑的です。

子どもの生活スタイルに歪を生じさせていると思うのなら、大学生になっておられて、いずれは就職なり、起業されると思うので、そういうことを解消できる職種を選んでみてはどうでしょう?きっとそれは、良い「現実」を知るきっかけになると思いますよ。

投稿日時 - 2015-06-09 23:16:44

お礼

ご回答ありがとうございます。
なにより私の意見を読んでいただき、また応えていただいたことを嬉しく思います。

>「子供に決定権も責任も生じないから」。
事実であり現実だと思います。だからこそ真剣に向き合うべき事実だと考えます。
私はまだ社会人ではありませんから、世の中を知りません。ですがこの現実を知り、真剣に考えることは必要だと思います。

投稿日時 - 2015-06-09 23:49:26

あなたにオススメの質問