こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

駐車場内での貰い事故について

先日、コンビニの駐車場にて貰い事故にあいました。

状況を説明しますと、当方が駐車スペースに前向き駐車を行っている最中、隣に駐車中の車(此方も前向き駐車)がバックをしてきて、相手の車のフロントバンパーが当方の後部のドア~リアバンパーにかけてぶつかると言ったものです。

当方の車は駐車途中という事もあり、完全に枠内に収まった後、クリープにて前進していたという状況で、完全停止していた訳ではありません。

此方の車が完全に相手の車と横並びの状況で相手の車がバックしてぶつかっている事、当方には回避が不可能だった事、相手の車が全く動く予備動作が駐車スペース進入時に無かった事(相手の車の後ろを徐行で通過した後に駐車スペースに進入していますし、その際にバックランプが点灯していないのを確認しています)を踏まえて過失割合を10:0を主張していたのですが、相手の方との意見の違いがあって難航しております。

相手の方の意見としましては、当方の車がバックしている最中に駐車スペースに進入してきた、動いていた以上過失はあるだろうの一点張りです。

相手の保険会社さんと、お話をさせて頂きましたが、言葉は少し悪いのですが、上からものをいう態度で話を進め、5:5の過失割合で突っぱねる気があるようで、正直、素人の自分では手に負えないと感じ、当方の保険会社さんに相談しつつ出来る範囲で交渉をした後に、状況が動かず、時間がかかるようなら10:0を諦め保険会社さんに一任しようかと考えております。

そこで、素人なりに相手と交渉する際に理由付けになるような証拠を探すため、コンビニの方に協力を仰ぎ、防犯カメラの映像を拝見させて頂いたところ、完全に枠内に収まった後クリープにて前進中に相手の車がバック開始をしていました。

此方の映像はコンビニの方のご協力でしばらくの間保存して頂いております。

ここで質問なのですが、
(1)此方の車が動いている際に相手の車が一方的にぶつかってきた場合、此方が回避不能な状況において過失は発生するのか。

(2)駐車している車の隣に駐車を開始し、完全に枠内に収まっている状況で、安全確認を怠った、事故回避の点においての過失が発生するのか。

(3)よく言われている、双方の車が動いている場合において過失割合10:0はあり得ないという話は今回のようなケースでも当てはまるのか。

以上の点を詳しい方がいらっしゃいましたらお答え頂けないでしょうか。

乱文、長文ではありますが、よろしくお願い致します。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2015-06-10 19:42:48

QNo.8991746

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1.どちらも動作中の事故であり10:0の過失割合は難しい。駐車する側には「止まっている車が動き出すという想定」をしなければならないため、よくても9:1とかの割合になりえる。
2.事故回避ができない状態と判断できるため、事故回避の過失は認められない。
3.当てはまる。駐車場内での出来事とはいえ、こちらは完全な停車状態ではないので過失割合でも10:0に持っていくのは難しい。
10:0になるのは「停車中に追突された」「赤信号無視による衝突」「走行中、相手がセンターラインをオーバーした衝突」が主たるものです。

今回のケースだと、こちらは「駐車中の車両が動くと予見できていたか」が唯一の過失となります。先方は「隣が駐車スペースとして空いていて別の車両が駐車することを予見でき」「後方に注意を払い駐車スペースから離脱する安全注意義務を怠った」という過失になりますから、5:5はないでしょう。9:1~6:4でこちらの過失割合のほうが低くなるケースだと思われます。
示談交渉として10:0でないなら、保険会社に示談を進めてもらえますから素直に保険会社にお願いしてしまったほうがいいと思われます。

投稿日時 - 2015-06-10 20:48:31

お礼

御回答ありがとうございます。

やはり動作中という事なので、10:0は無理なのですね。

過失に関しての説明も、わりと納得できました。

やはり、基本的に貰い事故というものは、やられ損なのですね。

相手方の方との交渉も疲れましたし、防犯カメラの映像がある為、此方がかなり有利に話を進められる、との保険会社の方からのご連絡も頂いておりますので、保険会社さんに交渉をお任せする事にしました。

担当さんの丁寧な対応のおかげで、これで少しは安心出来そうです。

御回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-06-10 22:36:17

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

早急にご自分の保険会社にコンビニの防犯カメラの映像を取得するようにご依頼下さい。
防犯カメラの映像をデジカメで動画撮影するだけでいいんです。
それを元に保険会社同士で交渉させて割合の意見を聞いて、最終的に保険の使用有無を決めればいいわけですから、ご自分の保険会社をしっかり使いましょう。
安くはない保険料払っているのですから、使わなきゃ損損です。

投稿日時 - 2015-06-10 21:46:45

お礼

御回答ありがとうございます。

防犯カメラの映像に関しましては、当方の保険会社さんにお話したところ、過失割合についての交渉において、有利に働くとの事でしたので、明日の朝にでも連絡を入れて、保険会社さんの方に保存、又は撮影をして頂くようにお話してみます。

交渉に関しましては、保険会社に一任しようかと思います。

御回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-06-10 22:21:26

公共の道路以外の私有地 コンビニの駐車場は私有地です。
私有地内で起こった事故は、道路交通法がそのまま準用されないので、5:5からスタートが一般的です。
例えば、白線があった、車線があった、停止線があった。これらを履行しないからと言って、罰則があるわけではありません。
私有地の管理者が、勝手気ままに設置したものですから、法的拘束力は無いんですよ。
それぞれ、善意で従っていると言うことになります。

>此方が回避不能な状況において過失は発生するのか。
不可避とは、自車が完全に停止していて、接近してくる他車に対して警告しても事故が発生した場合です。
ぶつかるのを只見ているのでは不可避とは言えません。
回避する手段は残されています。

>事故回避の点においての過失が発生するのか。
そういう事ですね。

>双方の車が動いている場合において過失割合10:0はあり得ない
回避する手段が残されているのかどうかです。
運転手の能力は、特段加味されません。

自分一人で処理するのは大変ですよ。
100:0を主張するなら、自分の保険会社は口出し出来ません。
10~5ぐらいは認めて、保険会社を絡ませた方が結局は楽です。
払った分は働いてもらった方が良いんですよ。
自分が使う時間分の金額が、払う保険料より安ければがんばっても良いですけどね。

投稿日時 - 2015-06-10 21:36:48

補足

御回答頂きありがとうございます。

過失割合については此方が完全に停止していなかった為、折り合いがつく感じになるよう、保険会社さんに交渉を一任する事にします。

御回答に対して一つ疑問が残るので、追加で質問させて頂きますが、今回のケースの場合、当方の車が完全に相手の方の車の真横にある状態から、どのように回避すれば良かったのでしょうか?
相手の方の車はハンドルを大きく切って隣の駐車スペースを跨ぐ形でバックしていますので、このような状況では避けようが無かったと思うのですが。
事前に相手の車が動きだすであろう、という予測をしなければならなかった、という意味での回避が可能だった、という事なのでしょうか?

今後の参考の為に御回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-06-10 22:14:50

あなたにオススメの質問