こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

大学生、無趣味です。夢もありません。

大学四年生の女です。現在就職活動中です。

勉強は頑張ってきたほうなので、高校、大学学部共に偏差値70前後です。(大学は私立文系です。)高校までは運動部に所属し、友達にも恵まれ、恋愛も多少はしてきました。
遊ぶ暇は無かったですが、なんとなく偏差値の高い大学に行くことを目標にして、あまり悩むこともない毎日でした。

しかし、大学に入学してからは打ち込めるものがなく毎日があまり楽しくありません。勉強は、テスト前だけ頑張って好成績をとっています。普段は暇なので、サークルに入りましたが、だらだら遊ぶ環境に嫌気がさし半年でやめました。その後はアルバイトを掛け持ちして、旅行や短期留学に行ったりしましたが、何だか毎日このままでいいのかと悩んでばかりでした。
アルバイトや課外活動、テスト勉強も、行動的にいろいろなことに取り組んではきましたが、何だか全部中途半端です。


とにかく暇なので、暇つぶしにいろんな男性とデートを繰り返しては、フェードアウトしています。体の関係はもっていません。
○○(私)の趣味は男遊びだねとよく言われてしまいます。


就活の面接でも、自信をもって話すことができません。まだ就活中ですが、内定は頂いているので、社会人にはなれそうです。
ですが、このまま社会人になり、無趣味で仕事ばかりの毎日になってしまうのかなと考えるととても憂鬱です。

無趣味無特技ながらも、勉強だけはできると思っていましたが、就活を通して東大生や大学院生と話すと、自分が全く大したことのない人間だと思い知らされます。

親には高い学費を出してもらっているので、それだけでも十分恵まれていることはわかっています。
ですが、このままだと中途半端に勉強に捧げた学生生活になってしまいそうで怖いです。
現在は大学四年生で卒業単位はほぼ取り終えているので、勉強しろという回答はご遠慮していただきたいです。
就活をしながら、座学を含め日々社会について勉強している毎日です。

新しいことを知れるので、勉強は好きですし、これからもずっと続けていきたいと思っています。
しかし、周りは私と同等以上に勉強ができて、尚且つずっと続けているスポーツがあったり、バンドを組んでいたり、モデルのように可愛かったり、何か+αを持つ人が多いです。

私も、その+αが欲しくて模索していた大学生活でしたが、これというものが見つかりません。
社会人の、大人の方の意見が聞きたくて質問させていただきました。
なんでも良いので、ご意見を頂ければ幸いです。

投稿日時 - 2015-06-21 12:53:27

QNo.8998160

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.14

そこそこ高学歴で勿論仕事もしていますが、
今は割と趣味重視の人生を送っている者です。
大学時代の知人友人で仕事が充実している奴らは、
趣味的には薄い人が多いですよ。正直、全然話が合いません。
私にも、寝る間を惜しんで仕事していた(というよりせざるを得なかった)時期がありましたが、
ろくに(仕事以外の)本も読めない日々は、息が詰まりそうでした。その頃の息抜きは週末の飲みくらいだったかも。
「せずには居られない」趣味は、間違いなく仕事には邪魔です。

小器用で万事水準以上で無趣味。仕事する上では理想かもね。
そのうち「子供が趣味」とか言い出すようになるかもしれないし、
それはそれで幸せな人生でしょう。
趣味のことなんて、家庭も仕事も上手く行かなくなったら考えりゃいいです。

投稿日時 - 2015-06-23 01:50:05

ANo.13

はじめまして

個人的な感覚です。
趣味と夢は分けて考えています。
「趣味」については、趣味を持とうとしてやってるのではなく、
なんとなくやってるうちに、「趣味」って言われりゃ、そうかなぁ・・
って段階があり、いつの間にか、自分でも「趣味」って言ってる。って感じです。
なので、端的にいえば、そもそも無駄の積み重ねです。

「夢」は、若干違います。
「夢」は、それなりに到達点が第三者的にも明確なものです。
ただ、「夢」は不変ではなく、変わってあたり前と思っています。
なので、一番最初は、自分の知る限りの狭い視野の中で設定します。
そして、それに向かっていく努力の中での視野拡大に伴い、変化させていきます。

何も知らずにも、大きな「夢」を持て、それに邁進できる人は、羨ましいと思いますが、
私には、それは無理なようなので、先のような考え方でやっています。

自分なりの「趣味」や「夢」の姿を作れることを祈っています。
別に無くても、どうにかなると思いますが、あって損するようなもんでもないと思います。
だって、自分で決めれることなんですから。

投稿日時 - 2015-06-22 19:04:25

ANo.12

大学で見つからないなら一生見つからないよ。仕事を趣味にするも良し、男に溺れるのも良し。そんな人生もありかもね。

投稿日時 - 2015-06-22 18:25:50

ANo.11

偏差値良くても使い方が分からないと無意味だってこと?
突き詰めればそれも「特殊能力」になるかもしれないのにね。中途半端ってことなのかな。
そこいらにいるしね。

趣味を見つけようとしてみたのかな。
これからの生活の中で見つかるかもしれない。

CSで109歳のピアニストの放映があった。
あのアウシュビッツを生きて出た稀な運命の人。息子を先に亡くした時でさえ「神に感謝したのよ!だって彼は老いを知らないまま死ねたんですもの」「私には音楽があったから・・・それがすべてなの。」という。生きていることそのものに感謝する。すべてのことに。おしゃべりをしてピアノを弾いて。それが私のすべて。だときっぱりいう。

焦って「人並み」のことをしようとしないこと。
見つけようと思って探すときには見つからない。
立ち止まって考えて、良く回りを見ないと・・・・。
探し物は・・・・見つからないよ。

勉強とは単位をとることだけじゃないのは御存じでしょう?

良い意味で毒されていないのだから、これから先、心の目を開けて生きていけばいい。
あなたのいうところのプラスαのことは、ここから先・・・で待っているのでしょう。

投稿日時 - 2015-06-22 10:19:06

ANo.10

趣味とか夢てのは、どうしても必要、という
ものではありません。

持った方が人生面白いよ、充実しているよ
というだけです。

そして、趣味や夢が欲しいけど見つからない、という人は
ムリヤリ創るんですね。
強引に。

そしてそれに打ち込む。
そうすれば、それが趣味になり、更には夢になります。

あれかこれか、と探すのではなく、創るのです。

投稿日時 - 2015-06-21 19:11:54

ANo.9

仕事ばかりの毎日の人がほとんどですよ。
社会人なんて仕事が主ですから。
しかし仕事の昼休みに会社の人とランチに行ったりするのもとても楽しいですよ!
仕事は辛いばかりだけではありません。
好きでもない仕事でもやる気が出たりやりがいを感じたり成果を出したいと思うものです。

投稿日時 - 2015-06-21 18:09:29

ANo.8

49歳子持ち中年です。日本企業の海外法人の財務担当副社長をやってます。
単身赴任です。

1.
内容を拝見し、自分の学生時代をを思い出しました。あなたと同様に大学時代に特に
これと言って何をしたわけでもありませんでした。時代が今以上に学歴偏重で、かつ
バブル期の売り手市場だったこともあり、就職の時も、出身大学を書くだけで、
型どおりの面接でパスしました。志望理由などこれと言って何もないのに、無理矢理適当な
ことを並べ立てた記憶があります。卒論もこれまた適当に文献から引っ張ってきてつなぎ
合わせ、提出が終わったあとは、下宿にこもって太陽が昇ってから沈むのを、ぼうっとすり
ガラス越しに見てすごしていました。

2.
あなたと同じように、一方で、「俺は何をしているんだろう」「何をしたいんだろう」
「何ができるんだろう」「俺はどうなるんだろう」という疑問が常につきまとって
いました。そして、現在、この年でこんな事を言うのも何ですが、今でもこれらの疑問は
私につきまとうことを止めず、私を苦しめます。そして私は自問しています。
「こんな年になっているのに、なぜまだ答えをだせないんだろう」と。

3.
私の学生時代には悔いはありません。なぜなら、逆立ちしても結局自分には上にのべた学生
時代しか過ごせなかったからです。学生時代が中途半端に終わることが怖い、とのことで
すが、何と比べて、中途半端なのでしょうか。自分の理想ですか。それとも他人の在り様
ですか。中途半端でもよい、と言っているわけではありません。自分の悩みの根っこが
何なのか、という視点が必要ではないかということを言いたいのです。

4.
この世で唯一、人間だけが言葉を話します。また犬さんや猫さんにとっては、きっと奇妙
奇天烈に思えるだろう仮定法過去形や未来形を使います。「もしあの時にゃあと鳴いていたら、
カル缶をもらえるはずだったのに」「立派な犬小屋を建ててもらったり、食事も申し分
ないが、本来、犬として、どう生きていけばよいのだろう」などと、思い悩むこともなく、
今現在を大事に生きています。少なくとも私よりは、彼らは立派に生きています。

5.
ただ幸いなことに、私たちは、犬さんや猫さんと同様、過去の経験から学習することができます。
無駄だったこと、失敗したことを反省し、それを糧に現在の行動に移すことができます。(うちの実家
の猫も、過去の反省を踏まえ、お腹がすいたらにゃあ、とないているようです。)

6.
失敗を恐れない、なんていうのは人口に膾炙してますが、私は、無駄を恐れてはいけない、ということを
を大事にするようにしています。学生時代に、丸一日、ガラスの向こうの太陽の動きを眺めていたことは、
今を生きる私にとっては、どうしても必要だったことと考えています。

7.
これから、今まで想像したこともない、楽しみ、苦しみ、悲しみ、見たことも聞いたこともない
想定外の人間達があなたに向かって押し寄せてくるはずです。何か自分に+αが持ちたい、という
希望はきっと形を変えてあなたの課題になると思料します。無意識に、人生のリスクをコントロール
して予測可能で計画的なものにしようとしない限り。

8.
つまり、通常は、心配せずとも未来は想定外です。そしてそれはあなたの想像をはるかに超える想定外
です。悩みが尽きることはありません。

9.
以上のことから、ご質問に対するお答えとしては、身も蓋もありませんが、今まで同じように、悩み続
けてくださいということになります。そして悩み続けるのを止めないでください。

10
最後に、報○ステーションを辞めた古賀茂明さんが引用した、非暴力抵抗運動で知られるマハトマ・
ガンジーの言葉(これって、かれの名言の中ではベスト10に入るほど有名ではないのですが)を引用
します。

”Whatever you do will be insignificant but it is very important that you do it, because no one else will "

参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2015-06-21 17:19:39

ANo.7

質問者さんは、受験勉強の申し子なんですよ。
どういうことかというと、誰かから「お前がやるべきことは、これだ」といわれたらそれを忠実にかつ優秀こなしてきたから、それだけいい成績を出すことができたのです。「こんなことを勉強していったい何の役に立つんだ!?」って葛藤には良くも悪くもならずに済んだのです。
だけど、そうであるからこそ、大学となって「勉強はやらされるものではなく、自分でテーマを見つけて課題を自ら探すものなのだ。何を選ぶのかは自由なのだ」といわれると途方に暮れてしまうのです。

おそらく質問者さんはまた会社から「お前の仕事はこれだ」と課題を与えられると嬉々としてそれを始めてかつ優秀な結果を出すと思います。それは質問者さんが悪いというより、我が国はそういう教育システムであり、質問者さんはそれに忠実な申し子だったということなのです。
もし質問者さんを否定的な目で見るなら、本当の意味で自分の頭で考えないロボットのようなものだ、といえるのかもしれません。でも私は、必ずしも否定はできないよなとも思うのです。私はむしろ質問者さんとは逆で自分で考えたがりますしそういう教育も受けました。ではそれがいい結果を出したのかというとむしろマイナス面のほうが多く、結果的に大間違いだったことも多かったですし、自分では考えたつもりでも思慮が足りなかったり、独りよがりに過ぎなかったことも多々ありました。もし私が何も考えずに忠実にいわれたことだけをやっていたら、それはそれで「優秀なサラリーマン」だったかもしれないと今でも思うことはあります。

軍隊では指揮官である士官は、時として命令を逸脱して戦場で臨機応変に考えないといけないときがあります。しかし、その部下である下士官は、士官の命令を忠実に兵士に実行に移さないといけません。「いや、僕はそれは間違いだと思うのです」なんて勝手は許されないのです。
だから、質問者さんは優秀な下士官になるんじゃないかな、という気はします。いい方向に回れば、夫を裏で支える賢い奥さんになれるかもしれません。決断力と行動力には富んでいるけれど、ちょっと脇が甘いタイプの男性がいいんじゃないかしら。ミュージシャンとマネージャーなら、マネージャータイプです。

投稿日時 - 2015-06-21 17:15:05

ANo.6

こんにちは。

読ませていただきました。

私は50代です。

今になって振り返ってみると、あなたの年代の頃は、ゆめを持つというアイディアはなかったですが、ちょうど自己実現というのが一種のキーワードのようになっていて、一生を通じて勉強するというライフスタイルを作り上げることが理想として語られていました。

今の時代は夢を実現するというコーチング的なキーワードがトレンドになっていて、少し違う流れになっているようです。

とはいえ、共通するものは同じで、これはあなたも等しく胸に抱いているようにお見受けします。

あなたの中には、もっと楽しい何かがおぼろげながらわかっているように思いますし、自分も何かに打ち込んで生き生きとしたいというおぼろげながらのイメージを既にお持ちだと思います。

この、「おぼろげながらの~」を大切にして、鮮明なイメージにしていくプロセスを作り出せたらしめたものですね。

これを哲学では、「良心の呼び声」と言ったりします。

なんと叫んでいるのかは不明ですし、言葉なんか単なる叫び声なのか、明瞭に聞こえているようないないような、漠然としたものなのですが、そういうものが聞こえてはいるという感覚ですね。

あなたの中にはこの声を聞き分けられるだけの経験や体験やボキャブラリーがないというだけで、ちゃんとあなたの中にはこういう声を上げる自分というものがいることは間違いないのだと思います。


手始めに、何の制約もなかったら、どんなことをやってみたいか、妄想でもなんでもいいので、イメージ力を最大にして思い描いてみてください。

これは何でもいいです。

そこから、どんな小さな目標でもいいので、達成できそうなものがあれば、行動計画を立ててみてください。

達成できたら、これのどこがよかったか、書き出してみて、大切に保管してくださいね。

これを繰り返していくと、あなたの好きなことが少しは見えてきます。

このことの目的は、ご自分の楽しい嬉しいという感情を育てることであり、「良心の呼び声」を聴きとる耳の感度を上げるということです。


人間の頭は、一日に7万回くらい考え事をしているといいます。

これをGoogleに例えると、1日に7万キーワードをぐぐっていることになります。

自分探しをするのに、自分を否定するようなキーワードを検索すると、数万件の否定的な検索結果が出てきて、まるで世の中は自分を否定する事柄で満ち満ちているという感覚になります。

今のあなたはそんな感じかもしれませんね。

ところが、「良心の呼び声」に耳を傾けて、これに当てはまりそうなキーワードを検索していくようにすると、どうも当てはまりそうな結果を少しずつ得ることが出来てきます。

何でもいいんです。

いきなり人生の大目的なんかわかるわけがありません。

そんなゴールを見つけてしまったら、後の人生どう生きればいいのでしょうね。

こんなものは神様は隠してしまっているのです。

そうではなくて、少しずつ、探り探り、手がかりを探し当てながら、一生をかけて楽しむように生きていくように、神様は私たちに配慮なさっているのかもしれませんね。

あなたは既にとてもよくやっている。

私はそう思います。

もうすぐ夏ですね。

おもいっきり遊んでください。

人生とは決して遊び飽きないものなのかもしれないのですから…。

応援してます。

投稿日時 - 2015-06-21 13:54:48

ANo.5

ボランティア活動をされては如何ですか?

投稿日時 - 2015-06-21 13:46:44

ANo.4

 何もなくてもいいんです。


 あなたは基本的に真面目なんだと思います。
 今までは学生という均一な集団の中で競争をしてそれなりの成績を収めていればよかったけれど、社会人になったらどうかという不安があるような印象を受けます。
 それに関してはある意味同じように就職先のフォーマットにのっとって周りと同じようにやっていれば良いだろうと思います。
 +αが要るかというと別に要りません。あると何か良いことがあるかもしれませんがなくても構わないことにしばらくしたら気付くと思います。

 逆に言うと人に見せるための+αを身につけても虚しいだけですし退屈は凌げません。
 自分の好みは何かといったことは自分で探す以外にはないのですが焦らずゆっくり探していけばよいと思います。

>このままだと中途半端に勉強に捧げた学生生活になってしまいそうで怖いです。

 大体そんなもんだと思いますよ。人に自慢するための学生生活ではないのですから学業を修めて就職できればそれで良いと思います。

投稿日時 - 2015-06-21 13:38:30

ANo.3

趣味、とか夢、特に必用とは思いません。
働いて、生活して、時間があれば、したいことを探せばよいのです。
その時々で、いろんな物が見つかります。
それをしていれば、やがて飽きてきますので、次の楽しくできることを探せばよいと思います。

友達も、その時々で変ってきます。

投稿日時 - 2015-06-21 13:38:07

お礼

回答ありがとうございます。
趣味とか夢とか、必要ないですかね、、
隣の芝は青いといいますが、趣味や夢を持つ人がうらやましいです。
楽しいことを探してみようと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-06-21 13:54:50

ANo.2

「なりたいもの」じゃなくて、「やりたい事」を探す時間を作るです

偏差値の高い学校の生徒になって、何をしたかったのです?
その
「何をしたかった?」ってのがあやふやだから、つまらないのですよ
勉強をして、良い大学に入って、良い所に就職して、
その次はどうするのです?

もっと無駄な事をする時間をつくりましょう
人生を最短ルートで進むのでは無く、遠回りしてみるですよ
ゲームだって
最短ルートよりも、遠回りした所に宝物が有るものです
遠回りをして人生の宝物が見つかれば、
無駄な時間は、無駄な時間ではなくなります

もっと無駄に生きてみましょう

投稿日時 - 2015-06-21 13:36:45

お礼

偏差値の高い大学に行くというより、成績が上がることがうれしかったり、周りに負けたくないという思いで勉強をしてきた結果、現在の学校に進学した感じです。

無駄に生きるという言葉で、少し楽な気持ちになりました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-06-21 13:48:20

ANo.1

もっともっと、色々試してみれば良いと思いますよ。

それでやりたいことが決まればそれで良いと思いますし、
「広く浅く」って言うのは、それはそれで非常に武器に
なると思います。「広く浅く」も極めれば中途半端では
無くなると思います。

投稿日時 - 2015-06-21 13:23:11

お礼

お早い回答ありがとうございます。
「広く浅く」を極めるという考え方は無かったので、参考になりました。
もっともっといろいろなことに挑戦してみようと思います。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-06-21 13:44:37

あなたにオススメの質問