こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

株について質問があります。

最近株という物に興味が出てきたのですが、いくつか分からないことがあります。

自分の認識では…
株というものはしょっちゅう売り買いするものではなく、『この会社に未来を感じる。応援したい。』という気持ちを持った方達が株券という券を買い、会社に運営資金を渡すというもの。
株券を買った株主はその見返りとして、株主優待券…のような少しお得な商品などをもらうことが出来る。そして保有する株の数によっては会社に対して発言権等を得ることが出来る。

というものでした。
…まずここまでの認識は正しいでしょうか?


ここからが曖昧で、あまり確信を得ない認識をしている部分なのですが…
株券というものは会社の状態によって価値が上下するため、その特性を利用した『株券を安く買い、高く売る。』という投資方法が『デイトレード』という、FXにも似た“本来の使用方法とは異なった、株システムを利用したお金稼ぎ方法”である。

という認識です。
…間違っていませんか?


中途半端な知識やらFX等ともごっちゃになってしまっていてかなり曖昧にはなっているのですが…
『FXや株をする』というと、“1日のうちに買っては売ってを繰り返し、利益を作る”というイメージがあります。

FXの場合、“どれだけ価値が下がったとしても、年単位で待てばいつか元に戻るかもしれないじゃないか”と。下がったから売らなきゃというよりも、下がったからもう上がるまでずっと放っておこう…ということはできないのかな?とずっと疑問に思っていました。(FXの話なので脱線ですが)

同じような事、株にも通じると思うのですが、そういう話を見ないということはシステム的に出来ないということなのでしょうか。でも株券のそもそもの存在理由を考えると…別に株券の価値が下がったからといって売らなければいけないシステムなんてない気がします。(デイトレードとして入手した株にはそれは通用しない…ということなのでしょうか?)

お金儲けとして考えた場合、必要以上に価値が下がって大きく損をする前に売らなければいけないということなのでしょうか。


FXと混ざってしまっていてよくわからないのですが…
損切りが間に合わない…等、自分の所持金以上に損をしているような書き込みを方々で見たりもするのですが、それはレバレッジによって自分の所持金以上のお金を動かしているから…という認識でよいのでしょうか。
確か株にもレバレッジというシステムはあったと思いますが、これを利用しなければ基本的には投資として利用した額以上の損はない…という認識であっていますか?


FX等とも混ざってしまって、正直何が分からないのかもよく分からなくなっているような状態なので、うまく文字に起こせていないかもわかりませんが。
どうしても頭を整理したくて質問させていただきました。
回答頂けると嬉しいです。

投稿日時 - 2015-06-24 01:11:08

QNo.8999815

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

自分の認識では…正直何が分からないのかもよく分からなくなっているような状態なので、うまく文字に起こせていないかもわかりませんが。
どうしても頭を整理したくて質問させていただきました。
回答頂けると嬉しいです。


★回答

あなたの疑問例をすべて含み 
それいがの 思惑の 市場参加者も含み

投機 投資も含め すべての参加者が 総合的にマーケットをなりたたせているということです

だれも正解はわかりません それがマーケットである  

マスコミでわかったふうな解説があるだけ

あえて言えば 個々の参加者の思惑をすべて含み  全部正解と言える

だから質問じたいが正解 →正直何が分からない◎

みんな正直何が分からないから 参加者が平等に参加できる自由市場

儲かる 儲からないも自己責任

投稿日時 - 2015-06-24 17:10:55

ANo.4

>株というものはしょっちゅう売り買いするものではなく~~

質問者様の上記の思考=投資
短期売買などで利益追求をする思考=投機

投資と投機の違いですが、どちらもれっきとした売買方法です。

東京証券取引所は「arrowhead」(アローヘッド)という売買システムを提供しており、5ミリ秒(1ミリ秒=1秒の1000分の1)の注文ができるようになっています。

いまどき、高齢の投機家でもこのアローヘッドを使ったタイムトレード(ミリ秒~数時間単位の売買)、デイトレード(1日単位の売買)など日常です。

>FXの場合、“どれだけ価値が下がったとしても、年単位で待てばいつか元に戻るかもしれないじゃないか”と。

FXにはロスカットルール(強制決済)というものがあり、資金の一定額まで減ると強制的に決済されます。

例 FXで100万円入金→保有ポジションの価値が50万円になる→FX会社に強制決済されてしまう。

>どれだけ価値が下がったとしても、年単位で待てばいつか元に戻るかもしれないじゃないか

まず、株の場合、IPOゴール(上場ゴール)というものがあります。

新規上場時が一番の高値で、それから下落の一途という銘柄です。
ですから、このような銘柄はいつ買っても損をして、何年持っていれば戻るかどうかも不明、加えて上場廃止基準に満たず上場廃止になる可能性(0円となる可能性)もあります。

また、株でも民事再生での上場廃止など、株の価値=1円~0円という銘柄はよくある話です。

参考 wiki 東京証券取引所で上場廃止となった企業一覧(株式交換による廃止・合併を除く)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%A8%BC%E5%88%B8%E5%8F%96%E5%BC%95%E6%89%80%E3%81%A7%E4%B8%8A%E5%A0%B4%E5%BB%83%E6%AD%A2%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E4%BC%81%E6%A5%AD%E4%B8%80%E8%A6%A7

上記はあくまで東京証券取引所で取引される銘柄ですから、他の証券取引所銘柄は記載されていません。

>別に株券の価値が下がったからといって売らなければいけないシステムなんてない

民事再生の株式を売らずに上場廃止(上場廃止後も)持っていることはできます。
ただし倒産で株券が売買できなくなれば、保有資産は実質0円です。
倒産の記念やブログなどに掲載して話題性とする為に、実質0円の株券を売らずに持っているという方もいます。

>損切りが間に合わない…等、自分の所持金以上に損をしているような

FXでは上記にも書きましたロスカット(強制決済)、株では信用取引で資金の約3倍まで取引できる方法があります。
株の信用取引には売買期限がありますから、期限では追証(借金)があっても強制的に決済されます。

・株まとめ

短期(ミリ秒~1日以内)・中期(週~月)・長期(年)どれを選ぶかは自分次第、自分に合っていればOK

現物取引=期限なし、投資金額が0円になることはあってもそれ以上の損はない
信用取引=期限あり、投資金額以上の損(追証=借金)の可能性あり

上場廃止(取引できない)となる可能性あり

ミニ株など証券会社によっては、1株単位(1000円前後)から売買可能

・FXまとめ

短期(ミリ秒~1日以内)・中期(週~月)・長期(年)どれを選ぶかは自分次第、自分に合っていればOK

低レバレッジ=期限なし、低リスク低リターン、借金の可能性=まずめったにないが0%ではない
高レバレッジ=期限なし、高リスク高リターン、借金の可能性=まずめったにないが上記より確率は高い

各国通貨が対象なので株のような上場廃止はないが、FX会社自体の倒産、災害時や大きな変動時などにはシステム停止(ログインできない、売買注文できないなど)になる可能性あり

最小取引単位の小さい会社では、1単位(数十円~数百円)から取引可能

投稿日時 - 2015-06-24 08:50:30

ANo.3

<この会社に未来を感じる。応援したい。
間違っていますよ、そもそも上場は将来も約束されていません
企業の都合によりどこかと合併したりして無くなる企業も存在
しているし、上場とりやめという企業までも存在しています

<システム的に出来ないということなのでしょうか。
職業としたトレ-ダはあらゆる情報をコンピュ-タに蓄積し統計的にどれだけ
の利益が得られるか、最新のテクノロジ-で日夜分析し実践しています
つまり感情や都合などは関係なく機械的に売り買いされていますよ。

<利用しなければ基本的には投資として利用した額以上の損はない…という認識であっていますか?
リスクあるからリタ-ンがえられます
でもリスクはいつ発生するか誰にもわからないので
統計的に日々リスク管理しているのですよ

投稿日時 - 2015-06-24 07:02:41

ANo.2

分かる範囲での回答になってしまい恐縮ですが。

>株というものはしょっちゅう売り買いするものではなく~
基本的にはこの認識で合っています。

>株券というものは会社の状態によって価値が上下するため~
こういうお金儲けの方法もあります。むしろ最近では株と言えばこちらの方がメインにイメージする人が多いのではないでしょうか。
というのも、業績の良い会社では株主優待以外にも配当金と言うものを受け取れます。
1株あたりxx円と利子みたいに貰えるのですが、業績が良いと利率も多くなるけど業績が悪いと配当がなくなります。
株主優待は現金ではないので、株を手堅くしている人の本来の目当ては配当金にあるようです。

>1日のうちに買っては売ってを繰り返し、利益を作る
これがデイトレードです。

>どれだけ価値が下がったとしても、年単位で待てば~
これを俗に塩漬けとか言います。
ただし、FXのレバレッジのように自分の資金以上の取引ができる信用取引のような取引形態では、6ヶ月しか保有できないので、6ヶ月経てば損をしていても手放さなければいけません。

>レバレッジというシステムはあったと思いますが、これを利用しなければ基本的には投資として利用した額以上の損はない~
そういうことです。
普通に株を購入すれば、株価が下がって資産価値が下がって損になることはあっても、最初に投資した金額以上請求されることはありません。
レバレッジや信用取引では損をした場合に借金を背負うことになることもあるようです。
またレバレッジは保有期間が選べる仕組みのようです。

大体こんな感じだったと思います。
細かい話は検索していただくと色々見つかると思います。

投稿日時 - 2015-06-24 02:16:43

お礼

回答ありがとうございます。

>6ヶ月しか保有できない

なるほど!レバレッジのようなシステムを使ってしまうと、結局保有していられる期間も制限されてしまうのですね。
ならば自分の所有資金内でレバレッジを利用せずに株を購入するなら、本来のように制限期間などなく、自ら売ってしまうまで株を所有していられるということですね。

投稿日時 - 2015-06-24 02:49:13

ANo.1

完全初心者のようですから、一つ一つかいつまんで回答していきます。

最初の『…まずここまでの認識は正しいでしょうか?』については、初心者/少額投資しかしないというのであればほぼ正解です。会社を乗っ取るだとか、株価を釣り上げたいといった犯罪すれすれのこともあるというのがこの世界であるとご理解ください。
次からはちょっと違ってきますので…
>『デイトレード』という、FXにも似た“本来の使用方法とは異なった、株システムを利用したお金稼ぎ方法”である。
実は、デイトレードは、「日計り商い」と日本語で示される、れっきとした取引方法です。「本来の使用方法とは異なった」というのは、機関投資家や資金の潤沢にある個人がゆったりとしたサイクルで売り買いするのを「本来の方法」と言っているだけであり、その日のうちに売買を完結させるやり方もれっきとしてあります。

さて、FXは株と大きく異なる部分があります。それは、wikiにもあるように、「外国為替証拠金取引」がFXであり、実際の円やドルを売り買いするものではないということです。そして、「証拠金取引」という言葉がありますけれども、今もある「先物取引」とシステム・やり方は似通った部分があります。つまり、『現物取引をするやつぁいない(少なくとも個人投資家レベルでは)』ということです。

そして、現物の売り買いである株とは違い、証拠金取引ですので、いつまでも放置しておくわけにはいきません。期限というものが必ずあり、それまでに儲けていようが損しようが、反対売買をして決済しないといけません。そして、為替相場はリニアに反応する市場ですので、数銭の上下でも益・損共に大きくなり得ます。

ここまでを整理しておくと、
・個人投資家で信用取引ができない少額投資家にしてみれば、株は「現物買い」からでしかはじめられない
・FXはドル/円(これは一例)の、どちらかに振れる方を予測し、証拠金で取引を行うものであり、現物は動かない。しかも、損が出た時には、証拠金と相対決済されることもある。

ということです。
証拠金取引ですので、レバレッジを上げれば、より少ない金額で破格のリターンが得られますが、まさに諸刃の剣で、裏目に出た時は、一気に追証地獄に陥ります。初心者にはFXは本当はお勧めしないのですが、「負けてもいい金額」を投資できるのなら、一度は足を踏み入れてもいいかと思います。
ちなみに株でレバレッジを上げる方法が「信用取引」であり、資産をそこそこ持っていないとはじめられません。

というわけで回答を終わります。以上ヘタレ投資家/株・穀物先物経験者より。

参考URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E7%82%BA%E6%9B%BF%E8%A8%BC%E6%8B%A0%E9%87%91%E5%8F%96%E5%BC%95

投稿日時 - 2015-06-24 01:43:36

補足

株が購入してから売るまでの間、特に期限もなく保有できるとしたら。
・会社が倒産してしまう。
・絶望的に経営が傾く。
等がなければ任意の“利益が出るタイミング”で売れてしまう気がするのですが。

ざっとチャートなどを見てみても基本的に波打っているグラフが多いですし、何も知識も経験もない私としては上記のような感想しかもてないのですが。そういうものでもないのでしょうか。

投稿日時 - 2015-06-24 02:43:16

あなたにオススメの質問