こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

Ubuntuを再インストールすべき?それとも...

学校でプログラミングの授業があり、Ubuntuを使っています。家でもUbuntuについて学べたらいいなと思い、PCにインストールしました(15.04の64ビット版です)。
今メインで使用しているWindowsが入ったSSDではなく、データ保存用として使っていた別のSSDに手動でパーティションを"EFI","WindowsのCドライブみたいなパーティション(正しい名称が分かりません)","スワップ領域"の3つに区切ってインストールしました。この時、スワップ領域は1GB分だけ確保しました(RAMが8GBもあり、十分だろうと考えていたので)。あと、UEFIで構築しました。
現在どちらのOSも問題無く動きますが、"スワップ領域"の大きさが足りなかったのか、Ubuntu側でハイバーネートが使えないことに気付きました。出来れば使いたいと考えています。そこでUbuntuを一度再インストールしようと考えたのですが、このデュアルブート環境でどのようにやれば良いか分かりません。万が一Windowsも起動しなくなると困るので... それとも、GPartedなどのパーティション管理ソフトで"WindowsのCドライブみたいなパーティション"を小さくして"スワップ領域"を広げたほうが良いのでしょうか?
そもそもこの質問自体間違っているのかも知れません...そのうえUbuntuなどのLinux系のOSに関して全く知識が無いど素人ですが、どうしても解決したいので質問させていただきました。
どうかご教授をお願い致します。

投稿日時 - 2015-06-25 00:15:08

QNo.9000412

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

失礼ですが、SSDをスワップさせるとSSDの寿命が短くなるかもしれません。
フラッシュメモリーですから。

投稿日時 - 2015-07-05 21:17:28

お礼

返信が遅れてしまい、申し訳ございません。
SSDの寿命についてはおっしゃる通りですが、どうしても使いたかったので質問させていただきました。

投稿日時 - 2015-07-25 12:45:58

ANo.3

いつからか覚えていませんし、15.04でどうなっているかも知りませんが
Ubuntuシリーズでは、ハイバネートをデフォルトで動くようにしていなかったりします。

できるように設定する手順は、ぐぐれば見つかると思いますが
たとえば12.04LTSの設定方法が
15.04でもそのまま働くかどうかもわかりません。


まぁ、設定していたとしても8GBを使っている状態で
1GBのswapに入るかといえば、入らないような気もします。
そのへんは仕組みをよく理解していません。

逆に、起動時にカーネルオプションで
mem=768Mとか付けて
メモリーをそんなに使わないようにして起動して
起動直後にハイバネートしてみれば
swapサイズの問題についての検証ができると思います。


なお、SSDは書き換え回数の制限を気にすることがあるので
swapは通常無効にしておいて
ハイバネート前後だけswapを有効にするというアプローチもあるようです。
(これもググると出てくると思います)

swapを使い始めるメモリー消費量についての設定を変えて
swapを使う機会が少なくなるようにするというアプローチもあります。


あと、swapはパーティションIDを82にして
mkswapコマンドで初期化し
swapon,swapoffコマンドで有効にしたり無効にしたりできます。
起動時に自動的に有効にするための設定は/etc/fstabにあります。
Ubuntuでは、ファイルシステム指定にUUIDを使うので
swapを別に作りなおしたら、blkidコマンドでUUIDを確認し/etc/fstabにコピペしましょう。

空き領域が無いと、拡大できないとは思いますが
内蔵HDDを追加できるなら、それで対応するという手もあるかもしれません。


なお、理屈としては、Windowsでハイバネートして
その状態でLinux系OSを起動したりもできるような気はします。

ただし、これはWindows8の高速起動において
外付けUSB-HDDでトラブルを起こした事例のように
OS設計上想定されていない運用で
よけいなトラブルが起きる恐れもあるので、まぁお薦めしません。

実際、SSDからの起動にかかる時間を考えると
別にハイバネートする必然性は無いようにも思います。

投稿日時 - 2015-06-25 23:51:08

お礼

返信が遅れてしまい、申し訳ございません。
起動時のメモリを1GBにしてハイバネートしてみると上手くいったので、スワップ領域が足りなかったようです。その後スワップ領域を増やしてみると、ハイバネートが出来るようになりました。

>なお、SSDは書き換え回数の制限を気にすることがあるので
>swapは通常無効にしておいて
>ハイバネート前後だけswapを有効にするというアプローチもあるようです。
おっしゃる通り、SSDの書き換えによる寿命は気になります。一度検索をしてみたのですが、見つかりませんでした... もう少し調べてみたいと思います。
回答していただき、ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-07-25 12:40:52

ANo.2

sudo pm-hibernate
を実行して再起動してもhibernateが効いていない場合はswapを増やしてみるのもいいと思います。
gpartedを使えば視覚的に確認できて使いやすいです。
添付画像参照。
---
再インストールは必要ないでしょう。
もしも再インストールする場合は、下記の件を事前に確認しておくほうがいいでしょう。
SSD(UBUNTU)だけを外した状態でSSD(Windows)1台だけで起動できるシステムなら各SSDのOSは独立してブートできる状態ですので、何も問題ないです。
SSD(Windows)1台だけで起動できない場合は、じゅうぶんな配慮が必要です。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2015-06-25 20:05:42

お礼

返信が遅れてしまい、申し訳ございません。
ハイバネート後の復帰が上手くいかなかったのですが、スワップ領域を増やしたことで解決しました。
Ubuntuが入っているSSDを抜いてみたところ、Windowsは普段通りに起動しました。万が一、OSを再インストールすることになっても問題無いみたいです。
回答していただき、ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-07-20 14:06:57

ANo.1

そもそも、スワップ領域不足が原因でハイバネートが使えなくなってるかどうか、定かではありませんが、質問者様のたどり着いたひとつの可能性と考え、スワップを増やしてみる方法について述べてみます。
Linuxのスワップは追加することができますので、再インストールする前に一度、以下をお試し頂いてみてはいかがでしょうか?

ファイルをswap領域として追加して増やす方法になります。以下では 100MB 追加の例ですが、ディスクの空き具合とハイバネート可能になる容量に合わせて変更下さい。

・最初の時点でのスワップ状況を確認する。(この例だと 2GB)

root@test-server:~# cat /proc/swaps
Filename Type Size Used Priority
/dev/dm-10 partition 2097148 0 -1


・swap に追加する用の100MBのファイル"01"を/var/swap以下に作ります。

root@test-server:~# cd /var
root@test-server:/var# mkdir swap
root@test-server:/var# cd swap/

root@test-server:/var/swap# dd if=/dev/zero of=/var/swap/01 bs=1024 count=100000
100000+0 レコード入力
100000+0 レコード出力
102400000 バイト (102 MB) コピーされました、 0.338212 秒、 303 MB/秒
root@test-server:/var/swap# ls -lh
合計 98M
-rw------- 1 root root 98M 6月 25 00:56 01


・作成した"01"を swap に追加します。

root@test-server:/var/swap# mkswap /var/swap/01
スワップ空間バージョン1を設定します、サイズ = 99996 KiB
ラベルはありません, UUID=4f75cc4a-e32c-46a4-8043-726cfe2b1b01
root@test-server:/var/swap# swapon /var/swap/01


・swap を構成するパーティション/ファイルが2つに増えていることを確認

root@test-server:/var/swap# cat /proc/swaps
Filename Type Size Used Priority
/dev/dm-10 partition 2097148 0 -1
/var/swap/01 file 99996 0 -2


・swap領域の合計が 2GB + 100MB 程度に増えていることを確認

root@test-server:/var/swap# free -m
total used free shared buffers cached
Mem: 3513 1131 2382 0 1 826
-/+ buffers/cache: 303 3210
Swap: 2145 0 2145


・OS再起動しても swap が自動でマウントされるようにする

root@test-server:/var/swap# echo "/var/swap/01 swap swap sw 0 0" >> /etc/fstab
root@test-server:/var/swap# cat /etc/fstab | grep swap
/dev/mapper/main-swap none swap sw 0 0
/var/swap/01 swap swap sw 0 0


コマンドラインに不慣れでしたらすみません。

投稿日時 - 2015-06-25 03:06:02

お礼

返信が遅れてしまい、申し訳ございません。
コマンドをそのまま打ち込んでみたところ、無事にスワップ領域を100MB程増やすことが出来ました。さらに8GBぐらいまで増やしたところ、ハイバネートへの移行及び復帰ができるようになりました。ハイバネートによる不具合は今のところ見当たりません。
回答していただき、ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-07-20 13:58:34

あなたにオススメの質問