こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自己破産の相談を行う際の事前準備について

友人の義母(50代)が自身の母親の介護のために過去に自分名義のみならず息子(友人の夫)名義でも借金を行い、母親の死後も息子の収入で暮らしながら自身のパート収入でずっと返済を続けていたそうですが、不景気による勤務時間の短縮の結果、収入が減少し、返済が滞り始め息子ともども自己破産を行うことを考えているそうです。
とりあえず他の借金返済方法も含めていくつかの司法書士事務所や弁護士事務所、行政の行っている無料相談会などに行き相談をするつもりだそうですが、借入先・金額の一覧表などのほかに事前に準備しておいたほうがよいものがありますでしょうか?
また、夫名義の自家用車(H15年新車で購入、1000ccクラス)を手元に残す方法はあるのでしょうか?
自己破産を申請して認められない条件等があれば教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2004-06-21 23:24:05

QNo.900412

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

借金の期間が長いようなので、自己破産よりもまず「特定調停」を検討しましょう。

払いすぎた利息も戻ってきます。借金の総額も減ります。

弁護士は概ね自己破産をすすめます。簡単でお金になるから。借金問題に強い司法書士を地元の司法書士会で紹介してもらいましょう。

資料はできれば返済した書類や借り入れ時の書類があればよいのですが、なければとりあえずは今現在の借り入れ先と残高、だいたいいつごろから借りているかがわかればよいと思います。(相談するときに隠してはだめですよ、全体の計画が崩れてしまいます。)

特定調停なら車を残せますし。(ローンが残っていると別ですが)費用もそんなにかかりません。官報に名前が載ることもありません。

投稿日時 - 2004-06-22 08:58:02

お礼

ありがとうございます。
できればご主人に関しては自己破産を避けたいと思っていますのでその方向で相談したいと考えています。
また、官報については思っていませんでしたので目からウロコでした。包み隠さず状況説明を行うつもりです。本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2004-06-22 23:25:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

夫名義の自家用車(H15年新車で購入、1000ccクラス)を手元に残すと自己破産できません。あとは自己破産するにあたってお金がかかります。30万はご用意ください。

投稿日時 - 2004-06-22 08:26:57

お礼

ありがとうございました。
自家用車についてはあまり執着しない方向で話をするよう勧めるつもりです。
また、費用については一括では無理なようですから分割をしていただけるようなところにお願いすることになると思います。

投稿日時 - 2004-06-22 23:28:37

あなたにオススメの質問