こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

衆参議院 選挙 有効投票総数 法定得票数

衆議院選挙では、小選挙区では6分の1以上、比例代表では小選挙区での有効投票総数
の10分の1以上なければ当選できないとあります。

参議院は、選挙区で6分の1以上ですが、比例代表は特に記載がありません。
参議院の場合は、衆議院のような重複候補者がいないためと考えます。

比例代表単独候補者の場合は、衆参議院とも法定得票数に定めはないのでしょうか?
つまり、供託金は没収されるが議員にはなれる事はありえるのですか?

以上、ご回答よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2015-07-04 09:05:33

QNo.9005712

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

> 比例代表単独候補者の場合は、衆参議院とも法定得票数に定めはないのでしょうか?

ありません。

> つまり、供託金は没収されるが議員にはなれる事はありえるのですか?

比例代表の場合には供託金は政党が出すので没収されるということと,誰が議員になるかとは直接的な関係はありません。
供託する金額は名簿(単独)登載者数×600万円ですが,比例区議席割り当て数×2×600万円は返還されます。比例当選者の分の供託金が返還されるとともに,議員になった数の同じ数の落選者の分の供託金が返還されると思ってもよいでしょう。

投稿日時 - 2015-07-04 14:57:24

お礼

ご回答ありがとうございます。
理解できました。

投稿日時 - 2015-07-05 16:53:54

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問