こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

経済の問題

労働と資本を投入して塩を生産する企業Aを考える。
(1)労働だけが可変要素として、この時総生産物曲線がs字型なら総費用曲線は逆S字型である理由をせつめいせよ。
を解いてください
お願いします

投稿日時 - 2015-07-04 12:14:32

QNo.9005801

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

回答2ですが、回答2では資本Kを無視していたので、以下のように訂正してください。


生産物曲線と総費用曲線を数式で表わせました?式ができたら、それを言葉に翻訳すればよいのです。いま、生産物(塩)の生産量をY、労働インプットをL、資本インプットをKとすると、この生産物の生産関数は

Y= f(L, K)        (*)

と表わせる。Kは固定要素であるから一定、この曲線がLに関してS字型なら、この関数のYに関する逆関数

L = f^(-1)(Y, K)     (**)

はどうなるでしょうか?生産物曲線はLを横軸に、Yを縦軸にとって、(*)を表したものであるのに対し、これの逆関数である(**)は同じ関数をYを縦軸に、Lを縦軸に表したもの。つまり、同じグラフを首を右に傾けて、L軸を縦軸に、Y軸を横軸になるように眺めてください。(**)が逆S字型の曲線になっていることがわかるでしょうか?

一方、総費用Cは、wを賃金、rを資本レンタル価格として

C = wL+rK

と書けるから、総費用曲線は、(**)をこの式の右辺のLに代入して、

C =wf^(-1)(Y,K) + rK   (***)

として得られる。よって、Cを縦軸に、Yを横軸にとった(***)のグラフ(総費用曲線)は逆S字型になるのです。。(**)と(***)の違いは、後者には前者にw(定数)が乗じられ、一定値(固定費用)rKが加えられているにすぎないので、(**)と同じ形状をしているのです。


多少説明を付け加えておくと、総生産別曲線とは生産物Yを可変要素である労働インプットLの関数として表わしたもの、総費用曲線とは総費用Cを生産物の生産量Yの関数として表わしたもをいうのです。

投稿日時 - 2015-07-04 22:31:18

お礼

どーもでーす

投稿日時 - 2015-07-18 15:12:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

>用語はわかります。 文章にできなくて困ってます 。

生産物曲線と総費用曲線を数式で表わせました?それを言葉に翻訳すればよいのです。いま、当該財の生産量、労働インプットをLとすると、この財の生産関数(生産物曲線)は

Y= f(L)        (*)

と表わせる。この曲線がS字型なら、この関数の逆関数

L = f^(-1)(Y)     (**)

はどうなるでしょうか?生産物曲線はLを横軸に、Yを縦軸にとって、(*)を表したものであるのに対し、これの逆関数である(**)は同じ関数をYを縦軸に、Lを縦軸に表したもの。つまり、同じグラフを首を右に傾けて、L軸を縦軸に、Y軸を横軸になるように眺めてください。(**)が逆S字型の曲線になっていることがわかるでしょうか?

一方、総費用曲線はCを総費用、wを賃金として

C = wL

と書ける。(**)をこの式の右辺のLに代入すると、

C =wf^(-1)(Y)   (***)

として与えられるから、Cを縦軸に、Yを横軸にとった(***)のグラフ(総費用曲線)は逆S字型になるのです。(**)と(***)の違いは、後者には前者にw(定数)が乗じられているにすぎないので、(**)と同じ形状をしているのです。

投稿日時 - 2015-07-04 17:47:17

ANo.1

hg3

非常に簡単な問題だと思いますが、どこが分からないのでしょうか?
「総生産物曲線」や「総費用曲線」が何を意味するのかは分かりますか?
それが分からないと、いくら説明したところで、内容が理解できないでしょう。

投稿日時 - 2015-07-04 12:33:18

補足

用語はわかります
文章にできなくて困ってます

投稿日時 - 2015-07-04 16:35:18

あなたにオススメの質問