こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

留学に教えてください。

僕は専門学校に通っていて今年就職です。
今年、希望の就職先の求人がでているんですが留学という目標が諦めきれず迷っています。
留学したい理由が二つあります。1つは留学先の大学に通い技術を身につけ、希望の就職先でその技術を生かして働きたいと考えています。その技術は日本で学ぶことは難しく、その技術も僕の希望の就職先で生かしたいと考えています。
2つめに、将来は海外で働き生活したいと考えている為です。
それをふまえたうえで質問させていただきます。

日本は新卒採用にこだわるお国柄ですがやはり新卒採用にはこだわるべきなのでしょうか?
就職してしまうと、お金も貯まりにくく、勉強の時間もあまりとれなくなり、留学のチャンスさえ無くなってしまうのではと感じてしまいます。
そもそも専門学校に通っている僕が、海外の大学に通うことは可能なのでしょうか?

甘い考えでふざけた質問かもしれませんがみなさんのストレートな意見をお願いしたいと思います。真摯に受け止めます。

投稿日時 - 2015-07-06 17:18:11

QNo.9007254

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

海外留学先はイギリスで、私は大学ではなく語学留学でした。本当はもう一度大学院に行きたかったのですが、語学力がなかったのと、金銭的にも時間的にも余裕がなかったのであきらめました。
学校探しは、代理店さんがしてくれました。目的別の海外留学本も本屋さんで売ってますが、ビザの申請、入学手続き、保険、何かあったときのサポート体制を考えて代理店さんに紹介してもらう形をとりました。
お金は多少かかりましたけど、住まいやビザ、その他の生活のことについて細かく教えてくれたので、代理店を通したことに後悔はないです。

その後の大学生活をスムーズにさせるためにも、語学力はかかせません。
行きたいところの語学力をある程度身につけていくことをお勧めします。
とくに、例え話せなくても文法はおさえておくといいと思います。一から語学力を現地で身につけるのは効率的ではないからです。
大金払って学校に行くのに、日本でできる勉強もせず海外留学するのは、お金を捨てるようなものです。
同じ語学学校で、中学で習う英語文法もわからず、リスニングも全然ダメだけど、とりあえずきちゃった日本人がいました。その人は結果的に、海外留学の最期らへん、常に手に持っていたのが、日本専門の本屋さんで手に入れた中学文法の本でした。
語学学校の授業は、その国の言語で話されるわけですから、リスニング力がなく、かつ文法もわからないとなると、授業に参加する意味もなくなるわけです。
正直、何しに来たんだ、という状態になります。。

語学力に不安がある場合は(1人で勉強する自信がない場合は)、最初の3ヶ月くらい語学学校に行って、その後大学に行けば問題ないです。最低限の文法とリスニング力は身につけておけば、現地で生活するためにも必死に勉強できるものです。


これは余談ですが、今ちょうど私の友人が社会人経験してから海外留学(大学院)に行っています。彼はそれを決断するまで相当な覚悟があったと思いますが、無理ではないです。

悔いのない選択をすれば、道は開けてきます。頑張ってください!

投稿日時 - 2015-07-08 06:53:19

お礼

お忙しい中での細かい本当にありがとうございます!!

やはり日本である程度のリスニング力と文法力がないとそこで授業を受ける意味が無くなってしまうんですね、、。肝に銘じます。
中学の文法を最初からやり直しつつリスニング力をあげていきたいと思います!足りない部分は語学学校で補っていこうと思います!
とにかくがんばります!!本当に貴重なお話ありがとうございます!!!留学のヴィジョンが段々浮かんできました!

投稿日時 - 2015-07-09 02:05:20

ANo.3

就職してから海外留学を経験した者ですが、学生時代、いや、就職する前にすればよかったと後悔しています。
理由は3つあります。

1 若いうちは体力があります。そして、語学取得にも若い方のほうが有利です。
早くから海外に慣れておくと、海外生活への抵抗が減るので、視野も広がりますし、価値観も広がります。リスニング能力も若い人のほうが長けてます。
ぜひ、若いうちに行ってほしいです。

2 就職してから仕事をやめて海外留学をし直すのは、大変な苦労が必要です。若いうちなら親御さんの助けや奨学金の取得も得られやすい。けど、就職してからだと、周りも仕事してますし、ふんぎりがつかなくなって、なあなあになることが多いように感じます。
若い時の強みは勢いがあること。学生さんなら勉強する時間も自由にとりやすいです。仕事しながら勉強するのも無理ではないですが、社会人が睡眠時間を削ると仕事の質も落ち、それによって会社の評価も落ちかねません。

3 海外の大学に留学して帰ってきたらあなたも新卒です。
そもそも、今の時代、新卒にこだわる会社も昔よりずいぶん減ってきました。
中年になって若いうちに後悔することといえば、「努力しなかったこと」でしょうか。
私は理系の大学院までいって、毎日徹夜で研究と勉強の日々を過ごし、ずいぶん苦労しましたし、努力しましたけど、まだまだできたはず、と思います。

体を壊すまでする必要はありませんが、体力があるのは今のうち。
がんばってください。

投稿日時 - 2015-07-07 14:57:41

お礼

貴重なお話ありがとうございます!
まだ就職したことがなく、就職してから留学を経験なされた方のお話を聞けて自分の中での迷いがだいぶ無くなった気がします。
すいません、もしご存知でしたら教えていただきたいのですが海外の大学へは日本の大学へ行くような過程でいく感じなるんでしょうか?
自分なりに調べたのですが明確な答えに辿りつけずにいまして。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2015-07-08 02:27:58

ANo.2

学びたいことがあるのでしたら、就職ではなく、海外留学を目指したらよいと思いました。今しかできないことの一つです。
可能かどうかよりも、やりたいかどうか、気持ちが大事な気がします。
急いで海外留学の件を調べてみるべきです。
海外留学ができなかった時は、就職をして、時期をみて再度チャレンジされたらよいと思います。
仮に海外の大学を卒業されたとしても、初めての就職なので、就職活動する時は新卒扱いな気がしました。

投稿日時 - 2015-07-06 18:42:29

ANo.1

若いうちは若いうちにできるやりたいことをやったほうが良いです。ただし、このやりたいことを間違っている若者が多くいます。あなたの場合は、目標がしっかりあるので、正しい方の選択でしょう。高校は卒業しましたか。高校卒業していない場合は、それに準ずる証明等が必要です。詳しくは日米教育委員会等のHPで調べてください。

投稿日時 - 2015-07-06 17:54:52

あなたにオススメの質問