こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どうして宅建や旅行業務主任者試験などは年に1度だけ

資格の定番といえば簿記検定、危険物取扱者試験などありますが
たいてい、年に3,4回。危険物取扱者なんて東京や大阪などの大都市は毎月のようにある。

しかし宅建や旅行業務主任者試験は年に1度しかなく、落ちると1年も試験がなくやる気なくなります。
簿記とか危険物などは一度落ちても3か月後に頑張るとかやる気もでますが、
1年も先だとやる気うせます。

実際に危険物乙4は1度落ちましたが、2か月後に受けて合格してます。
簿記2級は1度でうかりましたが

宅建と旅行業務は共に2年前と3年前に落ちました。
どちらも2~4か月程度の勉強時間の資格なので、
1年も先だとやる気せずに、結局、落ちたら、あきらめました。

投稿日時 - 2015-07-09 22:15:38

QNo.9009382

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

国家試験というのは、やるのに手間と時間がかかるのですよ。会場の確保、監督を始めとするスタッフの用意、何より試験内容の情報漏れを防ぐための準備などです。

受験者が支払う費用と受験者数に合わせてやる回数は決められます。受験者が増えれば何度もやるかもしれませんね。

投稿日時 - 2015-07-09 22:50:33

補足

危険物取扱主任者も国家試験だと思いますが、あれは受験者が多いから大都市では毎月のようにあり、地方都市は年に4回もあるんですか?

投稿日時 - 2015-07-09 23:15:40

お礼

年に1度しかないのは、モチベーション的にも1度落ちて次がんばろうというのは無理ですね。
危険物や簿記などのように2,3か月後にまた試験があるなら、モチベーションも保てますけどね。

投稿日時 - 2015-07-11 00:56:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

>>2~4か月程度の勉強時間の資格なので、1年も先だとやる気せずに、結局、落ちたら、あきらめました。

2~4か月程度の勉強で受かる試験ならば1年準備すれば確実に受かるでしょう。
落ちたのは単に勉強時間ではなくて、その勉強の質がよくなかったのでしょう。
それでは1年に何回試験があってもあまり違わないですよ。
この試験は多くの資格試験の中でも難関試験ともいえないものです。年一回の試験のせいではないと思うのですが。
なぜ年一回かは前の答えにもあるように予算の関係でしょう。
資格試験はその仕組みにあわせて勉強して受けるもので、年一回ならばそのスケジュールにあわせて勉強すればよいだけですよ。仕組みのせいではないと思いますよ。

投稿日時 - 2015-07-10 09:02:36

補足

ですから、落ちた場合に次でとるかというやる気が起こらないという意味です。
危険物などのは、落ちても2,3か月後の試験で受かればいいやという事で
落ちても、また1,2か月たって一か月ほど試験勉強すればいいですが、
1年も先だとモチベーションも上がらず、1年も先だと、もたないですね。

投稿日時 - 2015-07-11 00:55:40

ANo.2

国家資格というものは受験場所は住所に関係なくどこでも構いません。人口が少ない地域では受験者があまりに少ないと会場や人員を確保するのも面倒になるので(どんなに少なくても一定数以下ならそれほど手間は変わらない)、メインの時期に受験するのでなければ「都会まで出てください」というやり方の試験もあります。


私は(主に国家試験の)試験監督業務の経験者ですが、個々の試験について詳しくないので、これくらいにしておきます。

投稿日時 - 2015-07-10 04:53:00

あなたにオススメの質問