こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

緑内障と市販の眼精疲労目薬の注意書き

お世話になります。
緑内障と診断されて四年。ずっと月一回の眼科通院を続けています。
仕事上パソコンを使用しているため、ここ半年で眼精疲労とドライアイの症状が激しく、白眼が真っ赤に充血して強い痛みを伴い、外出すると眩しくて辛くなります。
病院で目薬:ティアバランスを処方されましたが、殆ど効果はありません。(緑内障の目薬:チモプトールXEはずっと続けています)
その事を医師に伝えましたが、他に処方手段が無いのか一向に薬を変えては貰えません。

緑内障と診断される前までは、市販の目薬を使用していて十分な効果があったので、久し振りに使用すると、点眼時にもの凄く沁みて痛みを伴いました。
その後、速やかに眼精疲労と充血は治まりましたが、仕事を始めると再び症状が出て来ます。

市販の目薬のパッケージを確認すると、緑内障の方は使用しないよう注意書きがあり、薬局で売って居た眼精疲労用の目薬には総てこの注意書きがありました。
沁みる感覚と痛みを伴うから注意書きがあるのでしょうか?
それとも緑内障患者が市販の目薬を使用すると、別の病気を発症する可能性があるからなのでしょうか?

投稿日時 - 2015-08-02 23:19:00

QNo.9023399

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

どのような市販薬を使用しているのか、
具体的な名前を挙げていただかないと、
具体的なアドバイスができません。

「たぶん」ということで、コメントしておきます。
眼精疲労を改善する市販薬の多くには、
ネオスチグミンメチル硫酸(メチル硫酸ネオスチグミン)
の成分が入っている場合が多い。

この成分は、緑内障を悪化させる可能性があります。
特に、急性閉塞偶角緑内障(最悪、数日で失明する)を誘発する
危険があるので、緑内障患者には使わないように注意書きが
あるのです。

投稿日時 - 2015-08-03 03:34:11

お礼

ご回答ありがとうございます。

>メチル硫酸ネオスチグミン

使用していた市販の目薬に、この成分が入っていました。
やはり、点眼時に異常な痛みと沁み方をしていますから、使用すべきではないのですね。
緑内障には注意書きがある様に、市販の眼精疲労や霞み目の目薬は利用してはいけないのですね。

現在は、高濃度ブルーベリーのサプリメントを飲んで、眼精疲労が殆ど解消されました。
眩しさの症状も劇的に安定しています。

投稿日時 - 2015-08-04 21:05:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

市販の目薬は処方箋の目薬との併用による相互作用を調べていないためにどのようなことが起きるのかわからないためにそのように記載されています。
もし差し支えないのであれば違う眼科を受診してセカンドオピニオンをもらってみては?
今の医師と同じような返答であればそれは医学的には限界といったところでしょうか。
違うのであれば聞いてみる価値はあると思います

投稿日時 - 2015-08-03 01:11:54

お礼

ご回答ありがとうございます。

実は二年前に今の眼科へ替えていますが、同じ様な返事しか貰えませんでした。
今は緑内障の症状も安定している様です。

眼精疲労を市販の目薬に頼るのではなく、ブルーベリー等のサプリメントを利用して改善出来ていますが、それでも時々速効性のある目薬に頼ってしまう癖があるので、心配になってご相談した次第です。

投稿日時 - 2015-08-04 20:56:26

ANo.1

緑内障の目薬とか成分って
使い方が細かく決められていますよね

市販目薬とは相性がよくないからではないでしょうか?

緑内障の目薬の成分が入っていきにくくなるとか

投稿日時 - 2015-08-03 01:11:24

お礼

ご回答ありがとうございます。
市販の目薬を使用した時、かなり強い痛みを感じましたので、やはり使用しない方が良いですよね。

投稿日時 - 2015-08-04 20:30:37

あなたにオススメの質問