こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

北陸新幹線・JR西エリアの保線作業

北陸新幹線が金沢まで開業しました。
これにより、JR西日本は「新幹線を2路線持っており、その2路線はつながっていない」というJRでは初めてのケースになりました。
山陽新幹線の保線車両はドクターイエローを持っている西日本ですが、北陸新幹線の保線作業はどうやって行っているのでしょうか?
ドクターイエローを海上・道路で輸送しているはずはないと思うのですが。

投稿日時 - 2015-08-11 01:12:27

QNo.9028057

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちわ。
floriographyさんの回答に重複しますが
JR東日本のEast-iを借り入れ&乗り入れて計測することになります。

そのため、ドクターイエローをもし東海道山陽新幹線から北陸新幹線の路線まで車で運んだとしたら
電源方式だけでもアウトになります。
上越妙高駅~黒部宇奈月温泉駅間に50hz区間があるため、60hz専用の東海道山陽新幹線のドクターイエローでは走行できず

また、JR西日本の管轄している東海道(新大阪駅のみ)山陽新幹線はATC-NS/ATC-1W型、北陸新幹線のDS-ATC型と互換性がありません。

そのため、車とかで輸送して、北陸新幹線のレールに乗せたとしても、走らせることができません。


ーーーーーー
以下余談

北陸新幹線の敦賀以西が、フリーゲージトレインや3ルートでまだ決まっていないようで
新大阪まで完全独立にしたとしたら、車両にそこまでお金をかける必要がありませんが
京都、または、米原で東海道新幹線に合流するとしたら、E7系、W7系も走らせることが
できず、DS-ATC/ATC-NSかつ50/60Hz共用車両、かつ、275km/h あたりの速度の対応車両が
必要ではないかと。。。。。



また、北陸新幹線のE7/W7系も完全にJR東側の仕様に則って共同開発で作られているものです。

投稿日時 - 2015-08-11 04:11:48

お礼

いろいろ勉強になりました。電源規格のことは気になっていましたが、ATCも違うものなんですね。
そうなると西日本としては「持っている」というだけであって規格は全部東からの流用、言ってみれば東野さんが家を建てて、その後西野さんが建てる時に東野邸を設計図の段階から流用した、みたいな感じでしょうか。
何とかして新大阪までは引っ張るつもりと聞いていますが、山陽新幹線への乗り入れ案もチラッと聞いたことがあります。もしそうなら、車両自体の設計をゼロベースで西日本がやらないといけませんね。

投稿日時 - 2015-08-14 00:12:07

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

JR東日本の East-i を借り入れて検測する。
なので北海道もコレでやるかと。

投稿日時 - 2015-08-11 01:31:45

あなたにオススメの質問