こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

自衛隊員が海外で戦死した場合、いくら貰えるの?

海外での先制攻撃も辞さなくなった今、自衛隊員が海外の戦争で多数戦死する事も現実味を帯びて来ましたが、国際紛争を解決する為に自衛隊員が海外で戦死した場合には遺族は一人に付きいくらお金を貰えるのですか?(´・ω・`)国内で警察が殉死した場合よりも多く貰えるのですかね?危機管理に関わるその辺りの事は安保関連法案の中に含まれている?自衛隊員が戦死した後の事には興味が無い安倍が怖いです。

投稿日時 - 2015-08-15 09:04:51

QNo.9030476

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

自衛官の戦死に関しては、その過程に問題がなければ、殉職となりますので、様々な手当が出ます。当人以外にも配偶者への見舞金や任意保険次第の話ですし、階級次第で額面も変わります。
まだ事例がないので断言は出来ませんが、PKO活動で殉職された文民警察官の方と同じ扱いになると思われます
額面に関しては、6000万を超えない程度だと思われます。

なお、戦死ではなく公務死という概念になりますし、戦死という概念は民間人でも該当します

国内殉職との格差は生じる道理がなく、安保法制の埒外の話です

投稿日時 - 2015-08-17 18:35:26

ANo.2

いわゆる「公務中の殉職」扱いになります。んで、お約束の「二階級特進」になると思います。あとはその階級次第ですね。尉官クラスなら億越えはしそうな気がしますね。自衛官や警察官などの公務員は死亡保障の団体保険に格安の保険料で加入できて、事実上の強制加入で給料天引きされるそうで。これが死亡保険金が7000万円とかだそうです。
またその人に妻子がいれば寡婦年金も支払われます。年金はそんなに詳しくないけど、確かこの寡婦年金は奥さんが死ぬまで受け取れるはず。つまりその自衛官が殉職したときの奥さんの年齢とその奥さんがどのくらい長生きするかでだいぶ変わってきますね。

現実問題としては、マスコミに報道されていないだけで海外派遣された自衛官で殉職者は出ています。例えば海外派遣中の護衛艦で行方不明になったとかね。自殺なのか海に転落した事故なのかは永遠に不明ですが、扱いとしては公務中の殉職になるそうです。あくまで噂で聞いた話ですが、ある信用できる情報筋から聞いた話で、海外派遣中の自衛官が現地女性と仲良くなって、HIVに感染して発症して亡くなった方がいるとか。それが殉職扱いになるかどうかは知りません。

投稿日時 - 2015-08-15 13:14:45

ANo.1

公務員の殉職に準じます。
階級が上がる程度で、年金が遺族に
支払われるだけです。
公務員は国民に奉仕する目的て存在する
のですから。

投稿日時 - 2015-08-15 09:14:45

あなたにオススメの質問