こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

訪日外国人旅行者との取引について

旅行業法について詳しい方、ご教示いただけると幸いです。

旅行業法では取り扱う業務範囲により、第1種、第2種、第3種と区別されていますが、海外の外国人と直接の取引が可能な種別は、(やはり)海外旅行の取り扱いが可能な第1種となるのでしょうか? それとも、旅行自体(渡航先)が日本であれば、これは(日本)国内旅行に該当し、第1/2種の範囲となるのでしょうか?
(取引先外国人が居住している国の法律が適用されるのでしょうか?)

投稿日時 - 2015-08-17 16:52:10

QNo.9031876

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

第一種と第二種の違いは「本邦外の企画旅行(参加する旅行者の募集をすることにより実施するものに限る。)の実施」が出来るか否かです。(旅行業法施行規則第1条の2)

取引相手の国籍、居所による制限はもとより有りません。

>取引先外国人が居住している国の法律が適用されるのでしょうか?
一般的には取引が行われる場所の法律が適用されます。
ただしその国の法律次第です。

投稿日時 - 2015-08-17 18:23:19

お礼

TooManyBugs様、
ご回答どうもありがとうございました!
手元で参照している資料が中途半端だったため、混乱してしまっていた様です。
スッキリしました!!

投稿日時 - 2015-08-19 20:35:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問