こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

娘の教育資金は、財形貯蓄と定期預金どちらを使うのか

そろそろ、本格的に、娘の教育資金を、しっかりと積み立てなくてはいけないと思いまして、
調べてみたら、財形貯蓄も、5年を超えると、自分の資金になるということを知りました。

また、銀行よりも信託銀行の方が利率がよいとのっていたり、
定期預金も役に立つようでした。

今、貯蓄可能な額として、100万を積み立てするとして、このあとは、生活費などは別にプールしても、
毎月の給料からの天引き(自動振り込み)で10万ずつは可能です。

どなたか、よいご助言をいただけるといいなと思っております。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2015-08-20 23:14:32

QNo.9033808

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

レスありがとうございます。

>アフラックの学資保険は、この短期間では、積み立てられるのでしょうか。

学資保険は満期時が子どもが18歳になった時などとあらかじめ決まっているので
満期受取金と特約の内容に合わせて掛け金が決まります。
最大のメリットは保護者が死亡後の掛け金免除です。
医療特約は公的補助が充実している自治体だとほとんど使う機会がないかもしれません。
できないことはないでしょうけど掛け金は払込期間に応じた金額になりますから
今からだとメリットは少ないように思います。
保険と特約部分は掛け捨てですから全体で元本割れしないか設計書でよく検討なさってください。
節目の祝い金支給以外中途引出はできません。

月10万の貯金が可能なら、毎月10万の積立定期預金を作っていくのがおすすめです。
預入期間は支出予定に合わせて3~5年。
利率が下がりますが必要時には一括払いの塾費用などにも中途解約で使えます。

我が家は学資保険がやや有利だった時代で、0歳で加入し
満期まで手を付けずに大学入学資金と学費にあて、塾代等は家計からの支出で賄いました。
銀行や保険会社のFPに家計相談をして
より効果的な方法を提案してもらうのもいいと思います。

投稿日時 - 2015-08-23 09:03:41

お礼

繰り返しのアドバイスをありがとうございます

やはり、積立定期預金ですね。
はやいうちに、少しでも貯めていかないと・・・ですね。

子どもには、自分で情熱をもって何か打ち込めるものを見つけてほしいと願っていますが、
それを支援してやるには、まずは、環境づくりではないかと思います。
大学入学までには、自分の進路を自分で決められるよう、
親としてできるアドバイスはしていこうと、
進むべき道が見つかった時に、資金にしてやれるように、と。

早速、銀行や保険会社などのFPに相談してみようと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-08-23 22:50:23

ANo.1

お子さんの年齢がわかならいとアドバイスしにくいですけど
我が家の経験から・・・

制度が変わって今財形が有利になるのは住宅資金と老後資金だけです。
教育資金として引き出すと普通の貯蓄と同じように課税されます。
資金を貯める方法としては毎月積立定期預金をするのが一番確実です。
天引き以外に指定口座から自動振替もできます。
ある程度貯まったらより有利な商品に預け替えるプランもあります。

あらかじめ用意されている定期商品もいいですが、0.0何%かの利率差にこだわっても
途中でより高い利率の商品が出ることも考えられます。
積立はニーズに合わせた設計が可能です。
中学・高校・大学進学時など必要な節目とおよその金額が決まっているなら
その目標額に合わせて部分解約できるようプランを立てることもできます。
多くは途中で変更も可能です。
必要な時期までに確実に貯まって使えるプランができないか
担当さんか銀行の窓口でじっくり相談してみてください。

投稿日時 - 2015-08-21 11:47:13

お礼

早速のアドバイスをありがとうございました。

子どもは、中学に入学したところです。
大学は進学したいようですので、5年と少しをかけて、
4年間の学費だけでも、しっかりと、別に積立を考えた次第です。

気になっている銀行には、三菱UFJ信託銀行と、三井住友信託銀行の二つがあります。
また、アフラックの学資保険は、この短期間では、積み立てられるのでしょうか。
もう少しアドバイスを頂けるとよいのですが、
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2015-08-22 22:59:38

あなたにオススメの質問