こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

大学受験について

私は親の立場です。
今春から、息子が家を出て進学いたしました。(理系・工学部です)
私自身は小学校から大学までの一環校なので受験の経験がないと同様です。

息子は中高一貫校なのですが、地元の息子の進学を知った方に 「国立に受かるなんてすごいねー」
と何度、言われたか。また、私の兄もそうなのですが、息子の友人にも高校2年くらいから、「国立は無理と自分で悟り、私立用の勉強をします。」

当然、センターでは理系でも文系、(逆も同様ですが)を受験するため、また、国立の方がスパンも長いですし大変なことは解ります。

兄の場合、極端に国語が苦手で、センター(当事共通一次)を受けましたが、その時点で、学校から
無理でしょうと言われ、一応、二次も受けましたが、案の定ダメでした。
が、自分はこれくらいの偏差値の大学に行けるだろうという中で、国立は無理と言っているのでしょうか。
(国立もピンキリです)
二次の偏差値を落とせば合格できる国立もあるのでは。(センターで半分を得点できない場合、
無理とはききました)

進学校は国立に合格してこそ、意味があるような傾向にあり、私立には親身ではありませんでした。
現に息子は大学の知名度等より、将来の夢を先行し、学校からは京都大学の受験を勧めていただきましが、前期で合格したいとう思いが強く、大阪大学を受験しました。

私立に進学する気はほとんどなかったようです。

偏差値を考慮し、国立を諦めるのでしょうか。
また、国立に合格するのがすごいという傾向はわたくしども田舎に限ってのことでしょうか。

※確かに近隣に偏差値40を切るような高校がありますが、国公立には一人も受からないそうです。

すごく、初歩的な疑問ですが、ご教示ください。(ずーっと不思議に思っています)

投稿日時 - 2015-09-04 10:26:20

QNo.9041801

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

> 偏差値を考慮し、国立を諦めるのでしょうか。

そういうことはよくあるでしょうね。

> また、国立に合格するのがすごいという傾向はわたくしども田舎に限ってのことでしょうか。

どこでもそうですよ。絶対的なことを言えば「すごい」私立もありますが,どんな私立もそれよりももっとすごい国立があります。つまり私立に行くのは国立に落ちたか国立をあきらめたかのどちらかだと思われます。

> 早稲田・慶應より、いわいる駅弁大学でも国立が良いのですか。

そういう判断をする人もいるでしょうが,一般的には早稲田慶應の方がいいと思うでしょう。でも就職を考えると早稲田でもたいしたことはありません。早稲田でよい就職先に行くのはもともとよい成績で入学した人たちです。ぎりぎりの人はよくわからないところに行くしかないのです。学生数が多いので,よい就職先に行く人が多いように見えますし実際に多いのですが,割合で言えば埼玉大学の方がよっぽどよいのです(絶対数では少ないですが...)。

なお,工学部だと国立と私立の学問環境はは段違いです。国立だと教官一人当たりの学生数も少なく実験設備も整っています。学問をする環境としてはたとえ早稲田であっても私立はひどい状況です。

投稿日時 - 2015-09-04 13:43:08

お礼

早稲田は受験しました。
阪大はすこし中途半端なイメージがあります。
昔は今ほど、京大が注目されていなかった気がします。

研究が始まると、おっしゃるように学生一人に対する教授の比率が全く違うというのはよく聞きます。

工学部でも多様な科があり、ただ、人数は本当に少ないですね。

父が合格した際、私立でも早稲田慶應となれば別だけど、それ以外なら国立が
良いに決まってると申しておりました。

ただ、周囲には工学部は留年率が一番、高いので気をつけるようにとアドバイス
いただきます。
受験が終わってほっとすると、留年の心配・・・
正直、文系は平和な感じがします。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-09-04 13:59:48

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

>国立に合格するのがすごいという傾向はわたくしども田舎に限ってのことでしょうか。

 私立と比較すると学費が安いから親孝行ですねという意味合いもあるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2015-09-04 14:57:25

お礼

そういった感じでもないんです。

私どもなど、大阪に出てますので、仕送りも結構、必要ですし。

文系の通いが一番、金銭の面ではお安いかと思います。

理系と文系では私立はかなり授業料が違いますよね。

本当は薬学に行って欲しかったのですが、あっさり断られました。

※もう一点、理系だと大変ねと言われます。
  息子の学校でも大方が文系でしたね。そういえば・・・

ただただ、留年しないことを願います。卒業時にも先生から国立の工学部は
留年を容赦なくさせるので、今までのように勉強するようにと。
・・・は、一日12時間ですか。そんな一環校でした。

投稿日時 - 2015-09-04 15:19:06

ANo.2

国立も私立もそれぞれ「すごい大学」に受かれば「すごい」ですし、国立でも「すごくない大学」に入ったら「すごくない」と思います。
ただ、国立の場合は共通試験というものがあり、これが「国立受かるのはすごい」と言われる一因(全てではない)となっていると思います。
私は1964年生まれで、共通一次世代です。現役で1983年1月実施の第5回(だったかな)共通一次試験を受験しました。当時の共通一次試験は1000点満点の試験で、私は795点しか取れず、東工大の第五類を第一志望にしておりましたが、「東工大は共通一次試験で800点はとっていないと二次試験での挽回は不可能」と担任の先生に言われ、第二希望の横浜国立大学を受験し、合格しました。私大は、受かっても授業料が支払えないので受験もしていません。当時の国立大学は複数受験はできませんでしたので、生涯で受験した大学は横浜国立大学だけです。
で、このように共通一次試験があったので、国立大に合格するにはオールマイティな学力が要求されます。今は私大でもセンター試験(でしたっけ?)の結果を加味するところがありますから一概には言えませんが、昔から国立は全教科満遍なく出来る子が行くところ、私大は何か一芸に秀でた子が行くところというイメージが出来上がっていました。それで、私も「国立に受かるなんてすごいねー。何(どの教科)でも出来ちゃうんだねー」と言われました。

投稿日時 - 2015-09-04 11:18:33

お礼

兄は妹が言うのも変ですが、勉強ができるイメージがありましたが、
最初から自身が国立は無理と思っていたようです。(偏差値60くらいだったらしいです)ので、兄も共通一次の世代で獲得点で合格できる国立はあったはずです。
が、西日本でそこそこ認められている関西大に焦点を絞り勉強することにしたようです。

息子も主様と似ていて、センターで一校だけA判定で返って来なかった予備校があったようで、阪大で確実に合格するという選択をしたようです。
(旧帝大はセンターをあまり加味しないようで、二次で点が取れるかが勝負のようですね)

父も兄も国立がダメだったので、息子を溺愛している父は泣いて大喜び。

その後、開示請求をしたのですが、国語の獲得点がほぼ、満点でした。
(理系なのに?)

中高一貫校は面倒も本当に手厚く見ていただけますが、可哀想なくらい厳しかった
ですね。まず、そこをやり遂げたことを誉めてやりました。

大学院まで行くようなのでもしかしたら、京大を狙っているかもしれませんが。
今はバイオは人気でなかなか、大変なようです。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-09-04 11:36:22

ANo.1

国立がいいです。
国立に合格するのがすごいという傾向は、田舎に限ってのことではありません。

投稿日時 - 2015-09-04 10:36:37

お礼

正直、私立の偏差値はあまり信用していませんが、極端な例ですと、早稲田・慶應
より、いわいる駅弁大学でも国立が良いのですか。

たしかに息子は理系なので、偏差値を下げても国立への進学を勧められました。

だた、理系でもいろんな教科が率なくできるという意味なのでしょうか。

私の父も私立なのですが、父の時代(70代前半)の時代は本当に国立に合格
するのは困難だったようです。

理系で私立に進学した場合、国立に落ちたと思われると聞いたこともあります。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-09-04 10:46:51

あなたにオススメの質問