こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

30歳独身女の転職・生き方について

6月末に4年半、派遣で勤めてきた会社を期間満了により退職しました。

これまでの職歴としては
放送業界(外注側)でアルバイトから正社員で勤務6年程。
出版業界での契約社員で編集者を2年程。
再び放送業界(局内)で専門職派遣を4年半。

派遣の期間満了が近づいた為、その半年程前から転職活動をスタートし、その頃は色々受けて内定まで行ったものもありましたがなんか違う…といった感じで辞退しており、結局決まらずに退職日が訪れました。

勤務先の元上司からとある部署へのお誘いを頂き、派遣として10月から就業の約束をもらっている状態です。
実は7月の時点でその元上司に声をかけられており、そこの部長と派遣会社の担当と顔合わせをして「では9月からよろしく」という事になっていたのですが、当初正社員での別の仕事にも応募しており選考中だったため、9月から引き受けるかどうかの回答を伸ばしたことにより、
部長的に「この人本当にこの仕事やりたいの?」と不信感を持たせてしまい、
一旦9月からの就業は無しになりました。
少しばかり興味のある仕事ではありましたが、誘っていただいた元上司の手前、彼の顔を立たせるためほぼ義理といった状態で受けていました。
しかし並行して受けていた正社員の仕事の方が不採用でしたので、その事を元上司に報告し、改めて部長と話しをする席を設けて頂き「今後やりたい事ややる気があるのかどうか」などをじっくり話した所、
「じゃあ10月からよろしく」となり、今に至ります。
さすがに二度も席を設けて頂いているので人としてそこで就業しなければならないと思うのですが、、よくよく考えてしまい、その仕事が今まで経験したことのない職種、将来に結びつくのかが不明朗、月~金勤務ではあるものの祝日休み無し、突然の呼び出しや泊まりこみ、徹夜もザラの仕事です。有給もあるもののほぼ使えないような仕事なので実質土日と年末年始休みくらいです。
給料は30万+交通費で派遣ではあるものの月給制は少し助かると思いつつ、もちろんボーナスや昇給は無し。
これまで派遣での就業から脱却したく安定を求めて転職活動をしてきましたが、これじゃ結局元の木阿弥。
今まではやりたい事、少しでも興味があれば派遣でもバイトスタートでも飛び込んで行ってたのですが、この先の事を考えるようになってしまい何が一番大事で何を優先するべきかわからなくなり、ご相談に上がりました。
一番の理想は結婚相手を見つけて、今決まっている仕事を10月からスタートさせることですが、相手もいなければ無理な話。
このまま結婚相手も見つからず、年を取っていく事を考えるとやりたい事を少しセーブしてでも直接雇用の方を引き続き探した方がいいのでは?とも思います。
しかし離職期間を長く空けたくないのも事実で、失業保険の申請もしていないですし、国民保険もこれまでの保険を継続してるままなので時間もありません。

周囲も色んな意見があり、
40代独身♀契約社員の知り合いの意見は、今後もこの業界にいたいのであればとりあえずやってみたら?これを断ったら二度とこの会社には近づけないし、関係者とも縁を切るくらいの覚悟がいるよ?派遣なら半年後とかに契約更新があるからそこで辞めたければ辞めれるし。という意見や、
同い年独身♀正社員の友達からは、
最後の転職にしたいよね、結婚の予定もない、ならば自分の面倒は自分で見ないといけないからボーナスとかあるところの方がいいのでは?それに仮に結婚できたとして次は子供もほしいしね、など。
どちらの意見も確かで現在の私としては後者を取りたい気持ちです。
しかし、正社員の求人を探す大変さは既に味わっており今からまた長期戦という体力も貯えもありません。
やりたい事をセーブと考えて検索すると、大体が事務職になるため、これまで約360万程の年収から100万近くダウンします。
カードの支払いもにだいぶ残っているし、これまでボーナスをもらった経験がないのでそこに小さな憧れを持っていたりもします。
就業が決まっているのに、時間があるせいでつい求人を検索してしまいます。
大手や安定した会社の多くは事務職での採用が多いのですが、内容重視で色々と検索しているうちに紹介予定派遣や契約社員スタートでもいくつか気になるお仕事があるのも事実。
受けたい衝動にかられるも、10月から行かなきゃいけない所があるだろ!と自重する私もいます。
かなり迷走中のため、何かアドバイスを頂けると幸いです。

投稿日時 - 2015-09-11 01:59:22

QNo.9045702

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

ボーナスが有るなし、より『年収』で考えられたらどうなんでしょう。 たとえボーナスを貰える職種だったとしても、その分毎月のお給料が少なければ『年収』としては変わらないのではないでしょうか。

30歳くらいの女性が年収で360万というのはそんなに悪くないと思いますが。(良いとも思いませんが)上には上があり、下には下があるということでしょう。正社員でも年功序列が崩れて年齢とともに給料が上がる体制が脆くなっていく中で、派遣なら一生同賃金、は覚悟の上なのではないのですか。

回りの意見を聞くのは愚かではありませんか? 回りがどうであれ、自分の身の振り方は自分で考えて決める、一本ぴしっとしたバックボーンが通っていないとブレ続けるだけでしょう。

今から言っても遅いですが、正社員をやめちゃった、というのがもったいなかったですね。

投稿日時 - 2015-09-11 23:21:26

ANo.6

日々のお金の使い方でボーナス相応の貯金はできると思います。
年2回3ヶ月分欲しいと思ったら年収を12+6=18で割って、毎月を年収の1/18の予算でまわせばいいのだと思います。

放送など専門職の派遣としてお呼びがかかる今の状態なら、正社員というよりフリーランサーに近いんじゃないでしょうか。専門職ならフリーランサーを目指した方が正社員よりも暮らしやすくなったりしませんか?

投稿日時 - 2015-09-11 12:00:36

ANo.5

責任を持つ気があるのか、が採用側の判断基準の大きい所になります。

正社員とゆーものになってみたい。

では、何を引き受けたいといっているのかが全くわかりません。
ボーナスが欲しいとか昇給が欲しいというのは、責任を持って行動してきたことの果実として出てくることです。

果実といいましたからそれで説明をしましょう。
桃栗三年といって、桃は3年で実を付けます。

桃の種を植えて3年待ったら食べられるようになるか? 
そんなことがあるわけありません。

まず土を拵えるところから始めなければいけない。

そこに苗を植え、土の状態を見て調整をする必要があります。
水をやる時期、肥料を加える時期をよく観測しながら判断し、細かに対処する必要があります。

虫がとりつかないように見ていなければいけませんし、とりついたときの、樹木に被害を及ぼさない退治方法も考えなければなりません。

花が咲いたとき蜂がきっちりくるかを観察する必要があります。
来ないようなら手を打たなければいけません。

花が終わって、実を付け始めたら大変です。

週一回ぐらい、消毒操作をしなければいけません。これをやらないと腐ります。

時間がたつと熟してきますが、落ちるほどまで放置したらやっぱり腐っています。鳥がツツキに来る可能性もある。
だから、半熟の段階で摘果をし、箱に入れます。

これを低い温度のところに置くことで、アミノ酸が糖化し甘いものになっていくのです。
この保持も、温度に気を付けないといっぺんで腐ったりカタいしぶい感じで固まったりします。よく毎日見ている必要があります。

そういう経緯を経て、食べられる果実になるのです。

責任をもつというのはこれらの工程を自分の配下で制御し、発生するいろいろなことに対応して考え対策をたてリスクも負って作業をすることです。

桃の木があれば黙っていてもモモが食べられる、という発想が、正社員になればボーナスがある、という発想です。

そんな発想の人は桃農家は雇いたいと思いません。
そもそも黙っていて勝手に実る樹木だったら誰も雇いません。

10月にはやらせていただきます、といったん約束をしておきながら、それが得だ損だという考え方をしていることが、責任を持っていないということです。
ここに発生しているのは10月にそこで仕事をするという責任です。
それを放り出して別のところに下心を持つというのは別の方にも責任を感じていないということになります。
桃農家に内定しているのに、栗農家がいいかなと思っているということです。

そんな人間を誰が雇いたいと考えますか。

いままでの人生はまだ若僧でした。
だから飼い主のいうことに従って、意味もわからず動いていればエサをもらえた犬のようなものです。
それが麻薬の探知か、迷子の捜索か、番犬かはわからなくてもよかったのです。

人生設計ということを考えるならそれでは通りません。
自分の人生に責任を持たないといけないのです。
麻薬犬だという実力を認めてくれたら、普通の犬には行けないところの仕事が増えてくる仕組みを理解しないといけないのです。

給料だとかボーナスだとか、果実のことばかり考えて育成の神経がないと誰も相手にしなくなりますよ。

投稿日時 - 2015-09-11 09:32:47

ANo.4

拝見いたしました。
現実と理想のギャップが大きくあるとき、簡単に理想は手に入りません。
理想を手に入れる近道は、やれることから一つずつ解決していくこと以外はないです。

私なら、まず借金を整理するために、決まっている仕事をしっかり働き、返済と貯金をします。
その後で理想の仕事を求めてはいかがでしょうか。
地に足をつけることが大切と思います。
ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2015-09-11 09:17:37

ANo.3

隣の芝生は青いのです。
あなただって、今すぐ青い芝生がポンとでてくるとはおもわないでしょう?
今の業界での限界もよーっく分かるからこその事務員だって・・・というお考え。
ならば、最低限でも八方丸く治めて、もしかしたらの可能性も含めて、
派遣なら半年後・・・という’計画性’も持ち合わせないのでしょうか?
なんかちがうな・・・というだけのことで明確に’違う’ということで、
以前にもらった内定先を蹴るということは、転職時に’目的=絶対に譲れないこと’が
はっきりしてないからです。
それをこの先の6ヶ月で、有休も有名無実、ボーナスなし、サービス残業、呼び出しありの
中で、よーっくお考えください。
結婚を真っ先に考えるのは人生計画として愚作だと思う。
あなたの人生を売り払うようなものだからです。
意味が分からないなら、尚のことです。
まずは、糊口を養うことを考える。
普通に、日常生活で’縄跳びを飛びながら’・’走りながら’出来る、生活という意味合いですが、わかるかな?   
合間もダッシュばかり、重たい荷物は背負ったままでは
24時間は持たない。
そして、カード残債を残すような生活自体を改める。
これは、青い芝生を育てるための土壌管理そのもの。
アナタにはそれが元からない。
アナタを求めた次の職場でのアナタの職業的基礎体力の減衰をよーっく観察して、
あなた自身をアナタの評価をダウンサイジングして、何を優先させるかを考え直すことです。
決まっている先だって、たぶん、アナタの使いまわしは高々1年でしょう。
薄給でも喜んでくるような若い勘違い野郎が次々と来る業界です。
次の’勘違い’がくるまでのつなぎがアナタ。
そこまで読んで、次を考えるべきです。

いま、あせって、知らない先へいっても、まっさらで、アナタに青い芝生のために必要なこと、今のあなたに出来ることがわからないでしょう。
簡単そうにみえる、’タダの女事務員、薄給’も実は生き残りと、スキルは大変なんだと知ってからでは遅いのです。

投稿日時 - 2015-09-11 09:06:45

ANo.2

仕事に関してというよりも
自分の人生にたいして甘く生きてきたからだとおもいますよ。
派遣なら派遣でいいのですが、目標が見えない、目標がなく
その場その場で自分がやりたいこと優先で生きた来たので
30になってもふらふらしていて、急に困ってきた、と読めます。
これまでに業界にたいしての見識はあるのでしょうが
唐突に結婚したいとか、現実逃避というか、結婚すりゃなんとかなると
思うのは甘えだし思いのほか考えが幼稚です。
やりたくもないことをするのが仕事です。
ふらふらしていることへのタイムリミットが来ても
だれも助けてくれません。

投稿日時 - 2015-09-11 07:46:37

全部欲しいだといつまでも決まらないし、就職した後も何かある度にこれでよかったのかと振り返り続けると思います。

例えばですが、結婚優先ならそのまま派遣社員で内定済みのところに行きながら土日で婚活。
しばらくは仕事に生きたいなら、内定先には謝罪して正社員での職探し。
など、優先順位をつけてから行動を決めたらいかがでしょうか

投稿日時 - 2015-09-11 02:19:26

あなたにオススメの質問