こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

作文の添削をお願い致します。

いつも大変お世話になっております。
公務員試験作文の添削、アドバイスをよろしくお願い致しますm(__)m

「少子高齢化」
1180文字/1200文字

□先進国を中心として、子供の出生率が低下し、総人口における高齢者の割合が増えてしまっている「少子高齢化」が深刻化しています。日本も例外ではなく、このままの状態が進んでしまうと、日本は衰退の一途を辿ってしまい、早急に対策を講じていかなければなりません。
□そのような中、私は、半世紀に渡って少子高齢化問題と向き合い、問題解決に成功したと言われているスウェーデンの行政の取り組みに迫ったテレビ番組を見る機会がありました。彼らはまず、子供を産み、育てるためにかかってしまう金銭面での不安払拭に着手しました。スウェーデンでは、妊娠から出産までにかかる費用は全て公費負担です。そして、高校までの学費は無料であり、子供を多く産んだ両親に対しては、将来支給する年金の額を上乗せするなどの支援を行っています。これらの取り組みにより、日本では子供を産む際に、大きな問題とされている「お金がかかるから産まない」などといった考えは、スウェーデンにおいては減少したと考えられます。そして、高齢者支援も忘れてはいません。スウェーデンでは、高齢者を抱える家庭に対して、バリアフリー対応の家を建てること、リフォームを行うことを推奨しており、それらにかかる費用の一部を公費で負担します。また、教育においても、早い段階から高齢者介護の科目を導入し、介護に対する高い知識と意識を養っています。これらの取り組みにより、スウェーデンでは、高齢者介護のほとんどを自宅で行っており、日本のような、老人ホームに空きがないといった問題はありません。高齢者を隔離することなく、社会の一員として共存している社会が実現していると言えます。日本も、上記のようなスウェーデンの例を参考に、少子高齢化問題へ取り組んでいくと良いと思います。
□それにはまず、経済面での支援が欠かせません。日本でも、義務教育の無償などを行っていますが、それまでの保育園にかかる費用は未だに高額であり、子供を産む際の大きな懸念材料となってしまっています。その問題解決のため、今後は補助金を負担することや、NPO法人などの低コストな保育園の設置を認めるなどの対策が挙げられます。また、高齢者支援においても、バリアフリー対応リフォームへの補助金を給付すると良いと思います。さらに、教育においても、職業体験や社会科見学などで、高齢者介護に直接触れる場を提供していくことで、国民一人一人の高齢者問題への関心を養っていくと良いと考えます。
□高齢者とは、今までの日本を支えてきた功労者であり、子供は、これからの日本を支えていく宝だと思います。今後、上記のような政策を提言し、少子高齢化問題を解決していくことで、誰にとっても住みやすい日本を作っていけたら良いと思います。

添削、アドバイスをよろしくお願い致しますm(__)m

投稿日時 - 2015-09-12 21:10:45

QNo.9046655

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

 率直に申しあげます。これまで数回、お役に立てればと思って真剣に考え、お答えしてきました。もちろん、今回も一生懸命考えました。しかし内容的には、あまり愉快でないかも知れません。

A.一般論
(1)日本語での「作文」としてはほとんど間違いなく書けている。「中学生くらいの生徒が書いたとすれば」まあまあ評価できる。
(2)職業柄小論文を読む機会が多く、この種の「可もなく不可もない」筆致にしばしば出会います。「優等生的な書き方」を目指している様子が見えます。
(3)この種の作文は、得てして「味もそっけもない」ので、しばしば斜め読みしてしまいます。そして評価はたとえ「可」でも、「限りなく不可に近い」という実感を抱かせます。
(4)本人はいたって真面目そうなので、親身になって相談に乗るのですが、当のご本人は、同じことを何度言われたり聞いたりしてもほとんど変わりません。
(5)相変わらず「可もなく不可もない」ことを言ったり書いたりします。それは、1つには、「受け売りをしながら、それが自分の考えだと錯覚している」ところから来るのかも知れません。
(6)概評すれば、「自分がいない、自己変革しない、個性がない」という感じです。協調性はあるように見えますが、実際は「無批判の追随・受け売り」(エピゴーネン)に過ぎないことが多いのです。

 以上は、これまでのご質問とそれへの回答のやり取り全般に関する感想です。
 それで、今回に限っても、内容はほとんど同じです。同じ言葉を繰り返しても意味がありませんので、もう少し具体的なことを申しあげます。

B.今回のご質問について
(1)文章構成で特に問題になることは、「~していくと良い・いけたら良い(と思います・考えます)」の表現がやたら多いことです。「単なる願望」と見られたり、「命令の別口調」と受け取られたりするでしょう。「公務員試験作文」などの小論文の用語としては、ほとんど禁句に近い用語だと考えておくことをお勧めします。
(2)スウェーデンの例を無批判に受け売りしているだけで、その負の面は何も関知していませんね。特に、重要な財源問題などについては目をつぶって、ただ「餅の絵を描いているに過ぎない」という感じを受けます。
(3)主張の論拠や裏づけがありません、というより、「自分自身の考察に基づく主張そのもの」がありませんね。何を参照し、何と何を比較考察し、それらをどう判断して提唱に結びつけるか、などが大事な予備作業になるはずです。
(4)採用してもらうための作文にしては自己PRがありませんね。「自分にはこういう能力や特技がある、自分ならこうする・こうできる」などです。
(5)くどくなりますが、上の一般論も含め、ほとんどの項目が数回申しあげたことです。
(6)jtmdjtmdさんの執筆態度を要約すれば、「好奇心の欠如や哲学する姿勢の欠落」がうかがわれる(それが問題である)、と言えるかも知れません。

 以上により、今回は添削はしません。失礼ながら、ちょっと推敲したり校正したりするだけで、「公務員試験作文」として通用しそうなものになるとは考えられないのです。
 願わくば、上のABの各項目をよく咀嚼し糧にして、次の作文に挑戦なさってみてください。すでに作文の基礎はできているのですから、残る問題は執筆姿勢と内容です。一にかかって、「中味を磨くことに意を用いる」よう、お勧めします。

投稿日時 - 2015-09-14 12:58:54

ANo.2

まず、テレビ番組などというものを「裏付け」も取らずに真に受けてはいけない。テレビの言うことなど、たいていのことは嘘であるという認識が欲しい。だから、少なくても、最低一冊の関連書物を熟読して、テレビ報道(情報)の妥当性、整合性を確認してからでないと、危険だということ。簡単に、安易に耳や目から入る情報を信じていては、何時か騙され、大変な目に遭う。

そして、スウェーデンの消費税は25%であるということを失念してはいけない。10%への移行でさえも、先送りせざるを得なかった我が国の状況を考えなくてはいけない。

多様性の時代、独身であること、子を産まぬことを否定してはいけない。また、老後、誰の世話にならなくても済むよう一所懸命に働き、そして、精一杯の貯蓄を心掛けていた人に、不公平感を与えるようなことがあってはいけない。

家庭を持ち、子を育てることが、社会的に有利になる仕組みが、かつてはあったのです。若くして、大きな仕事を任せて貰う為には、家庭を持ち、都心にマンションを購入し、そして、子供が数人いるというのが、大きなお金を任せ、大きな仕事が与えられる条件だった。そんな幸せな時代が、高度成長期であり、バブル期だったのです。

この時代、独身で、借家住まいでは、危なくて、大きな金を委ねるわけにはいかないから、自然に、細かな仕事専門になってしまっていた。独身で、余った金は全部飲んでしまう人も多かったので、何か事があった場合に備えて、マンション(資産)を持っているというのが大きかったような気もする。

今は、そういうことでは何のメリットにもならない。子育ての面白さ、楽しさを知っている人だけが、頼みの綱。一時期、ロールプレイングゲームってのが流行ったけど、子育てって、下手なゲーム以上に、リアリティがある分、面白い。上手く育て上げれば、「さすが私の子」と自信にもなる。そんな他愛もない自信が仕事に繋がる。

投稿日時 - 2015-09-13 05:15:49

私は作文の内容にはもう触れないです。が…

だから、その金はどこから湧いて出てくんの?

あなたの提案て、割とそう言う机上の空論が多い気がします。
昔の民主党みたいな真似してどうする。
よその国の良い部分を見習いたいのはいいけれど
どうやったらそこに近づけるか、似たシステムを「日本流で」生み出せるかを
考えて提案しないとダメなのでは?

財源確保する手段も併記(しかも実現可能なやつね)しないと無理。
生活保護の基準引き上げ?補助金打ち切る?
公務員・政治家の給料切る?消費税あげる?どうする?

投稿日時 - 2015-09-12 21:43:39

あなたにオススメの質問