こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

HDDからダビング、VRとは

初めまして閲覧ありがとうございます!

HDDに録画したものをDVDレコーダーにダビングしてさらにDVDディスクにダビングをしたいです。

取説を見ながらやったので
やり方は分かるのですか、
何故かとっても画質が悪いです
レコーダーからDVDディスクに
ダビングする際にVR(?)でしか
出来ません…。このVRというものが
低画質の原因でしょうか?汗

¥1000で20枚入りの安いディスクが原因でしょうか?泣

16倍速の高速録画に対応
と書いてあるのに再生しながらじゃないとダビング出来ません…。
因みに容量は4.7GB120min
と書いてあります。
機械が苦手な私に分かるように
解説していただけたら幸いです。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-10-06 23:32:54

QNo.9059861

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

DVDにはSD画質でしか記録出来ませんから、DVDレコーダーでは画質を落としてダビングするので、デジタル放送のHD画質の良さと見比べれば劣るのは仕方がありません
VR形式はデジタル放送のコピー制限に対応するための形式ですが、DVD-VIDEO形式もSD画質なので画質が劣るのは同じです(この形式でデジタル放送録画ダビングは無理ですが・・・)
DVD媒体の価格には無関係であり、DVDの仕様でSD画質での記録と決まっているのです
ダビング時に画質変更を伴う場合は再生しながらのダビングになるでしょうから時間がかかるのも避けられないでしょう(最初からレコーダーにVR形式で録画してあれば高速ダビング可能でしょうけど・・・)
高画質のままでダビング保存したければHD画質でダビング可能なブルーレイレコーダーに買い換えてブルーレイへ保存することです
ブルーレイへのダビングなら画質変更も不要でしょうからダビング時間も高速でしょう
なおブルーレイレコーダーの場合はDVDにHD画質で記録するAVCREC形式に対応しているものもあります(ただし高画質なぶん1枚に記録可能な時間は短くなります)

投稿日時 - 2015-10-07 13:19:01

「デジタル放送を画質劣化無くブランクディスクメディアにコピーしたい」のであれば、「記録出来る最大容量の限界と映像フォーマットのクオリティからDVDは最適とは言えない」でしょう。

「DVDに次ぐ『光ディスクの上位規格』であるブルーレイ」の方がお勧めですよ・・・。

「経費的にはDVDより若干嵩張る」けれど。

「いつ頃に購入されたものなのか」や「メーカー及び機種の型番も不明」ですが、「もの」によっては「買い替え」をお勧めしますよ・・・。

また、失礼ながら「分からない人に物事を分かり易く教えるというのにも限度はあるもの」なのですからそこは質問者様も「ご自分の苦手意識と向き合い理解しようとする努力」をして頂きたいものです。

投稿日時 - 2015-10-07 09:40:09

No.2です。
VHSからのダビングと勘違いしてましたので、一部訂正します。
画質や16倍速に関しては、先ほどの説明のとおりです。
で、レコーダーからDVDディスクへのダビングに関してですが、HDDに録画したデータはDRと言うデータの管理規格で保存されており、これレコーダーのHDDに移した時点でもDR規格のままです。
しかし、DVDに記録するには、VR規格に変換する必要がありますので、この変換の動作が一度再生の回路を経由させないと出来ない為、再生しながらしかダビングできないのです。

投稿日時 - 2015-10-07 00:47:43

メディアの値段は、画質殆ど影響しません。
画質に影響するのは、録画モードで高画質になる程、1枚のメディアに記録できる時間が短くなります。
次に、VRと言うのはアナログビデオからデジタルデータに変換した際のデータの管理規格です。
で、このVRで録画する場合の画質モードは、画質の良い方から、XP→SP→LP→EPと言うモードがあります。
XPは、S-VHSの標準よりも少し劣るレベル画質で、4.7GBのメディアには1時間分記録できます。
SPは、VHSの標準と同等レベルの画質で、4.7GBのメディアには2時間分記録できます。
LPは、VHSの3倍モードよりも少し良いレベルの画質で、4.7GBのメディアには4時間分記録できます。
EPは、機種によって使用が異なりますが、LPよりも低画質で長い時間録画できます。

16倍倍速と言うのは、デジタルデータ化された後のデータをDVD-Rメディアに書き込みできる最高速の事で、アナログビデオからデジタルデータに変換する際の速度ではありません。
アナログビデオからデジタルデータに変換は、アナログデータが磁気記録されている都合上、通常の再生速度で無ければ変色や音質の劣化が著しいので、等速でしか出来ません。

投稿日時 - 2015-10-07 00:38:10

ANo.1

>何故かとっても画質が悪いです

それは無理やり長い分数をディスクに入れようとしているからです

HDDに録画したものってTV番組ですか?

今の地デジ放送はコピーガードが入って配信されているので、レコーダーからDVDディスクにコピーする際はVRモードというモードでディスクに書き込みしなければ作成できません
また、この時に使うディスクはCPRMというコピーガードデータが書き込めるディスク(録画用とされている)を使用する必要があります

実際にディスク化は出来ているようなので、このあたりはクリアしているでしょう

地デジ放送のデータってデータサイズが大きいのです
DVDディスクだと30分程度のデータしか入らないのです

ただレコーダーはデータを圧縮させて30分以上のデータでも書き込みはする事が出来ます
この圧縮作業は元データを間引きしてデータ容量を少なくする事で実現させるので、ponponpopontaさんがディスクに書き込むデータを30分以上の分数のデータ指定すればするほどデータは荒くなってしまうという事です

きれいな画像のまま書き込みしたいなら、DVDでは約30分が限界だと思ってもらえれば良いです

ちなみに地デジなどのデジタルコピーガードされたデータは孫コピーが出来ません
レコーダー(親)からディスク(子)は作成出来ますが、ディスクからさらにコピーして孫になるディスクは作成できないって事です

複数枚必用なら、レコーダーからその枚数ディスク作る必要があります(ただし複数枚数には制限があってコピーが出来るのは最大で9枚までです)

投稿日時 - 2015-10-07 00:08:37

あなたにオススメの質問