こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

欽明天皇を祭神とする神社について

私の住む横浜市の西の外れ(藤沢市との境界近くに)俣野神社という神社があります。
本殿のほか鐘楼(但し、鐘はない)がある奇妙な神社で、かつて明治以前は欽明天王社と呼ばれていたとのこと。
そこで、以下のことを教えて下さい。
1.欽明天皇を祭神とする神社が、全国どのへんにあるのか?どの地方に集中しているのか?
2.その神社の名称には、どんなものがありますか?
3.ご利益としてはどんなものがありますか?

投稿日時 - 2015-10-30 19:11:34

QNo.9072329

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

1.欽明天皇を祭神とする神社が、全国どのへんにあるのか?どの地方に集中しているのか?
現在大阪四天王寺にある大江神社以外は寡聞にして知りません。
大江神社の祭神の一柱とされる欽明天皇も、元は上之宮神社と呼ばれる、四天王寺の鎮守社の一つの神社の御祭神でした。(四天王七宮)
四天王寺の七つの鎮守社を整理統合する際に大江神社に合祀されたものです。
上之宮神社は現在は跡地に記念碑が建っているだけです。
元々天皇を祀る神社は「~宮」と宮がつきました。
明治神宮が明治神社ではなく神宮なのはこのためです。

蛇足
保野神社という社名も保野にある神社という意味かと思います。
「明治以前は欽明天王社と呼ばれていたとのこと」とありますが、
本来天王社といいますのは、牛頭天王を祀った神社ですので天王が天皇の変換間違いでなければ、四天王七宮との関連が推定されます。
保野神社につきましては、鯖神社と呼ばれていたことがあるという伝承もあるようです。
鯖神社は鎌倉周辺に多くサバも魚の鯖ではなく官位の「佐馬」であったのではないのかと言われています。
神社の名称や呼称は歴史的によく変わります。
現在の社名だけを頼りに御祭神を探すのは相当に面倒でしょう。

>本殿のほか鐘楼(但し、鐘はない)がある奇妙な神社で、
さほど奇妙な光景ではありません。
明治になる前までは、お寺と神社は同じ敷地内にあるか隣接しているのがごく普通でした。
明治政府の神仏分離令で無理やり分けらた際に鐘楼が神社の敷地内に残ってしまったのでしょう。
鐘はヒョットするとお寺側が持っていき、そのお寺さんが今はもう無いのかもしれません。
意外に近くのお寺さんが持っているかもしれません。
ただ第二次世界大戦の時に拠出されてしまっているかもしれません。
山門が神社の境内に残り、なかの仁王さまだけお寺に引き取られたというところもあります。

回答になっていなくて失礼しました。

投稿日時 - 2015-11-01 14:02:03

お礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。
天皇が祭神の神社は「~宮」という名がつくのですね。

投稿日時 - 2015-11-08 19:57:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

okosama-lunch さん、こんばんは。

大阪の大江神社というのがあります。ご利益はほかの祭神を見る限り、五穀豊穣、勝負事などでしょうか?
詳細は下記のURLを参照ください。
大江神社
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B1%9F%E7%A5%9E%E7%A4%BE_(%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82)

投稿日時 - 2015-10-30 22:15:20

お礼

ありがとうございました。
やはり、欽明天皇を祭神とする神社はあまり聞かないのですね。

投稿日時 - 2015-11-08 20:01:01

あなたにオススメの質問