こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自転車のパンクの修理

市販の自転車のパンク修理ツールを使って、パンク(3mmほどの裂傷)を修理したのですが、1日ほどで空気が抜けてしまいます。(目視ですが、外側のタイヤ自体に目立った傷はありません)
修理のコツや簡単にタイヤのパンクを修理できる方法をご存知でしたら教えていただけませんでしょうか。
自転車はマウンテンバイクで、米式バルブのタイヤチューブを使用しています。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2015-11-04 08:41:01

QNo.9074715

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは^^
修理といってもちゃんと出来たとは見た目では分からないものです。
あと修理対象として3mmの傷は大きすぎですね。3mmの傷を覆いその圧を耐えるのには、結構大きい修理材を貼らなければなりませんし当然大きくなればRも付いて剥がれやすくなります。又、その部分だけ厚みが増しますのでチューブが異系になり他の場所がパンクしやすい状況になります。今回は直すのではなく。タイヤの内側をよく注意し異物を取り除いた後にチューブ交換をお勧めします。又、交換する際チューブ、及びタイヤの内側にベビーパウダー(シッカロール)をはたくと滑るがよくタイヤとチューブの摩擦も少しは和らぎますよ(ずっと継続はしません、少しの間ですが)。
さて、修理のコツですが・・・
1 )空気の抜けている所を1か所と思わず全て見て見つけ出す事。(この際、クイックリリースではなく、タイヤが外せない状態でする場合、むやみにチューブを引きずり回さない事、特にリア。引きずり回す事により違う場所に切れが生じるため)
2 )パンクの箇所はペーパーなどで必ず平らにしパッチ補修材の大きさまでペーパーを当てて下さい(密着をよくする為)
3 )接着剤を付け、乾くまで急いでパッチ補修材を貼らない。
4 )パッチを貼り上から、ローラーでしごくか、木ハンマーなどで叩く。
5 )ベビーパウダーをタイヤ及びチューブに塗布し、少し空気を入れた状態で、ねじれない様にタイヤにチューブを収め、エアバルブの反対側よりタイヤをリムに収めて行きます。タイヤがリムに収まったら、1/3ほど空気を入れタイヤ全体を手で揉むようにほぐして、ちゃんとタイヤがリムにまんべんなく収まった事を確認して適正空気圧を入れて終了となります。
基本、ロードやクロス、MTB、BMXなどは特機な自転車なので修理よりチューブ交換をお勧めします。
ざっと、書いたので誤字脱字及び抜けている所もあろうかと思いますが・・
お役に立てればと書かせて頂きました。では、よい自転車ライフを^^失礼します。ペコリ(o_ _)o))

投稿日時 - 2015-11-04 10:38:22

お礼

ありがとうございます。とても参考になりました。

投稿日時 - 2015-11-04 11:52:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

自称パンク修理のプロです。目視だけでは駄目です。霧吹きに洗剤入れてタイヤに吹きかけましょう。

投稿日時 - 2015-11-04 10:55:33

お礼

霧吹きという方法もあるんですね、ありがとうございました

投稿日時 - 2015-11-04 11:49:02

ANo.7

タイヤの状態はどうだったでしょう?

3mmもの長い亀裂が入っていたとすると、すでにチューブ全体が劣化していて、いろんな場所にヒビが入っている可能性がありますので、修理はイタチごっこになります。
米式バルブでも、チューブの値段はそんなに極端に高くなるわけではありませんので、交換してしまった方が安上がりになります。

その他、チューブ交換での注意点は、
・バルブの空気漏れ
・タイヤの劣化具合
・組み込み時の噛み込み(タイヤをリムに入れる時にタイヤレバーなどを引っ掛けて噛んでチューブを破る人が結構います。)
そして、見落としている人が多いのは
・タイヤの内側の掃除
です。
タイヤの内側の砂などの影響で、パンクを誘発するので、ここの砂は綺麗に取り去るのがサパンクを防ぐ予防法の一つです。

投稿日時 - 2015-11-04 10:49:33

お礼

タイヤの内側の砂はきれいに掃除していませんでした。ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-11-04 11:48:31

どの様な修理方法を行ったのかが書いてないのでなんとも言えないのですが
とりあえず、パンク修理の一通りを書いておきます

1.パンク箇所の特定

チューブに空気を入れて、パンク箇所を特定します
バケツに水を入れてやるとモアベター

2.パンク箇所にヤスリ掛け

チューブは製造工程で型から抜けやすい様に
離型剤が塗られており、これが残っていると
パッチが上手く付きませんので、ヤスリで擦って
離型剤を落とします

3.ゴムのりを塗る

パンク箇所にパッチよりやや大きめの範囲に
ゴムのりを塗り、乾燥するまで約2~3分放置しておきます
(指で触ってベタ付く状態ならOK)

4.パッチを貼る

パンク箇所にパッチを貼り付け
数分間放置した後に、フィルムを剥がします
これがしっかりとくっ付かないと、空気漏れを起しますので
指でしっかりと押し付けます(ハンマーなんかで叩くのがより良いのですが…)

大体こんな感じですね

あと、大切なのはパンクをした箇所の事
チューブの内側なら、リム打ちパンク(通称スネークバイト)で
内側に二箇所、亀裂状の穴が開いている場合が殆どで、この場合特に問題は無いのですが
チューブの外側だと、異物が刺さってのパンクの可能性があり
異物(釘やら針金やら)がタイヤに刺さったまま残って居る可能性が有る為
タイヤ内部をくまなく調べ、異物が刺さってないか確認し
刺さっていたら除去します

投稿日時 - 2015-11-04 10:20:30

お礼

ヤスリ掛けには、そんな意味があったのですね・・・甘く見ていたかもしれません。アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-04 11:46:59

ANo.4

空気入れてからタイヤを水の中にいれますよ
風呂の中広いのでそこでも良いですよ
あぶくでてきますから場所が特定できます
空気入れる箇所というのは定期的に金属に
かぶせてあるゴム交換する必要ありますよ。

投稿日時 - 2015-11-04 09:15:33

お礼

アドバイスありがとうございました

投稿日時 - 2015-11-04 11:45:22

ANo.3

私も自転車のパンク修理は自分でやります。
3mmの亀裂があるとゆうことは、かなり古くてゴムが劣化しているのじゃないでしょうか?
そうだとすれば、1ヶ所ではなく、何ヵ所か穴が明いていると考えられますからチューブを交換した方が良いと思われます。
水を使ってパンク箇所の確認はしましたよね?
数ヶ所から泡が出なかったですか?
タイヤ一周すべてを見てくださいね?
バルブの虫ゴムは大丈夫ですか?
バルブが古いと虫ゴムから空気がもれます。

投稿日時 - 2015-11-04 09:04:34

お礼

そうですね、数か所の可能性もありますね・・・数か所なら交換が早そうです。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-04 11:45:04

ANo.2

パンク修理をして、綺麗に治っているか、空気を入れ、水に入れて確認をしましたか。
チューブをはめるときに、金属部分と、タイヤに、チューブが挟まっていないでしょうか、。
タイヤに、小さな金属が、刺さったママになっていませんか、手で内側一周を触って確認しましょう。

投稿日時 - 2015-11-04 09:02:55

お礼

なるほど、、、手で確認するのですね ありがとうございました

投稿日時 - 2015-11-04 11:44:17

ANo.1

先ずは、どこから漏れているか確認しないとどうしようもありません。
その修理箇所がちゃんと修理出来ていないのか、それとも他の場所にも空気が漏れる問題があるのかとかです。他にも虫ゴムの可能性もあります。
なので、どこから漏れているか確認し、そこから漏れないようにする修理をするということしかありませんので。チューブが古くて、修理しても他からどんどん漏れるようであれば、この機会にチューブを新しくするという選択肢もありますよ(漏れている場所が分らない場合も含め)。

投稿日時 - 2015-11-04 08:51:44

お礼

アドバイスありがとうございました

投稿日時 - 2015-11-04 11:43:25

あなたにオススメの質問