こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

blogを見て落ち込んでいます

たまに昔に付き合った人のHPをつい見てしまっては落ち込んでしまいます。
しかもblog主は共同で仕事する奥様なのに。
会社はお洒落なほんわかしてるイメージで、私の好きな部類の事ですし、嫌になったのに、情を残したままだからいつまでも気になるんだと思います。

私は今は不安定で仕事は派遣しか選べず、希望勤務条件も狭めなきゃいけないためにあまり選択肢がなく、今はピッキング等の誰でも可能な仕事です。
離婚して子供がいますがひとりは軽い障害持ちなので将来が皆目検討つかない状態です。
子供がいるから良しと思いたいですが、人生全般が幸せじゃない私とその人の今を見比べて落ち込んでしまいました。
見るなと言われても、どうしてか気になるし同じように不運なら安心したいのかも知れませんが、まさかblogでは幸せ感満載で、ただ凹むために見ているようなツールです。

叱咤でも良いので、どうしたら落ち込みから救われますか?

投稿日時 - 2015-11-16 00:04:20

QNo.9080992

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

『気にしない = Blogを見るのをやめる』のが一番ですが、どうしても見たくなるのなら、Blogの記事は実生活ではあっても、ドラマの様に演出されているということを念頭にご覧になると、凹まずに見ることができると思いますよ。

ソーシャル上のコミュニケーションにおける感情で「SNS疲れ」という言葉があります。他人のBlogを見たり、友人のFacebookを見て「いいね」をするのも疲れるし、「いいね」をしてもらうためのネタ探しに書き手も疲れる、気遣いながら記事をアップするのも、記事を見る側もいい加減疲れてくる…という意味です。

Facebookよりも以前からあるBlogでも顕著です。よほどのドMでも無い限り、皆、できるだけ良いことを書きたいし、良いイメージを持ってもらいたいと思っています。

これらは、日本に限らず海外でも顕著で、Facebookを長時間閲覧する人は、自分と比較して落ち込む傾向が見られるという米国での研究結果が報告されています。

■ Facebook use linked to depressive symptoms
http://www.sciencedaily.com/releases/2015/04/150406144600.htm

上記は英文ですが、サマリーがITMedia ↓ に掲載されていました。

■ Facebookで自分と他人を比べてばかりいると不幸に──米研究(IT Media)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1504/07/news077.html

Facebookでも、Blogでも、自分の生活の中の地味な部分は記事にせず、良いシーンばかりを記事にする人ばかりなのです。その人たちの投稿を見ると、華やかで充実しているように見えて(それはハイライトシーンばかりなので当然)、それに比べて自分はなんて平凡なのだろう…と落ち込んでしまう人はとても多くいます。あなたばかりではありません。

そして、BlogでもFacebookでも、やたらとマメに記事をアップする人は、そもそも"かまってちゃん"で、寂しい人たちなのです。

有意義なBlogもありますが、大半は、「こんなものを食べた」「熱が出た」「こんなセミナーに出てとても有意義だった」「久しぶりにランニングをして気分が良かった」「友だちファミリーとどこどこに遊びに行って皆楽しかった」みたいなものです。ハリウッドのセレブでもない限り、狭い日本で誰がどこに行って何をしようが、何に感銘を受けようが、何を思おうが、気にしなければ本当にどうでもいいことばかりですよ 笑。

特に、Blog主が奥さまなら、より内容が良く見えるように、何事も上手く行っているように見えるような投稿をしていると思います。男性が経営者なら、夫婦で経営者としての苦労が必ずあるはずですが、落ち込んでいたり、失敗している場面を皆に見せるような記事はこれからもわざわざ投稿はしないでしょう。

あなたは、今は不安定で希望通りに事が運ばず、気持ちも前向きになることが難しいのかもしれませんが、世の中には願ってもお子さんに恵まれず、職も見つからない方も、身内の介護で働くことすらできない方もたくさんいます。

一人のお子さんが少し障害をお持ちだとのことですが、兄弟がいれば、子供たちも助け合って支えあって成長することでしょう。今は大変だと感じる気持ちや、環境も、お子さんの成長と共にきっと変化します。かわいいお子さんの為にも、明るく前向きで素敵なママでいてあげてください。

それと、できればもうBlogは見ない方がいいですよ。見るならドラマだと思って。頑張ってくださいね。

投稿日時 - 2015-11-16 18:07:38

お礼

自分もブログを付けていた時は、良い角度から写真を撮って見たり、生活を上げて書き込んでいました。

そういう人が多い事も知っていたのに、つい考えてしまいました。

作り上げられたものだと思って気にしないようにします。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-23 00:14:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

貴方は今落ち込んでいる。
でも、
誰も貴方を「落ち込ませよう」とはしていない。
貴方の元交際相手も含めてね?
その現実に貴方は、
もっと丁寧に向き合ってみる事。
大切なお子さんの為にも。
誰も貴方を追い込んではいない。
今の貴方も、
貴方自身が「選んで」いる自分。
本当に貴方が書いている通りなんだよ。
昔の交際相手(のブログ)
その時点で、
単なる第三者的な立ち位置では覗いていない。
一度は関わった特別な相手(しかも情がまだある)
そんな視点が、
貴方のブログ覗きの際には登場している。
という事は、
もしかしたらそのブログの向こう側に見える世界、
とても幸せそうで、華やかで充実感溢れている、
そこに今も私が関わっている可能性もあったんだ。
貴方がブログを覗き見る時のスタンスって、
実は今の自分との無意識の「置き換え」なんだよ。
あそこに(相手の横に)自分が居たかもしれない。
私のあの幸せの一端を担っていたかもしれない。
そう思ってしまう分、
ブログの中の景色を見ると凹んでしまう。
今の貴方は、
置き換えられるなら全部置き換えたい位でしょ?
⇒人生全般不調。
今の私の現実よりも、
置き換えたいもの(キラキラしているもの)がある。
そう感じられると、凄く羨ましくなる。
もし別れずにいたら
私もそこに含まれていたかもしれないんだ・・・
そう思うと、
ただの人様の幸せとしてはやり過ごせない。
ブログの中に入り込みたくなるんだよ。
元交際相手として、
自分がブログの向こう側にいた可能性。
それを1パーセントでも想像出来てしまう分、
貴方にはその人の幸せが「キツい」んだよ。
他人事のようで、他人事に出来ないから。
そして、
覗いた後にいつも感じる事。
⇒それに対して今の私は・・・
人生全般が幸せじゃない。
比較級で捉えやすくなってしまう。
どうしたらいいか?
貴方はもう少しブログ覗きをし続ける筈。
その体力があるうちはやっぱり止めれらない。
でもね、
覗けば覗くほどきつくなるんだよ。
覗けば覗くほど、
覗き終わった後の世界(今)の空気が薄く感じる。
その状態って長くは続かないし、続けられない。
見るなと言われても見てしまううちは見れば良い。
でも、
それも出来なくなる位凹んだ時・・・
貴方はようやく覗く事を止めようと思える。
その行動(作業)に何一つプラスが無いから。
今の自分がしている事(しなければいけない事)
それを虚しく感じさせるだけだから。
いずれ貴方はその悪習を絶てるよ。
絶つまでは、
貴方は怖いもの見たさで、
現実逃避と目線からもやっぱり見てしまう。
それはもう誰にも止められない。
貴方がそれを選んでしまっているから。
ゆっくりと深呼吸を。
貴方には貴方の人生設計(全般)がある。
誰か(人様)のように生きるのが貴方の目的では無い。
貴方は貴方の場所で、
貴方なり出来る事をしていく(そして増やしていく)
貴方はどういう自分を良いなと思えるのか?
急に自分じゃない自分にはなれない。
あくまで今の自分という足元から、
貴方はどういう自分を思い描いていくのか?
それは貴方次第。
貴方の元交際相手は、
貴方無しでとても幸せにやっている。
これからも幸せになっていく。
貴方がブログを覗いても、覗かなくても関係無く。
⇒私も私の場所で、私なりに幸せになろう。
貴方はいつか、
ブログ覗きの最後にそんな心の蓋をする事。
改めて、
これからの貴方自身を大切にね☆

投稿日時 - 2015-11-17 20:54:50

お礼

やっぱり見てしまいたくなるのでしょうか?

気になってしまうのなら、間を置いてみてしまう可能性はありますね。
もしかすると、今の自分よりももっと頑張った自分がいればそのようなブログを見ようとする気にもならないと思います。
見なくても平気になるくらいに自分が成長できると良いのかもしれません。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-23 00:19:32

ANo.7

叱責とも違いますが、私から見るとユニークな人です。もしかすると自覚はなくとも、落ち込んでみたい時だったりしませんか?ただ落ち込みたくないだけだったら、その原因になるようなものをわざわざ見に行かなきゃいいだけなのに、あえてするんだから、ある意味好きでやってるんでしょう。

それを深読みすると、今私が不安定で、あれもこれも思うようにならないのは、あの人達のせいなのよ!という事にしたいんじゃないでしょうか。原因が「あの人たちのせい」なら、自分、現実に向き合って、現実的な努力をしても無駄だからしなくていいって事になりますよね。

投稿日時 - 2015-11-17 15:13:37

お礼

おっしゃるとおりに落ち込んだ時に、更に落ち込む行為をしてしまうほうだと思います。
そして落ち込むとどん底のような気がしています。
好きでそうしているのかもしれません。
でも、くだらないのでやめるべきですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-23 00:16:31

ANo.6

そもそもブログにはみんな好き勝手に良いことだけかけます。馬鹿みたいに鵜呑みしないように。子供がいるならよけい頑張りましょう。派遣しかないなら就職できるようになんで手に職とるなり、その派遣から正社員になるなりなんで這い上がらないのですか?そんなに悩む暇、そんなの見てる暇があるなら何かしらするべきです。私は子連れで再婚、彼の国に来ました。アラフォーです。別に生活には旦那任せでいたくないので毎日学校に通って仕事できるように勉強してますよ。家事をやって学校に通い家で課題をやり遂げ休んでる暇なんてありません。週末も勉強してますよ。もちろん子どもたちも。ど~にもならないことに病んでも無駄です。そんなこと悩むより今後のより良い生活の為に悩みましょう

投稿日時 - 2015-11-16 20:35:29

お礼

くだらないことに時間を使うのはやめるようにします。
これからは自分の先の事を考えて、過去は捨てます。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-23 00:15:11

ANo.4

見ないようにがんばってみましょう。
ブックマークからも削除しましょう。
他人を羨んでも自分が惨めになるだけですよ。
よいことは何も生まれない行動を繰り返してるだけになってしまいます。

投稿日時 - 2015-11-16 18:00:08

お礼

ブックマークはつけておらず、今回も見たのが数か月ぶりでした。
普段は意識的に見ないようにしていましたが、ちょっと見てしまいました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-23 00:12:56

ANo.3

そのblogをみるよりは、本の1冊でも読んだ方が質問者さまの未来のためになると思います。

投稿日時 - 2015-11-16 16:48:58

お礼

 本から知識を得たいと思います。
 無駄な時間を使わないようにします。

 ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-11-23 00:12:13

>叱咤でも良いので、どうしたら落ち込みから救われますか?

 そんなblogを見てはいけません。
 ほかのことに時間を使ってください。

投稿日時 - 2015-11-16 16:24:17

お礼

 そうします。
 他の大事な事に時間と使う事にしたいです。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-23 00:11:51

ANo.1

こんにちは

生活環境の違う人と自分を見比べても仕方ないと思います。

あなただってお子様に恵まれない人から見れば羨ましいのです。
どんな環境だってそう思うはずです。

今、あなたが思う事は「嫉妬」だけです。
嫉妬からは何も生まれません。

あなたが羨ましと思うのなら
少しでも同じ環境になれるように努力しては
如何でしょうか?

人を恨んだり、妬んだりしても
幸せにはなれないと思います。

あ~彼と結婚していたら私だって
と思うのかも知れませんが、それは過去の事です。

それにBlogに不幸自慢を上げる人なんてほんの少しで
大抵は自慢ばかりです。

凹むためにみるのではなく
目標としてみたら如何でしょうか?

私だったらもう少しこうするのにとか
そういった発想でもいいと思います。

お子様だって頼れるのはあなただけで
そんなお子様に頼られるって、
頼ってもらえる存在がいるって、
独りぼっちじゃないんだから、
こんなに幸せなことはないと思います。

見たければ見たほうがいいです。
それを我慢しても同じことの繰り返しです。

でも、見るほどに落ち込むところから
奮起するところへシフトしていければ
それはあなたの糧になるはずです。

他人を羨む前にまず自分の事からです。

愛おしいお子様を大切になさってくださいね。

投稿日時 - 2015-11-16 00:45:56

お礼

嘘が書いてあるんだと思うようにします。
あれからは見ていません。
そして、この時は数か月ぶりに見てしまったので落ち込んでしまいました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-23 00:11:25

あなたにオススメの質問