こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どうしてアメリカと中国は戦争をしないのか?

中国みたいな後進国が、今やアジアどころか全世界の経済のキーマンとなっている。中国なくして現在世界の経済と戦争は語れないのだ。

第二次大戦における戦争責任は、ヒトラー一人が背負って死んだ。それで大戦の問題は消え去ってしまったのだ。物資とぼしきアジアにおいて、痩せ細った日本人が、肥満人欧米連中の宣戦布告を受けて立ったのも、これひとえに近隣の安定のためである。それをふまえず中国人は、たいそう偉そうな態度で高級外車を乗り回している。

第二次大戦のときのように、どうしてアメリカは強い姿勢でのぞまないのか?アツアゲをツマミに深夜まで焼酎を飲み続ける私に、誰か教えてください。
https://www.youtube.com/watch?v=YwcgBVQ3rb0

投稿日時 - 2015-11-21 02:12:54

QNo.9083626

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

"第二次大戦のときのように、どうしてアメリカは強い姿勢でのぞまないのか"
      ↑
あのときの米国は、1930年から続く大恐慌で
苦しんでいました。

GDPは1/2に、株価は1/10に落ち、国民の1/4が
失業し、あちこちで暴動が発生していました。
ルーズベルトは、ニューデールなどの政策を打ちましたが効果は
はっきりしません。
それでどうしても戦争をやる必要があったのです。
戦争は最大の公共事業ですから。その証拠に戦後、米国
経済は見事な復活を遂げています。

現代の米国経済は好調です。
無理して戦争をやる必要性に乏しいのです。

それになにより、中国は核武装国家です。
米国は核武装国家相手にケンカしたことはありません。

まして、中国は人命など屁とも思っていない国です。
毛沢東曰く。
中国には10億の民がいる。5億死んでも5億は残る。
鄧小平も天安門事件で、こう発言しました。
百万ぐらいなら殺してもいい。

わずか数百、数千の人間が死んだだけで大騒ぎして
戦争が出来なくなる米国とは考え方が違います。
こんな国と戦争など、簡単にできるはずがありません。

米国がやるとすれば、危機的な不況が続き、かつ
米国領土が侵略を受けた時でしょう。

投稿日時 - 2015-11-21 07:33:25

お礼

中国軍が最強って感じですねえ。分かる気がしますが・・・
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-22 23:16:06

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.9

isis、中国、ロシアで米国を牽制してるからでしょう。
開戦宣言してないだけでもう始まってると思いますよ。

このまま中国が内部崩壊して開戦しなければ良いのですがね。
今回のロシアの軍の空爆など米国に喧嘩売ってるようなものですから
慎重に判断しなければならない状況なのでしょう。

投稿日時 - 2015-11-21 16:03:54

お礼

冷戦状態なんでしょうか。気ぃ使ってるように見えるのですが・・・
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-22 22:47:51

ANo.7

>中国なくして現在世界の経済と戦争は語れないのだ。

とうしょうへい、激怒してますね、
あの3代目こっか主席の暴走ぶりに。

投稿日時 - 2015-11-21 15:22:18

お礼

何が起こるやら、日本にプラスになるようであれば良いのですが・・・
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-22 22:58:50

ANo.6

中国みたいな後進国が、今やアジアどころか全世界の経済のキーマンとなっている。
 ↑
統計では、中国はGDPで日本を抜いて世界2位となっていますが、これはマユツバものです。そのいい例が鬼城です。これなんかは、地方政府がノルマ達成のために無理やりに作ったもので、誰も入らないビルなんか資本主義国では倒産しなければならないものがあるのです。
そう、爆買いもなぜするのか?これも自分の国の製品なんて信じられないから、日本で思い切り買い物をしているのです。

第二次大戦のときのように、どうしてアメリカは強い姿勢でのぞまないのか?
 ↑
貴方は、アメリカが日本を、ハルノート等で締め上げて太平洋戦争に持ち込んだことを言っておられるのですか?
実はあの時とは時代が変わっています。米ソの冷戦でも熱い戦争になりませんでした。これは核兵器があったからです。「核兵器で平和が保たれた」なんて日本人では信じられないことかも知れませんが事実なのです。これは、核の抑止力と言われるものです。確かに、敵に水爆を発射して相手を亡ぼすことができても、報復されると自国も滅びてしまう。双方ともこのことを知っていたからこそ、熱い戦争になりませんでした。
但し、冷戦も戦争(それも全面戦争)です。熱い戦争はドンパチやりあうのに対し、冷戦は、剣の試合で言う音無しの構えでにらみ合いをしている状態なのです。こうなれば体力(それも持久的な体力)のある方が勝ちます。事実、ソ連は一発も放つことなく亡びました。これは、剣の試合で言うならば、スキを見せたから襲いかかろうとすれば、心臓発作で死んでしまった、という状態なのです。
では、アメリカの対中国の戦略ですが、中国も核兵器を持っています。戦闘力は旧ソ連やロシアには及びませんが、核保有しているがゆえに、冷戦で勝利することを考えています。熱い戦争は、対中国ではコストがかかりすぎます。
中国の経済は前述のように話のならない状態です。しかも偏ったバブル経済なので、崩壊時のダメージが大きい状態です。アメリカはこれを待っているのです。
ちなみに日本としての対策は何かを言いますと、西側諸国の一員として、このアメリカの戦略に協力することです。そのためには、安倍内閣の安保法案は、中国の暴発を阻止するためにも必要なのです。僕は、安保法案に反対する人は、日本がどうなってもいい、と考えていると思います。

貴方は、僕の考えをどう思いますか?

投稿日時 - 2015-11-21 13:09:42

お礼

分かりやすくて、良い文章だと思います。戦争に巻き込まれないためには、大国にくっ付いているだけではなく、核を持つ必要があるのですね・・・
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-22 23:07:49

ANo.5

中国はアメリカ国債を150兆円買っています。外貨保有の半分です。アメリカはそれくらい経済を中国に依存しています。中国がアメリカに敵対行為をした場合、アメリカは中国保有のアメリカ国債を紙切れに出来ます。つまり壮大な借金踏み倒しです。中国経済は破綻します。だからアメリカに手を出せません。同じことはアメリカにも言えます。中国にさんざん投資をしているので、うっかり攻めたりすれば全部パーになります。中国はそれをよく知っています。お互い人質を取り合って、表向きの睨み合いをしているのです。狡猾です。それが分からないお人好しの日本人には真似が出来ません。

投稿日時 - 2015-11-21 12:13:36

お礼

戦争はできない、それが前提ですから、何か騒ぎがあるたびに損をするのは、日本みたいな立場の国なのでしょう・・・
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-22 23:13:01

ANo.3

儲からないから。

戦争した方が得か、中国に物を売って儲けた方が得か、車とか牛肉とか売った方が得だからじゃない。

汚染が進んでそうな中国の領土をアメリカが欲しがってるとは思えない。中国国内でアラブを越えるような油田が見つかったら、チベット問題あたりを持ち出して進行するんでしょうけど。

投稿日時 - 2015-11-21 07:28:14

お礼

中国から油が出てきたら、さらに強くなるだけでしょう。日本の立場はありません・・・
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-22 23:18:27

ANo.2

世界大戦がお望みなら
シリアでやってるよ

ロシアは来たけど
中国は来ないのかな

投稿日時 - 2015-11-21 04:38:00

お礼

金持ちケンカせず、の典型なのでしょう・・・
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-22 23:20:35

ANo.1

質問者様が何を望んでいるのか理解できませんが、中国はアメリカの株を買い占めていると言う噂を聞いたことがあります。それが本当なら中国を馬鹿にできないはずです。

投稿日時 - 2015-11-21 04:16:09

お礼

今や馬鹿にする国はないでしょうね・・・
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-11-22 23:24:19

あなたにオススメの質問