こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

企業の会計処理の流れについて教えてください

企業の会計処理の流れについてです。

領収書などが送られてくるタイミングなど…




1/1-1/31の仕入のものの支払は、
翌月2/28が支払日となっていることを前提に。
2/1~取引先から請求書が送られてきます。
請求書の内容等を確認します。


振込払いと支払手形のものがあります。
両方のケースを教えてください!


Q1,支払手形は支払日に取引先が受取にくるのですか?
それとも支払日に間に合うように取引先へ郵送するのですか?

Q2,今回のこの支払の領収書はいつこちらの手元にくるのですか?2/28の支払日ですか?
手形の場合は3ヶ月後の満期日なのでしょうか??

Q3,領収書は郵送でこちらの手元に届くのでしょうか?

----------

★1,
あと、支払手形は、こちらで手形を作成しますよね?
その後の流れといいますか、当座から引き落とされる手続きみたいなのはいつ行っているのですか?
手形を作成した後、引落される銀行に手形をもって手続きをするのですか?

★2,
このような支払の処理などをされる方は、企業の幹部とかなのですか??
それは企業によって異なるとは思いますが、ほとんど、管理職等の方が行っているのですか?


すみません、会計処理の流れがいまいちわからず、どなたかわかる方いらっしゃいましたら、教えてくださると助かります。

投稿日時 - 2015-12-04 11:49:57

QNo.9090510

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

Q1:手形の受け渡しは受け取りにくるのが本来のルールですが、取引先によっては難しいので郵送とすることも多いです。多くの会社は、その際の送料を受取人に負担してもらいますので、書留か簡易書留で送付してその分の切手を返送してもらうか、最初に切手を貼った返信用封筒を送付してもらうようです。
Q2:領収書は基本的に手形引渡し時にもらいますが、郵送の場合は手形を送る前に領収書を送ってもらうか、手形郵送後に送ってもらうことになります。領収書の日付は手形振出日の2/28になります。
Q3:郵送か手渡しかは、事前に先方と取り決めることになりますが、手形を郵送するのであれば領収書も郵送になりますね。求めないと送られてこない場合もありますので、先方に通知するのが宜しいかと思います。
★1:手形発行後は、受取人が銀行に持ち込むことで、支払期日に当座預金から引き落とされます。
★2:会社によって管理方法は色々ですが、経理や財務担当者が作成し、決済者が届出印を押印する等工夫しないとリスクがありますね。

なお、振込払いの場合は領収書を省略するケースが多いようです。領収書が必要な場合は先方に発行を求めるのが宜しいかと思います。

投稿日時 - 2015-12-04 12:51:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

Q1、Q3 相手との取引慣習次第です。新たな取引先なら、どうするかを取り決めます。
Q2 手渡しならその場で、郵送の場合は受け取ったらすぐに領収書を送るよう一筆添えて送ります。要求されない限り領収書を作る義務はありませんから、催促しないともらえないこともあります。

★1 誰の立場の質問ですか?
振出人なら、手形を降り出したら手形帳に所定の事項を書き込み、手形期日前には当座預金の残高が不足していないかをチェックし、手形期日に当座預金から券面額が落ちたかどうかを確認します。
受取人なら期日前に銀行に持ち込んで割り引いてもらったり(割引料が差し引かれる)、裏書きして支払いにまわしたり、期日まで持っていて満額受け取ったりします。どう使うかは受け取った人(会社)次第です。
★2 会社の規模や組織体制によって違います。資金繰りと直結する事務なので、通常は資金繰りに口出しできる立場の経理部のベテランが手形担当として処理します。幹部とか管理職はそれを管理監督する立場ですから、自分で処理する立場ではありません。
手形は一種の契約書であり、厳格な制度により取り扱いが決められているものであって、ひとつ間違うと大損害が生じます。少なくとも、ここでこんな質問をするレベルの人が扱うものではありません。

投稿日時 - 2015-12-04 17:28:30

あなたにオススメの質問