こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

車で自転車と接触事故を起こしてしまいました。。。相手様への対応方法で困っています

先日人身事故をおこしてしまい、私(加害者)は車で被害者の方が自転車でして、私が駐車場から左側でる為に歩道に少し乗り上げたで状態で一時停止中に発信しようとブレーキを外したところ、車の前に自転車の方が走ってこられ、止まっていた車が動いたので驚かれブレーキをかけて車の前に停止=私の車も停止=接触という事故を起こしてしまいました。。。警察の現場検証など一通りの対応は致しました。
被害者の方には外傷等は無く病院での結果にも異常はなかったのですが日曜日の為診断書がでず、翌日再審査ととなり翌日も同席し再度診察を受け診断書をだして頂きました。
結果は骨/神経に以上はないものの<全治2週間の治療を要す>という診断書でした。今後のお話としては御夫婦ともに<親身に対応してくれるなら人身せず示談でもよい>という御提示を頂きました。
被害者の方はお子様を同乗機にのせていらっしゃってお子様を車道に落とすまいと倒れかかった自転車を左足でふんばり足のスジ等が痛んでおられ<シビレ>や<痛み>がある状況です。
120万円までは自賠責で保証されるとこのページをいろいろ見させていただき分かりましたが、奥様のパートの休業保証含めどこまで強制賠償保険で対応できるのでしょうか?保険屋さんに連絡を取り対応中でして今は<書類待ち>の状態です。※次の乗り換える車に任意保険を入れ替えた状態の為、事故車両は<強制賠償保険>しかない状態です。。。。事故の大小に関わらず私の責任ですので本当に出来かぎりの事はしようと誠意を持って現在も対応させていただいているつもりです。ですがやはり気になるのは<今後の金銭的な交渉>でして、心理的な賠償請求などがあった場合、今後のお支払いを考えて行動しなければいけない状況ですので、よいアドバイスを宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2004-06-29 17:48:27

QNo.909055

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

基本的にはその考え方は間違ってないと思います。
こういったことは当事者間での話し合いのみではなかなか決着がつかないことが多いようです。というのも加害者<被害者という力関係の構図が必要以上に出てくることが多いからです。やはり第三者を介しての交渉ということもいい方法です。

前に書いたことと重なりますが、交通事故の示談交渉ができるのは原則的に事故当事者のみでそれを代行できるのは以来を受けた弁護士のみとなっています。(保険会社は一部代行が可能です)
今回は弁護士ということなので心配はありませんが、第三者を間に入れる時は弁護士以外の場合は、助言を受けることや相手側との話の仲介役など限られたことしかできません。もちろん保険代理店もそうです。
これを踏まえたうえで事にあたるといいでしょう。

円満に解決できるといいですね。

投稿日時 - 2004-07-03 08:29:56

補足

ありがとうございます。出張で遅くなりました。
引き続きになってしまいますが、被害者の親族(と思います。前回のご訪問時より同席されていますが、失礼かと思い、まだどなた様かはお聞きしておりません。)より「このままの状況では話が長引くのでお互い大変だと思うので、まずはそちら(加害者である私です)の誠意はどれくらい思われているか教えて下さい」というお電話を頂きました。正直私もとまどっている状況で「まだ通院されていますし、どのような状況(病状)になるかわかならいですし、とりあえず治療費と休業保証の方でしか考えていませんでしたのでまだ急におっしゃられてもETC」とご解答しましたがとにかくこちらの誠意(金額)を提示を希望されているようなので「取急ぎ、このまま引き続き通院していただいて様子を見ていくのか、早急な示談で慰謝料等のお話をさせていただくのか御希望をもう一度ご検討いただきご連絡をお願いします」というような感じで電話をきらせていただいた状況です。
まだ事故発生から1週間しかたっていないので、このようなタイミングで慰謝料の話になっても良いのでしょうか?
一応数日後にお伺いするのですが、そのときから弁護士の方と御一緒したほうが良いでしょうか?ご意見をおきかせ下さい。。。。

投稿日時 - 2004-07-05 01:39:48

お礼

お礼が遅くなりました。細かなお話有り難うございます。
話が急展開してきております。。。。できればもう少し御教をお願い致します。

投稿日時 - 2004-07-05 01:58:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

今ひとつ保険の替わった状況が理解できません。
自動車新規購入+新規契約  旧車は保険契約満期とともに保険終了だがまだ利用していた ということですか?  ノンフリート等級を継承しないための手続きなんでしょうか? 旧契約満了後どれぐらいの期間がたっているのかわかりませんが、1ヶ月以内であれば(継続することを前提に)保険を使えることも考えられますが。

と、こちらはこれぐらいにして・・・

慰謝料というものについての考え方ですね。これは通院等の際の精神的苦痛に対して支払われるものです。補足に書かれてあることをそのまま理解すると、慰謝料の他に精神的苦痛に対する何かを請求されているように感じます。これでは同じものを二重に負担することになります。というのが原則ですが、実際は原則ばかりを主張していてもはじまりません。どうしても必要であれば保険から出る金額以外に少し負担することも視野に入れたほうがいいかもしれません。もちろん弁護士に依頼することも選択肢の一つではあると思います。当事者同士の話し合いというのはかなり難しいと思われます。誰かに間に入って話し合いをしてもらったほうがよりスムーズな処理が見込めるのではないでしょうか? ただひとつ注意が必要です。交通事故の示談交渉ができるのは当事者か依頼を受けた弁護士というのが原則です。間違った行動をとると余計話が難しくなるかもしれません。

投稿日時 - 2004-07-01 16:08:46

補足

いろいろと有り難うございます。。。助かります。
慰謝料に関しましては御指摘通り私的には理解はしているのですが、昨日ご自宅にした時に別の方(多分ご兄弟と思います)がおられて3人(旦那様/奥様/その方)で話し合いという感じになりまして、その時に前の補足に書きましたような話になり、「自賠責の場合は120万まで保証されます。後遺症障害の場合は……」と説明していると「通常は120万円かもしれないけど120万くらいで……」というような内容の話しを少しされていましたのでそれ以上の金額を思っていらっしゃるかも?と思いました。
あとは先ほどの補足文のような感じで自転車に同乗されていたお子様の<精神的苦痛>←いまも車を怖がっている<奥様の後遺症的な苦痛>←冬場になったり寒くなると関節が痛くなる<家庭の通常の生活ができない問題>←奥様が買い物にも行けないなど。。。というような話をいただきました。「最終的にはお金の話で最終的には決着をつけないと」というお話をいただいていますが、細かなお話はされないので、どう対応してよいか本当に分からない状況です。いまはただ誠心誠意おわびをしながら治療費のお支払い/各種書類の製作をするしかできません。。。。
多分示談時にごろには慰謝料の話になるかとは思いますので、それまでは誠心誠意、当事者の私のみでご対応していきます。
もし保険で支払われる以外の慰謝料を要求された場合は私個人で金額をきめるには不可能な状態でもありますのでその話が出た場合には「まず一度考える時間を下さい」というような感じで一度帰宅させてもらい、その後は弁護士の方と一緒に対応という形を取るのが良いのではと思っております。
このような感じではどう思われますか?他になにか良い例などがあれば御教授お願い致します。。。。

投稿日時 - 2004-07-01 22:01:01

ANo.5

勝手に再登場です。

#3のお礼に書かれているものは「人身事故届不能理由書」のことだと思われます。
それで大丈夫というアドバイスを受けたようですが、保険金支払いの対象になることはまだ決定ではありません。その届出を受理し保険金支払いの対象になるかどうかは、自賠責側の判断です。契約している保険会社ではありません。誰にアドバイスを貰ったのかわかりませんが、自賠責側の判断をアを具までは絶対ではありません。保険の対象にならないことも考えられます。ちょっと覚悟が必要ですよ。

投稿日時 - 2004-07-01 11:30:00

補足

何度も有り難うございます。
自賠責の事務所と連絡がとれ、相談しておりますが<不届出理由書>もしくは<人身事故届不能理由書>というので良いそうです。(あと物損事故の方の証明書)
一応御相談した結果は自賠責でのお支払いが可能だそうで、先に事故発生状況報告書と初めに診察した診断書(コピーでも可/今は地元の病因に通われています)を送付するようという指示をいただきました。
治療費は基本の10万円を越える度に保険会社へ請求もしくは治療院の方へ示談が終了するまで支払いをまってもらえるようならまとめてお支払いも可能だそうです。あと休業保証の方も月締での保険会社への請求もできるそうです。たしかに書類をおくっていないので確定ではないかも知れませんが、事故の状況的にはお支払いする事になりますというお話でしたので、少し安心しています。あとは<慰謝料>のほうが心配です。。。示談になるには時間がかかりそうですが、誠心誠意対応していきたいと思っています。
相談所とうにもいってみようと思っています。

投稿日時 - 2004-07-01 15:01:08

お礼

遅くなりました。ありがとうございます。
昨日の状況では先方の旦那様が<精神的苦痛>等も考慮に入れ。。。などお話をいただいていますので、通常の慰謝料の金額ではご納得いただけないような感じになっています。(まだ金額は計算できる状況ではありませんがくり返し協調されていらっしゃいますので、、、)保険より計算上でお支払いいただける金額よりもっとお支払いを希望されるような場合はどうしたら良いのでしょうか?保険会社の方にもいわれましたが、やはり時期をみて弁護士さん等に入って頂いた方が良いのでしょうか?
お礼分が質問になってしまいました。。。。

投稿日時 - 2004-07-01 15:16:49

ANo.4

質問を読んでいて不思議に感じたことが・・・

任意保険の方の車両入替手続き後の事故ということですが、新規取得者納車前に入替をしたということですか?入れ替え手続きの日付は確認しましたか?納車当日であれば任意保険も使用できます。納車日と手続きの日があっていないということであれば、その納車日が証明できれば保険が使えないことはないと思います。
いずれにしても任意保険が使えれば、心配されることもないと思いますが・・・

投稿日時 - 2004-06-30 10:39:12

お礼

ありがとうございます。
入れ替えというのではなく、新しい保険会社で別に保険をかけて、もともとの車両の保険は継続しなかった(保険期間終了)という感じです。
別の車の任意保険を使えるか等、入っている車屋さんにも相談しましたがいろいろ相談して頂きましたが無理というお答えでした。。。
自分で被害者の方と話し合いをもち自賠責の方で進めます。。。ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-07-01 15:00:58

ANo.3

まず、自賠責保険は対人の事故に対してしか保険金を支払わない保険(他人に怪我をさせた部分にのみ支払われる保険)ですので、物損事故にしてしまうと自賠責保険の対象になりません。

さらに、自賠責保険だけの付帯となると、相手の方との話し合いはご自身ですることになります。

自賠責保険で支払われる部分は規定に基づいて支払われますが、何を支払うかは決まっているため、うかつに示談(つまり、お金をいくら支払うとか約束すること)はしない方がいいと思います。

ちなみに、今回自賠責で支払われる保険金は、おっしゃるとおり120万円の範囲内で

○相手の方の治療費
○通院費
○休業損害
○慰謝料

になると思われます。

治療費は実費、通院費も実費です(ただし、バスや電車を使用できるのにタクシーを利用するというのは基本的にだめです。マイカー通院だと1キロ15円で算出します。)。

休業損害も基本的に事故前3ヶ月の実収入から算出して妥当額を出します。主婦の方だと別の算出方になったような…

慰謝料は日額の4200円×治療日数という規定があります。心理的な慰謝料等も含めた値段です。ただし、認定治療期間が治療日数の2倍以上の長さであった場合、4200×治療日数×2という計算になります。

(例:7月1日に通い始めて、7月30日に通院を終了し、その間に10回通院した場合

→治療期間は7月1日~7月30日で30日
 その間の治療日数が10日

 治療日数の2倍(20日)<30日

よって慰謝料の計算は

4200×20=84000円


ちなみに、上記のケースで治療日数が16日だと

 治療日数の2倍(32日)>30日

になるので

4200×16=67200円

となります。


最後に、やはり大切なのは「気持ち」です。

文章を読ませて頂いた限りでは問題ないと思いますが、きちんと向き合って話すことがとても重要だと思います。

ちょっと逃げただけで、とんでもなく話がこじれることがあるので、がんばって誠意ある対応をしてあげてください。

投稿日時 - 2004-06-30 08:15:12

お礼

ありがとうございます。
自賠責保険の方に確認しまして<物損扱>にしても保険はおりるとお聞きしました。事故証明書の方に私個人で追記のような感じで<軽少の為に物損となりました>というようなコメントを記載すればよいというふうに言われましたので、一応指示通りの対応をしている状況です。
相手の方との話し合いは私自身でするのは覚悟しております。。。。
お金をいくら支払うとか約束することは当面の間は被害者の方とは保険屋さんのほうと確実な連絡がとれればという感じで対応したいと思っております。ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-06-30 08:31:47

ANo.2

ご本人さんもさぞびっくりされたでしょう。今後お気をつけ下さい。

一つだけアドバイスを。
相手が具体的な金額を提示された場合ですが、絶対に「その場で即答はしない」で下さい。相手は被害者だという頭があります。通常よりも色を付けて請求される可能性が十分考えられますので、もしあった場合は「保険屋さんとの話もありますので」とお茶を濁して下さい。
またそう言う話し合いの場面では、必ず手土産を忘れずに。

笑談になればいいですね。

投稿日時 - 2004-06-29 17:58:26

お礼

本当に早速のお話ありがとうございます。一応まだ自賠責の方途は書類の送付まちの状態でどのような対応になるのか変わりませんので、被害者の方にも金銭の話はせずに<できる限りの事は>というコメントで対応しております。手土産の件はもちろん対応しております。有り難うございます。。。。

投稿日時 - 2004-06-29 18:20:43

ANo.1

まず示談については絶対に勝手にしないことです、自賠責で認定されません。自賠責は示談しなくても相手に休業補償を含め定額の支払いができるので大丈夫です。万一120万を超えたら、大変ですが、あなたと相手との話し合いとなります。

投稿日時 - 2004-06-29 17:56:22

補足

本当に早速のお話ありがとうございます。示談書等はかわしてませんが、一応警察には<人身>ではなく<物損>で処理しますと聞きました。問題ないでしょうか?すみません。まだ<示談>という意味合いが少し不明な者で。。。。先方も「示談してもいいです」といっておられますが、車の保険と話されるつもりですし、多分ですが、私も被害者の方も<示談>について詳しくないと思います、、、、

投稿日時 - 2004-06-29 18:24:48

お礼

本当に早速のお話ありがとうございます。有り難うございます。。。。

投稿日時 - 2004-06-29 18:24:42

あなたにオススメの質問