こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

長期病欠でも月謝は必要

今年、趣味で習うピアノ教室を右腕骨折で半年休みました。
長年師事している先生に、このことを診断書提示でお話ししたところ
休みの半年間も月謝自体はいただきます。とはっきり言われました。
正直、支払わないものかと思っていましたが、習い事の常識なんでしょうか?
先生側の理由としては、時間確保している以上は、こうそく時間と捉えるのが普通だそうです。
結局、半年間すべて収めましたが・・・。

投稿日時 - 2015-12-26 16:24:43

QNo.9101643

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ピアノ教室次第というところもありますが、6ヶ月もだといくらか配慮してくれるのが常識ではと思います。事情もやむを得ないことありますし。

>時間確保している以上は、こうそく時間と捉えるのが普通だそうです。

それは勝手なむこうの都合です。1ヶ月とかなら別でしょうが、それなりの長期なら調整できて当たり前だと思います。それができないなら経営者として無能です。

習い事とはいえサービスの対価として月謝を払うわけで、本来なら払うべきではないでは無いでしょう。

投稿日時 - 2015-12-26 16:44:22

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

通っていらしたピアノ教室は無料ではありませんよね?
契約して、月謝はいくらと取り決めて通ってましたよね?
骨折で通えなくなったなら、その時点で受講出来ないと分かったはずですから、一旦辞めるなどの方法を取らなければなりません。
後になって、払いたくないではルール違反です。
割り引くかどうかは先生側の善意ですが、割り引かないから善意が無いわけではなく、極当たり前の事です。

投稿日時 - 2015-12-26 17:17:09

あなたにオススメの質問