こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜ!?『志木どまり』と『川越市どまり』

今年はたくさん質問させていただき 本当にお世話になりました。

本当はル-ル違反なのかも・・・なのですが、今年の10月に埼玉に住んでる彼からのメ-ルを読んでいたらどうしても解せなかったので、今さらですけど教えていただきたいのです。

何卒よろしくお願いいたします。

今年の10月、彼からのお誘いで『川越まつり』っていうのを見に行ってきたんです。
池袋から東武東上線に乗っていってきました。

ただ、あの日・・・。
東上線内で2回も人身事故が起きたんですよね。

私は池袋方面だったので 川越駅からJRで帰ったのですが、彼は川越の駅でず~っと待たされていたみたいなのです。

2回目の事故がなかなか運転再開にならなかったみたいで。

で、お聞きしたいのはその時のメ-ルから、『川越市どまりうぜぇ~~~wwww 本数少ねぇんだから1本くらい森林公園まで伸ばせよな~。(以下略)』
この部分なのですが。

ご回答よろしくお願いします。

注記:質問主は今年の4月からの大阪に住んでいます。
3月までは東武東上線の利用者でした。

事故を起こして、運転再開するまで『お客様に大変ご迷惑をおかけして』いるのは東武鉄道さんなんですよね?
運転再開して『ダイヤが大幅に乱れて』いるんですよね?

朝人身事故を起こした時は、上り電車は
『この電車は急行電車ですが 本日に限りまして準急電車に』あるいは『この電車は元町・中華街行きですが、本日に限りまして新木場行きに』

簡単に変更できるんですよね?(埼玉に住んでいたころ経験住み。すごく簡単に変更してました。)

ならなんで!
下り方面の『志木どまり』『川越市どまり』を『森林公園行き』に変更できないのでしょうか?

朝の上り方面のお客さんは夕方は下り方面になるはず。

同じ行き先変更なのに上りは簡単にできて下りはなぜだめなのでしょうか?

変な質問でごめんなさい。
何卒よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-12-29 23:15:12

QNo.9103302

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>朝人身事故を起こした時は、上り電車は
『この電車は急行電車ですが 本日に限りまして準急電車に』あるいは『この電車は元町・中華街行きですが、本日に限りまして新木場行きに』

人身事故を起こした際は、列車の遅延を最小限に抑えるために、他社線への乗り入れを中止し、自社線のターミナル駅(あるいは折り返し設備のある駅)で折り返し運転を行います。

東武東上線は和光市から有楽町線内に入る列車が存在しますが、急行電車が準急電車に変わったのは、列車の待避・追い抜き(例えば特急が普通を追い抜くコト)を無くし、遅延を最小限に食い止めるためでしょう。準急電車は成増以西は各駅停車となりますから、事実上の各駅停車として、確実に池袋方面に送ってやるわけです。
列車の退避・追い抜きがなぜ遅延の原因となるかというと、例えば急行が遅延していて、A駅で各駅停車が待避するという場合に、待避する各駅停車はA駅で遅延している急行の追い抜きをずっと待たなくてはなりません。そういうことです。

元町・中華街行きが新木場行きに変わったのは、東急東横線内まで遅延を拡大させないためで、和光市で池袋地上駅と地下鉄線方面、小竹向原で副都心線(渋谷折り返し)と有楽町線(新木場折り返し)をそれぞれ振り分けるのだと思います。
http://okwave.jp/qa/q4798186.html
http://www.haisenryakuzu.net/documents/metro/tokyometro/yurakucho/

>下り方面の『志木どまり』『川越市どまり』を『森林公園行き』に変更できないのでしょうか?
折り返し列車が存在するからです。確かに朝のラッシュ時で混むのは池袋方面の列車で、逆側は比較的空いていると思いますが、逆方面の列車を走らせないと、折り返しで池袋方面に走らす電車が無くなってしまいますよね?また運転士・車掌には行路表というものがあり、乗務予定が記載された紙を持っています。そのため、川越市で交代する予定だった運転士を森林公園まで走らせてしまうと、川越市始発電車を運転する予定だった運転士が不在になってしまう可能性も出てきます。そのため、なかなか簡単には変えられません。
車両基地への回送列車を転用することはできるかもしれませんが・・・。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%97%E5%8B%99%E8%A1%8C%E8%B7%AF%E8%A1%A8

投稿日時 - 2015-12-29 23:50:14

お礼

お礼が遅くなってしまってごめんなさい。

詳しくご丁寧に解説していただき 本当にありがとうございました。

BAとさせていただきます。

他の方もありがとうございました。

投稿日時 - 2016-01-02 22:19:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

ダイヤが乱れた場合にどのようにするかは鉄道事業者が独自にルールを決めているので、それに沿って行われます。運転士というのはその日の勤務が決まっています。もちろんダイヤが乱れた場合はある程度融通を効かせますが、交代の運転士がいない場合もあり、簡単に空いている運転士を手配するのも困難な場合が多いです。これらは鉄道事業者の都合なので公表されていません。

投稿日時 - 2015-12-30 17:01:27

ANo.2

こんにちは。
簡単に行先を変更してしまう・・・。
あなたのおっしゃる通りです。

東武東上線ができてから、東武開発や東武土地開発が東武東上線沿線の開発を進めましたが、下りで言うと、志木までは順調にベッドタウン化が進みました。ところが、バブルが弾けたりして、何度も志木以降の柳瀬川から先は開発が遅れました。

これには、綾瀬川があるため、川1本先は、道路事情からも「橋を渡らなくてはならない」→「車が橋へ集中する」→「交通渋滞が起きる」ことから、ベッドタウン化は遅々として進まなかったのです。

志木駅の次の綾瀬川駅やみずほ台駅周辺は、確か昭和50年代頃(昭和40年代後半頃?)から再び開発が進められたと思います。

しかし、川越は古くからの街でしたので、極端な言い方をすると、池袋駅→志木駅→川越駅が主力だったのです。かなりの「ぶっ飛び状態」です。

従って、川越駅を終着にしたかったのですが、すでに旧国鉄川越線(現・JR埼京線)が軍需列車として川越駅が古くから造られており、さらに、川越駅周辺は川越市による独自の開発が進んでいたため、空地は一切なかったのです。

そのため、東武鉄道は土地の購入ができずに川越駅から離れた土地を買い占めて、車輌基地とすることとし、川越駅からは大分離れていたため、同時に川越市駅を造ったのです。

その後は、徐々に東松山とか森林公園へ路線を伸ばしました。

あなたへの回答のまとめ:
1.綾瀬川があるため、志木駅以降は開発が遅れた。
従って、ベッドタウンとして開発が進んでいた志木駅止まり(あるいは、終電車)とすることで、東京と埼玉を結ぶ路線は一応確保することができた。

2.川越市は古くからの観光地でもあり、川越市への乗り入れは絶対条件。
しかし、車輌基地が離れてしまったので、新たに川越市駅を造った。
従って、川越市駅止まりも当然と言えば当然。

投稿日時 - 2015-12-30 00:59:33

あなたにオススメの質問