こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

エコキュートとガス・IHとガス

オール電化にしようと思っているのですが、
お風呂をエコキュートとガス、キッチンをIHとガスのどちらにしようか迷っています。

エコキュートは家族が使うお湯の量を学習して提供するので急に水しか出なくなる事はほぼなく、月々のガス代がなくなる。
IHも最初にIH用のフライパンなどの出費はかかるが、災害時はガスより復旧が早いなど説明を受けました。
あと気になっているのは壊れた装置を直す場合、ガスとどのくらい金額に差があるのかが気になっています。
オール電化にデメリットがあったら教えてください。お願いします。

投稿日時 - 2016-01-03 10:56:45

QNo.9105312

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>>オール電化にデメリットがあったら教えてください。

エコキュートは、夜間に電気でお湯を貯めておきます。

1.お湯を貯めておくタンクの場所が必要になります。
2.地震でタンクが破損すれば、お風呂に入れなくなります。
3.タンクの容量には上限がありますので、学習しても、お湯切れが発生することあります。

あと、別のデメリットとして

5.夜間のエコキュート運転で低周波騒音が長時間発生することがあり、ご近所さんから苦情が出る可能性がある。

投稿日時 - 2016-01-03 11:33:34

お礼

ありがとうございました!!
とても参考になりました!!

投稿日時 - 2016-01-08 19:23:04

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

エコキュートによる健康被害経験者としてのアドバイスです。

現在、エコキュートによる健康被害が増えています。
エコキュートには設置ガイドというものが存在しますが、その設置方法を守ったとしても健康被害が出ています。
距離を離しても、壁を設置しても被害が出ているのは消費者庁事故調査委員会が行なった調査の中でも明らかになっています。
「建築ジャーナル2009年5月号」では16メートル離れていても不眠などの健康被害が出て、耐え切れずに被害者は自殺をしてしまった、というショッキングな記事も掲載されています。(バックナンバーがデジタル版で購入可能なのでご興味があれば読むのも一つの手です)
エコキュートを使用した事によりお隣やご近所住人の方に健康被害が出た場合、確実に関係性は悪化します。
また、現在全国各地で訴訟も起きており、その際は製造メーカー、設置業者以外、そして所有者であり使用者である家庭も被告として訴訟の場に立つことになるでしょう。
ご近所だけではなく設置をした家庭に被害がでる場合もあります。

事故情報データバンク(検索時に「ヒートポンプ」で検索)
http://www.jikojoho.go.jp/ai_national/

エコキュートは避けた方が宜しいかと思いますよ。

投稿日時 - 2016-01-24 23:31:25

オール電化(エコキュート+IH)で留意点は
・深夜料金で沸かせるお湯の範囲内で賄えないと割高な朝夕料金で追加沸かしが発生します。朝夕の電力単価は深夜単価の2倍くらいになります。
・温暖な地域で家族4人がギリギリでしょうね。お湯張り後には4人が時間を空けずに入浴するのがベストです。時間を空けると保温や加温にお湯を使います。
・昼間在宅ですと調理に(IH)割高な昼間料金を使わざるを得ません。深夜単価の3
倍くらいになります。
・新築でしたら太陽光発電と組み合わせると大きなメリットが得られるかも知れません。太陽光を新築後に設置するのはお奨め出来ません。

投稿日時 - 2016-01-04 11:12:55

お礼

ありがとうございました!
とても参考になりました。

投稿日時 - 2016-01-08 19:25:32

あなたにオススメの質問