こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

廃インクパッドの吸収量が限界・・・の表示

エプソンEP-803Aを2011年3月に購入、5年位になりますが殆ど毎日の使用(写真・印刷が主)に大過なく活躍してくれましたが、昨日から「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に近づいています。お早めにお買い求めの販売店か修理センターへ、交換をご依頼ください。」との表示がでました。そこで、次の質問にご教示頂ければ幸いです。宜しくお願いします。
(1)この表示がでるとどのくらいの期間で「もう使えません・・」となるのか?
(2)修理は数千円かかると聞いていますが、803Aに拘らずその後の機種に買い替えたほうが得策か否か?
(3)写真好きで数多くプリント(A4版まで)し各種応募しているのですが、買い換えるとして、コストとの見合いで高品質・高画質のプリンター機種を教えて下さい。(エプソンに限らず)

※OKWaveより補足:「EPSON社製品」についての質問です。

投稿日時 - 2016-01-29 14:01:43

QNo.9118905

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

エプソンには「ドアーtoドアーサービス」と言うのがあり、インクトレイの交換が実費と往復配送料金で可能です。
又、使用頻度が多く、一定期間(多分1年だったと思います)に再度トレイが満タンの場合、往復運送料のみで交換してもらえます。
修理料金については、下記URLの電話で問い合わせてみると確実です。
但し、他に不具合箇所があると別に加算されます。
(販売店を通すよりも安いです)
http://www.epson.jp/support/shuri/doortodoor/apply.htm

投稿日時 - 2016-01-29 14:31:14

ANo.1

EP-803Aをお使いであれば
http://www.epson.jp/support/portal/support_menu/ep-803a.htm
をブックマークしておけば、たいていのことは把握できます。

(1)
具体的に○日、とか、クリーニング○回というデータはないようですが、
フチなしやクリーニングで使われた、
「用紙に乗ることがなかったインクを吸収する」廃インクパッドの性格を考えれば、
電源オンオフを繰り返すだけでも、多少のインクは吐き出されますから、
時間の問題、でしょう。

(2)
廃インクパッドの交換だけで、他に修理がない場合は、
4000円(税別)および送料にかかる費用です。
http://www.epson.jp/support/portal/hoshu/ep-803a.htm
の注釈から抜粋:
---
廃インクパッド交換のみを行い、他に修理調整が無かった場合は、廃インクパッド交換料金 \4,000(税別)が適用されます。
---
仮に梱包箱を処分しているなどで、宅配便ドライバーに渡すだけの
引き取り修理(ドアtoドア)を使えば、\1,500(税別)とのことですから、
http://www.epson.jp/support/shuri/doortodoor/
4,320円+1,620円=5,940円ということになります。

廃インクパッド交換のコストが6千円と考えて、
最新モデルと比較して物理的にできないのは
・本体の小型化
・A3プリント
くらいなので、A4までとおっしゃっているのなら
50番インクのストックにもよりますが、
積極的に買い替える理由は薄いのでは?

(3)
おおむね(2)で言及済みですが、付け加えるならば
EP-10VAは3月に本体価格値上げ、インク値下げが発表されていますから、
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20160112_738612.html
(記事末端部分参照)
EP-803Aから買い替えるのであれば、事実上EP-10VAに固まるのではないですか?

投稿日時 - 2016-01-29 14:21:51

あなたにオススメの質問