こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

銀行と投資信託。投資信託と証券会社の違い。を簡単に

銀行と投資信託。投資信託と証券会社の違い。を簡単に分かりやすく説明してください。

投稿日時 - 2016-01-31 11:47:35

QNo.9119960

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 ごくごく平たく・・・
 銀行:あなたのお金預かります。「必ず」年に**%の利息をつけて、「絶対に」ちゃんと返します。(銀行は、この預かったお金を、人に**+α%の高い利息で貸します。貸したお金はきっちり取り立てるので、預かったお金を傷つける心配がありません。取り立て損ねたら・・・まぁこれで預かったお金が返せなくなれば、その銀行は破産します。その時には一応、保険がこの損失をカバーしてやっぱり、預けたお金は「必ず」返してくれることになっています。)

 投資信託:私は、株式(証券)投資のプロです。今まで、株式でこんなに稼いできました。ところで、私に、お金を預けてくれませんか。そのお金で株式投資をして、あなたに莫大な利益を返してあげましょう。(この文章のポイントは、「必ず」とか「絶対に」とかが付いていないことです。)ただし、私への報酬として、預けたお金から年に**%の手数料をいただきます。まぁ、私も人間ですから、もしかすると失敗するかもしれません。その時は、笑って許してね。

 証券会社:Q「株式というものを買いに行きたいんですけど、どこで売ってますか。」A「証券会社と言うところに売ってますよ。」(参考:にんじんはどこに売ってますか?八百屋に売ってます。)つまり、株式や債券などの証券の小売業ですね。あぁ、ちなみに、八百屋と違って、証券の買い取りもしてくれます。

 というのが、各システムを、私たちお金を預ける方から見た場合の風景です。
 ごくごく特徴だけですので、実際には、もっと細やかな話がありますが(苦笑)

投稿日時 - 2016-01-31 12:48:41

お礼

みなさん回答ありがとうございます

投稿日時 - 2016-01-31 14:55:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

「投資信託」とは、一言でいえば、「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。

・運用会社
集めたお金をどこにどうやって投資するのか考え、その投資の実行を、お金を管理している信託銀行に指図します。
https://www.toushin.or.jp/link/

・信託銀行
運用会社の指図を受けて、株や債券の売買を行います。

・販売会社
主に証券会社、銀行、郵便局などで、多くの投資家からお金を集めます。

こちらのサイトで詳しく説明されています。上の回答は、このサイトから引用しました。
https://www.toushin.or.jp/investmenttrust/about/what/
https://www.toushin.or.jp/investmenttrust/about/scheme/

投稿日時 - 2016-01-31 14:22:33

ANo.2

p-p

>銀行と投資信託。

銀行は、おもにお金を貸し借り(預金やローン)する金融機関、投資信託や保険も取り扱っています。
投資信託は、株や債権や不動産などを複数組み合わせた投資商品ですので預金とちがい元元本保証がなく元本割れするリスクがあります、その代わり預金よりも大きく利益を出すことも可能です。

両者はお店と商品という違いがあります。
なので、比較するものではありません。
トヨタと軽自動車の違いを教えてくださいっていってうような感じの質問です。

>投資信託と証券会社の違い
投資信託は上記で説明しているので割愛します。
証券会社は、株や債権、投資信託、FXなどを販売している金融機関です。

上記もお店と商品とう違いですね。

ちなみにお店同士の比較で銀行と証券会社の違いは
銀行では株は買えません。投資信託の取り扱いはありますが商品数が証券会社よりもかなり少ないです。
証券会社では預金を扱っていません。しかし預金に近い機能のMRFがありますし
系列会社の銀行と連動する仕組みがあったりします。
どちらも扱いが広がってどちらでも買える商品がかぶってきていますね
保険や投信、FX、外貨預金などは銀行でも扱っているとこが増えてきています。

投稿日時 - 2016-01-31 14:08:35

あなたにオススメの質問