こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

交通事故、相手が自損自弁を強要しています。

駐車場での接触事故です。私が駐車スペースへバックで駐車しようとした時に後方で、走行していた車とぶつかりました。
周りに車がない広々と空いているスペースに停めようと私も急いでいて、バックするときはミラーのみの確認でした。目視をしながらバックを行っていたわけではないので、詳しい立証がありません。自分の感覚としては、どうして駐車スペースの中を横から入ってくるのか相手に対して怒りしかありませんでした。相手は「お前はスペースから出るものかと思った」とのこと。まさかバックしてくるとは思わなかったとのこと。私からすればスペースにバックするのは当然のことという感じです。相手が気の強い人で、脅迫電話やしつこい手紙を送ってくるような悪質な人でした。
すぐに弁護士をつけたのですが、1年経っても未だ相手が「自損自弁で」とひきません。私は車両保険には入っていましたが、相手は入っていないようでした。
自損自弁になると、私は12万、相手は4万の自費になるそうです。
私は保険に入っているのに、自腹なんておかしな話だと思っているのですが、保険屋さんも、相手に応じる場合は保険は使えないそうです。
私としては、きちんと過失割合を出してもらって保険から損害賠償をしたいのですが、どうしたらいいのでしょうか?弁護士つけたのに、相手も状況もなにも変わらず不安です。
やはり裁判するしかないのでしょうか?
私は弁護士特約と車両保険に入っていますが、相手はどうやら入ってなさそうです。

投稿日時 - 2016-02-02 19:50:14

QNo.9121336

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

駐車場内という事と、貴方がバックであった。という事を考えると・・・
あなたの方が分が悪いと思います。
でも12万円の為に保険を使いたい。という事ですね。
その場合は、保険を使えば良いのです。
車両保険に入っているので、とりあえず全額を車両保険で直します。
過失割合が決まったら、保険会社が相手から現金を受け取る。という事になります。
エコノミー車両であっても相手がいるわけですから使っても良いので・・・。

でも12万円っていうと、微妙な金額ですね。
3等級下がって事故有り加算で3年間は高額な保険料になります。
今後3年間で増える保険料を計算して使った方が良いですよ。

投稿日時 - 2016-02-02 20:20:48

お礼

ありがとうございます。その辺のことがどうしたらいいかよくわからなくて。相手が得する方法は許せないという思いが強かったので。
具体的数値などを再度出してもらおうと思いますでないと決心つきません、ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-02-02 20:57:40

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

>はいそうしたいと言っているのに、相手がひかないのです。自損自弁が最大の譲歩だと言っているそうです。

その状態でも、車両保険は使用できますよ。
一般車両保険は、自損だって出るのですから。
車対車特約なら、事故証明で相手の車が特定できればそれだけで良いですしね。


> 過失うんぬん、もう相手が許せないんですよ。お前治療してるって聞いたけど早く止めろよな!するなら健康保険をつかえ!という、怪我治療を止めさせる脅迫電話をよこしたり、お前を一生許さない一生罪を償ってもらうという手紙を何枚も送ってきたり、家族を巻き込んだりしています。
>なんていうか、70代でこのような非常識な人間は許したくないんですなにがなんでも。こんな人間が少しでも得するなんて許せません。

そんなのにかまっているから、面倒くさいんですよ。
そんな状態を弁護士に話せば、すぐに弁護士から相手に対して、あなたへの直接交渉の禁止命令を出してもらえるんですけどね。
その上であなたに直接言ってくれば、裁判所命令の無視ですから、警察が捕まえに行ってくれます。
そういうこともやってくれない弁護士だとちょっと頼りなく見えます。


>おそらく裁判費用は確か額が決まっています。
>裁判はできます。

はい、私も交通事故で裁判を起こしていますし、私のお願いした弁護士は全てこっちに情報を出してくれて、全ての書類は、弁護士と私の二人で直しながら提出していて、裁判(法廷だけでなく、弁論準備も)私も弁護士と一緒に出廷して全ての内容を見ています。

一審の判決に納得いかず、双方で二審に持ち込み、高裁での和解となりましたからね。
裁判の手順や訴状や弁論書の書き方や相手の主張に対する反論の仕方などもいろいろ教えてもらいました。

裁判の費用は、訴額によって決まりますので、単純に訴額からしか出ません。
裁判自体は誰でも起こせます。これは権利ですからね。

ただ、そんな状態で裁判を起こしたって意味無いでしょうね。

裁判で勝ったって、請求額は相手から裁判所が取ってきてくれるんじゃ無いんですよ。
相手がそれでも払わないとなったら、今度は裁判所に差し押さえの申請を出して、裁判所が差し押さえの許可を出して、初めて差し押さえができます。

ただ、この差し押さえに対しても、その人の銀行口座の情報、収入があるのならその支払い元などはあなたが申請してその内容で差し押さえ請求を出すことになります。
相手が教えてくれますか?

さて、そこまでやって割りに合うのかなんです。


なので、こういう内容に対して感情論を入れるというのは、現実的に損するだけで、事務的に進めるくらいじゃ無いとダメなんですよ。


>保険屋さんも、相手に応じる場合は保険は使えないそうです。

そりゃそうです。
相手に応じないで、自分の車は車両保険で治せば良いだけなんです。
相手の自損自弁に応じたら、あなたの車両保険は、相手に請求する請求権を失ってしまいます。だから使えないというわけです。

相手の要求には応じず、進めれば良いだけなんですけど。

保険の担当者もその辺のことはあなたに話をしているはずなのですが、あなたが、恨みのためにその内容が聞けていないのでは無いでしょうか?

そんなような人を恨んで何かやったとしても、時間がかかるだけで、現実的にはあなたあの損がどんどん増えるだけの話なんですよ。

請求なんて、保険会社に任せてしまて仕舞えば良い話なんです。

投稿日時 - 2016-02-03 22:07:00

ANo.4

まず、私念を通そうとする事は、「人を呪わば、穴二つ」と言う事になります。

はっきり言って、あなたは相手を呪うために、自分まで墓穴に入り込んでいる状態という事です。

交通事故で被害者はこれによく陥っているんですよ。それで、結果的に損をしています。
こんなことで1年も揉めていて楽しいでしょうか?

私なら、
サッサと自分の車両保険を使って解決してしまいます。

あなたの考えから言えば、なんで相手は損しないで終わりにするんだ!と言う事になるでしょうかね。
でも、実際はそうじゃ無いんですよ。

保険会社だって馬鹿じゃありません。加害者がいる場合の車両保険の支払いは、加害者から取れる事になっているのです。
あなたの車両保険を利用したとしても、保険会社は、加害者に、過失割合分の求償請求権が発生しますので、保険会社から相手に請求をするように変わるのです。

保険会社が勝手にやっている事になるので、こっちは一切気にする必要はなくなり、相手は保険会社から請求され続ける事になるわけです。


1年もそんな事でもめて楽しいでしょうか?あなたはいくら損するのでしょう?
その損に対して、弁護士や保険会社、相手とのやり取りをする時間や嫌な気持ちなど、値するほどの内容なのでしょうか?

裁判しても構わないと思いますが、弁護士費用は出ても、裁判費用まで保障されていますか?
また、裁判を維持するために弁護士などとも打ち合わせをしていかなければならない時間的な損失(相手に請求する事はできません。)、証人審問などで裁判所に出向く(ほんの少ない金額が認められますが。とても安い金額です。)などで割りに合うのかを考えられた方が良いかと思います。


私なら再度書きますが、車両保険を使って、相手の責任分は、相手に保険会社から請求させるので、気にしないで終わりにする。と言う方法をとりますけどね。

投稿日時 - 2016-02-03 20:39:51

お礼

はいそうしたいと言っているのに、相手がひかないのです。自損自弁が最大の譲歩だと言っているそうです。 過失うんぬん、もう相手が許せないんですよ。お前治療してるって聞いたけど早く止めろよな!するなら健康保険をつかえ!という、怪我治療を止めさせる脅迫電話をよこしたり、お前を一生許さない一生罪を償ってもらうという手紙を何枚も送ってきたり、家族を巻き込んだりしています。
なんていうか、70代でこのような非常識な人間は許したくないんですなにがなんでも。こんな人間が少しでも得するなんて許せません。
おそらく裁判費用は確か額が決まっています。
裁判はできます。
でも弁護士さんの言うとおり立証できるものがないので、裁判しても難しいとのことです。

投稿日時 - 2016-02-03 21:08:10

ANo.3

保険会社を通じ、弁護士に訴訟準備に入ってもらったらどうでしょう?私も以前、バックしてきた車にぶつけられましたが、相手が気の強い人で、私の保険会社が示した過失割合につき納得しませんでした。そこで保険会社を通じ弁護士に訴訟準備に入るよう依頼し、そのことが相手に伝わると、相手は納得し、訴訟までは至りませんでした。実際に訴訟に入った場合、お近くの市町にある簡易裁判所での裁判(というか最初は調停です)になります。気楽に裁判できると思います。

投稿日時 - 2016-02-02 22:40:37

ANo.2

「自分はこうしたい、こうしたくない」を担当弁護士と保険会社の
担当者に細かく伝え、あとは丸投げで良いです。
相手と直接やりとりする必要もありませんし、
それは弁護士から相手に伝えてくれるはずです。
それでも送ってくるならまたそれは別の問題になります。
でもその状況だと、五分五分前後にしかならないですよねぇ。
4:6とか。因みにこの数字だと過失6が質問者さんになると思います。

ただその金額なら、弁護士や保険会社担当者と相談して、
保険使って直して等級下げるのが良いか、
自腹切るのが良いか、よく計算して考えた方が良いです。
この場合の「良いか」は「結果的に損か得か」ということです。


私の場合、完全に停車してPギア+サイドブレーキのところへ
相手がバックで突っ込んで来たのですが、
それでも私の過失0~1割という判決でした(笑)

投稿日時 - 2016-02-02 20:27:17

あなたにオススメの質問