こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

社会的に抹殺?働きたくても働けないらしいのですが

父が何年も無職です。
長年働くようにいってもずっとはぐらかされ、最近母にきいたところ「働いて社保等に加入すると身元がバレて請求がたくさんくるから、たぶん働かないんだと思う」とのことでした。
詳しくきいても全く教えてくれないのでどういう状況かわかる方、アドバイスお願いいたします。

原因として思いつくのがふたつあります。

まずひとつです。
15年ほど前はマイホームがありローン支払い中でした。
その保証人だった父方の祖父が、違うローンの件で銀行に「自分はもうお金は払わない」といったそうです。それをきいて銀行側はじゃあうちの住宅ローンもダメだということになり、詳しくはわからないのですが家を売ることになりました。
そのあと支払いは完済できてないんだと思います。
その後賃貸に越しましたが、そこもすぐに引っ越し結局離れた母の実家に住まわせてもらうことになったので、そこの家賃も払えなくなったのではないかと思っています。

私は3人兄弟なのですが、家を売った当時は小学生、中学生でまだまだこれからお金がかかる状況だったと思います。母はずっとパートに出てくれていましたが、それだけでは足りずお金を借りていたようです。毎月色々な金融会社から請求のハガキがきてました。
数年前に一社は完済したと言っていたのですが一社は踏み倒してる状態のようです。
ふたつめの原因はこれです。
ちなみに母方の父母は最大限の援助をしてくれてたと思いますが、年金暮らしでしたし私達が住み始めてしばらくして癌で入院、他界。アルツハイマーで要介護、他界しました。なので、本当に切羽詰まっていたと思います。

父はマイホームを失ってから全く働かなかったわけではないのですが、働いてはやめ、を繰り返していました。
母の実家にきてからは、祖母の介護をし、祖父母が他界してからは正社員で働き始めましたが、田舎ゆえにまったく営業ができない職種でクビになってしまいました。
田舎で、祖父母は近所づきあいも多かったですし母も慕われていましたので、家にきて野菜やお米をくれる方もたくさんいました。同時に父を叱咤する方、嫌味を言う方もたくさんいました。
クビになって数年後、やっと採用されたアルバイトでも酷い扱いをされ辞めました。
主題とずれた話をしてしまいました。すみません。

父は色々なところで働き辞めています。
借金もたくさんしていたと思います。

4、5年前は短時間バイトで各種保険に加入しなくていい仕事は探していました。
一昨年あたりから完全に仕事を探すことをやめました。

で、その理由が身元がバレて請求がくるから、らしいのです。父は今社会的に存在していないらしいのです。
ちなみに父は国保もずっと払ってないです。これも今までの請求がくるからと思って働かないのかはわかりません。
数年前きた年金がいくらもらえるかという通知には「自己破産者は~~円」とかかれていたそうです。(詳しく覚えてないです。すみません。)

親にきいても教えてくれず憶測で書いてます、長々とまとまりのない文になってしまいました。

結局父はなにに加入すると何の請求がきて困るのでしょうか。
請求がきたとしても働いて月々返した方がいいものではないのでしょうか。
社会保険雇用保険かわかりませんが、加入せず少ない時間でアルバイト、という形もとれないのでしょうか。


兄弟みなで出来る限りの支援はしてますが、これからのことを考え、
ずっとパート働きしてくれている母も年老いていきますし、今のうちに父にも少しでもお金をためておいて欲しい状況です。

詳しい方、推測でもこうだと思う、これからこうしたほうがいい等アドバイス頂きたいです。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2016-02-05 23:54:49

QNo.9123023

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>結局父はなにに加入すると何の請求がきて困るのでしょうか。

国民年金・国保加入でしようね。
こちらは、住民票上の住所で加入します。
すると、住んでいる住所と住民票上の住所が異なっても「滞納してい税金など」の請求が届きます。
行政書士以上の資格があれば、父親の委任状が無くても「父親の戸籍謄本・住民票」を取得する事が出来ます。
すると、金融機関に踏み倒している?借金の返済請求がありますね。

>請求がきたとしても働いて月々返した方がいいものではないのでしょうか。

父親が「常識人」として生活したい場合は、今からでもやり直す事が出来ます。
「借りた物(カネ)は、返す」「納税は、国民の義務」です。

>社会保険雇用保険かわかりませんが、加入せず少ない時間でアルバイト、という形もとれないのでしょうか。

日本は、「国民皆保険」です。
無職でも、国民年金に加入しますよね。
国民健康保険に加入して、バイトをすれば良いのです。
国民健康保険は、無職・自営業・フリーターなどが加入する保険です。
※国保に加入すると、もれなく(破綻している)国民年金にも加入となります。^^;

>兄弟みなで出来る限りの支援はしてます

兄弟が既に社会人であり、父親が60歳以上であれば「父親を(兄弟どちらかの)扶養家族扱い」にする事が出来ますよ。
そうすれば、社会保険は問題がなくなります。

>今のうちに父にも少しでもお金をためておいて欲しい状況です。

父親の年齢が分かりませんが・・・。
60歳以上の場合は、最寄りの「シルバー人材センター」に登録して下さい。
庭木選定・農作業手伝い・草取り・左官・清掃・遺跡発掘補助など、色々な作業を「一日単位」で行う事が出来ます。
庭木選定だと、日給1万円前後ですよ。
※シルバー人材センターは、半公的な機関です。が、似た名称で業務を行っている怪しい機関も存在するので注意が必要。

>これからこうしたほうがいい等アドバイス頂きたいです。

推測ですが、結局は「借金取りから逃げている」状況ですよね。
借金が300万円以上あるのでしたら、「自己破産手続き」を行って下さい。
父親も、今後「借金をする事は無い」と思いますからデメリットはありません。
もちろん、母親・質問者さま兄弟にもデメリットはありません。
自己破産が認められると、借金返済義務は無くなります。
堂々と、社会復帰が出来ます。
社会復帰を果たしたら、老齢生活保護を申請して下さい。
毎月、約135000円を死ぬまで受給出来ます。
別途家賃補助あり。病気になっても、治療費無料。公共輸送(電車・バス)無料。地域によっては、電気・ガス・水道料金も無料です。
生活保護は、特別永住権を先祖代々持っている某外国人救済の制度ではありません。
日本人も、堂々と利用する事が出来ます。

投稿日時 - 2016-02-06 22:31:58

お礼

丁寧な説明ありがとうございます。合点がいく部分が多くありました。
以前母の扶養にいれることを話したら必要な書類を揃えるのが難しいようなことを言っており嫌がったので、
やはり本人の国保を少しずつ払っていきアルバイトしてもらいのが1番いいような気がします。
父はまだ50代なかばです。まだまだ真っ当な人生に戻れるでしょうか。
母一族にも散々迷惑をかけてきているので、死ぬ前にもう一度常識人になってほしいです(・・;)

父は無駄にプライドがありキレやすく仕事をすぐ辞めたり生活保護を嫌がったりしていましたので、扱いにくいのですが、
なんとか話をしてみます!

自己破産、60過ぎた時のシルバー人材センター、老齢生活保護、とてもタメになりました。
怪しい機関にも注意して探そうと思います。焦っているときが1番騙されやすいでしょうから。

無知なためまとまりのない文でしたが、簡潔に回答していただきありがとうございました!!

投稿日時 - 2016-02-07 22:37:39

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

年金は老後のホームレスを出さないための法定ですから、自己破産など関係ありません。
また、国保は市役所の管轄で、民間の借金取りとは関係ありません。
社会保険も役所の関係なので、民間とは関係ありません。
ただ、住民票を移せば、そこからたぐってくる事はできると思います。なので、住民票すら置いていないのかもしれません。
また、公的なもの、たとえば税金とかが未納なら、社会保険関係でたぐられるかもしれません。しかし、基本的な時効が5年なので、そういつまでも問題になる事はないと思います。
具体的事実がほとんどなく、憶測だけでは何も分かりません。推測すら難しい。
身元云々も、単なる言い訳かもしれませんし。

社会保険等加入しないバイトも多くあります。通常はブラックに分類されますが、雇用主としては余分な費用がかからないので歓迎する場合もあると思います。特に土木関係などなら当たり前にあると思います。

話を聞き出す事すらできないのではどうしようもないです。そこがスタートかと。

投稿日時 - 2016-02-06 09:56:25

お礼

色々とごちゃごちゃになってしまった説明でしたが、整理していただいて、ありがとうございます。

>話を聞き出す事すらできないのではどうしようもないです。そこがスタートかと。

他の兄弟は言い訳にしかきこえていないようで、正直呆れている状況です。
働けないなら働けないで納得いくように説明を改めて求めてみます。ありがとうございます。

被災地で土木の仕事も多そうなので、そちらも探してみようと思います。
ありがとうございます!

投稿日時 - 2016-02-07 22:20:44

あなたにオススメの質問