こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

土地の売買を安くして問題ありませんか

親戚間で昔からの土地を売買することになりました。
土地の評価額は600万円ですが、売主はできるだけ安く譲りたいと考えています。
この時の税金について、概算で結構ですので教えて下さい。

通常、そのまま売買すれば、譲渡税として売主に20%の120万円、買主に取得税として
3%の18万円、つまり売主は480万円入り、買主は618万円支払う。税金としては、その差138万円。
これを、200万円で売買したら、譲渡税として売主に20%の40万円、買主は取得税として3%の18万円と、安くした400万円の20%である80万円の贈与税と考えると、
売主は160万円入り、買主は298万円支払う。その差138万円。
どちらも税金としては同じ額を納めるので、安く売りたいのなら良いかと思うのですが、何か問題ありますか?

投稿日時 - 2016-02-20 17:22:58

QNo.9131152

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

売買価にもよりますが、問題があると思います。

実際の地価(評価額)とかけ離れた低価格で売買し発覚すれば、差額を譲渡したものとして譲渡税が購入者に課税されたり、売主に差額に相当する金額の収入があったものとして、追徴課税される恐れがあります。また買主には所有権移転登記費用がかかります。

投稿日時 - 2016-02-20 18:11:28

補足

贈与税?(譲渡税)を支払ってもお互いからすると金額が少ない方が良いのですが、それでも問題になるでしょうか。

投稿日時 - 2016-02-21 09:59:56

お礼

ご回答いただき、ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-02-21 09:59:53

あなたにオススメの質問