こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アメリカは東西冷戦時に1380発の核弾頭を日本の沖

アメリカは東西冷戦時に1380発の核弾頭を日本の沖縄に持ち込んでおり、何時でもアメリカ大統領の命令でロシア、中国を核攻撃可能で民間人を含めて北半球の13億人を殺害可能だった。

しかも日本の沖縄からの核攻撃をすべきだとアメリカ大統領に進言していた。

アメリカ大統領は進言を最後に否定したが、その否定した理由がロシアと第3次世界大戦になるという理由ではなく「ロシアを1380発の核兵器で攻撃したとしても、ロシアもキューバ、パナマに核弾頭を持ち込んでおり、ロシアもアメリカに核攻撃をしてくるから」というものだった。

要するにアメリカは北半球の13億人を殺すのには躊躇していなかったということになる。

アメリカの自国民が少なからずロシアの核攻撃で死ぬので13億人殺害計画は行われなかったというものだった。

信じられないがアメリカ人はロシア、中国などの13億人が住む北半球を人が住めない放射能汚染された世界にするのに躊躇していなかったという驚きの事実。

もしロシアがキューバ、パナマに極秘で核兵器を持ち込んでいなかったらアメリカは北半球を人が住めない地域にしようとしていた。

凄すぎませんかこれ。

投稿日時 - 2016-02-21 18:07:25

QNo.9131746

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

別に凄すぎませんけど…
アメリカなんて平気でこの程度の事は考えるし実行しようとします
要するに「アメリカさえ生き残れば良い」「アメリカが世界最強でなければならない」と言う考えですからね 彼らは
そうじゃなきゃ何の躊躇も無しに広島・長崎で核実験なんかしませんよ

そもそもソ連がキューバにミサイル基地を作ったのは
KGB(ソ連の諜報機関)がアメリカのこの計画を知ったからですし

投稿日時 - 2016-02-21 18:23:36

お礼

みなさん回答ありがとうございます

ソ連は知っていてキューバに核兵器を持ち込んでたんですね

もし持ち込んでいなかったらアメリカは北半球を人が住めない地帯にしていた

怖すぎです

投稿日時 - 2016-02-21 21:38:48

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

 それは国際政治のパワーバランスの話で、実際に核兵器を使って戦争をするかとなると、戦略的な問題に過ぎないわけで、短絡的に解釈してはいけない問題でしょうね。

 第二次世界大戦中に広島と長崎に原爆を投下した時も、リトルボーイやファットマンと同型の核爆弾は十数発も用意されていて、必要ならば全弾投下する予定だったそうですが、日本が降伏を拒み続けるのが不可能だという読みがあったからで、降伏しないと考えていたら、本土上陸作戦を決行していたでしょう。

 当時の米国は、核兵器で脅せば、ソ連が妥協するという甘い読みしか持っていなかったわけで、ソ連が米国を核攻撃するとは想定していなかったのでしょう。それがわかった時点で作戦を変えているわけです。

 こういう国際政治の戦略的なパワーバランスは、短絡的に鵜呑みにしてはいけないわけで、ソ連が核戦力で圧倒的に米国よりも優位にあった頃でも、核攻撃で米国を潰そうとは考えなかったわけで、戦略と実戦とは別に考えて置かなければなりません。

投稿日時 - 2016-02-21 18:44:13

あなたにオススメの質問