こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

TOEICの点数と仕事

TOEICの点数とその仕事につく目安

900 外資金融、外資コンサル
800 商社、貿易、日系海外部門など
700 外資技術系

あるリクルート会社の調査で平均年収
900 約590万
800 約550万
700 約500万

記事で読んだので実際はどうなんでしょうか。外資金融とかはなぜ高い英語力が必要なのでしょうか。年収も実際平均なので、一概には言い切れないかもしれないでしょうか。
実際の現場にいる方や詳しい方はコメントお願いいたします。

投稿日時 - 2016-03-22 02:40:48

QNo.9146861

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>900 外資金融、外資コンサル
>800 商社、貿易、日系海外部門など
>700 外資技術系

概ね印象とあっています。しいて言うと新卒はもう少しずつ低くても良い気がするけれど、実務で活躍できる段階ではこれでは少し低すぎる気がします。
金融系に限らず外資系の会社はレポートラインが外国人、海外の本社、カウンターパートも英語を喋る人になるので、高い英語力が必要となるのは当然です。技術系は技術用語や技術的事実そのものが共通言語だったりするので少し低めでも大丈夫でも、金融、ビジネスは絶対に待ちあげてはいけない会話も多くあります。商社、貿易、日系海外部門は、お客さんやパートナーが海外なので800点では足りないと思います。

当然の事ながら、英語のレベルは足切り基準になったとしても、実際には実務能力の方が重要です。

> 900 約590万
> 800 約550万
> 700 約500万

これは良くわかりませんが、英語と給料のゆるーい相関を示しているだけと思います。英語ができない人が、重要な責務を持たされて英語を一生懸命勉強せざるを得なくなるケースだってあると思います。

投稿日時 - 2016-03-22 08:05:42

お礼

http://gaishishukatsu.com/archives/43899
このページをみて、確かにあまり外れていない感じを持ちました。
750以上で大手商社の課長ですか?と思いたくなりましたが。。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-03-30 21:34:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問