こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

報連相について

日系企業の報連相を重視する考え方をどう思いますか?中国企業と比較して、皆さんの考えはどうですか?

投稿日時 - 2016-03-27 22:32:35

QNo.9149863

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

聖徳太子の憲法17条の17条目に記してある様に、合議(相談)せよ と有ります。
報告 ⇒ 状況の把握
連絡 ⇒ 情報の共通化
相談 ⇒ 正しい方法の確認
は企業の進む道を誤らないための方法と思います。

欠点として、判断と行動が遅くなる場合がある。 しかし、確実性はある。
中国企業、日本企業に限らず世界的に必要な手順と思います。 しかしながら、職場における手順としてはかなり良い方法(QC手法などとともに)と思いますが、経営陣ではある種の勘所が必要な場合があります。
両方の手法をうまく組み合わせていくのが良策と思います。

参考:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%B8%83%E6%9D%A1%E6%86%B2%E6%B3%95

投稿日時 - 2016-03-27 23:22:49

お礼

よく勉強になりました~

投稿日時 - 2016-03-29 19:58:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

報連相は一致団結して進む道を決める手段ですが、
中華圏では『大きい声を挙げるのが強い』、『自分のしている事が正しい』
、事大主義『と言う考えですので、無理でしょう。
*XX様の助言でした事だから私の責任じゃない。
まあ日本人にも多いけどね。

投稿日時 - 2016-03-28 14:42:31

お礼

どうもありがとうございました

投稿日時 - 2016-03-29 19:58:39

ANo.1

全世界的に、より裁量が必要な職位ほど、report to への報告・連絡・相談は重要。

中国に限らず、どの国であっても、それだけの権限がある人間どうしは、report to の上司への報連相ができなければ、経営方針に沿った権限移譲ができない。

投稿日時 - 2016-03-27 22:51:32

お礼

ありがとうございました~~

投稿日時 - 2016-03-29 19:58:02

あなたにオススメの質問