こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

闇の中にいた人が光を見たと言えるようになるには?

 まづ これは――哲学ですが――たとえを交じえての議論です。

 (α) いくつかありえたのでしょうが もっともふさわしい手段というのは 神が人間となって 人間として――ということは人びとに決してその生前には 神であることが分かられずに 人間として――去っていくこと。だったのではないか。

 ☆ このひとつの答えをめぐって 以下に説明をつけますので ご見解をお寄せください。



 (β) ここで神というのは それをいま単純にこの(α)のごとく想定するというものです。 

 (γ) この命題は まづ論理を問題にしていると言わねばなりません。
 その意味は 別の見方をしりぞけるものではなく 受けつけないという意味でもないということです。
 ほかの見方による批判を歓迎するのはむろんのこと またほかの見解そのものについても 受けつけたいと思います。おそわりたいと思います。――その意味で (α)は単純にそういう想定だということになると思います。




 (δ) さて 《人間として》というのは たとえばイエスの弟子たちも 最後にはペテロを初めとして全員イエスを裏切って逃げたという事態に現われます。あるいは はりつけになったイエスはその脇腹を槍で突くと 血が出たということ。そして実際に 死を死んだということなどです。

 (ε) 《人間として》でなければ――つまり もし神ならそこから降りて来いとローマ兵士たちにからかわれて 神として十字架上から降りて行き奇蹟を起こしたなら あぁ それは神だから出来る われわれ人間にはお呼びではないことだと見なされて 話はおしまいになるということですが 人間としてでなければ―― わたしたち人間の生活上の努力が 到底 最終の目的に達して完成することなど出来っこないとわたしたちが思ってしまう。あきらめてしまう。

 重ねて述べれば キリストなる神として奇蹟を起こしたのなら 神だからそう出来るのだ われわれ人間には到底無理だと思い何ごとにつけても人びとは あきらめてしまう。

 (ζ)  しかも 《神が肉となった人間として》でなければ――つまり神の子キリストがやって来たのではなく 単なる人間イエスとしてだけであったのでは―― 人に見させる光は ただの人間の能力としての理性や知性や感性の光にとどまってしまう。広い意味の芸術や科学の光だけになってしまう。

 (η) 逆に言いかえると 神は 人間の《身と心》やその自然本性にそなわった能力なのではなくまたそれを発揮した成果なのではないと人びとが知る必要があった。神は 人間がこしらえたものではなく 非知であり非経験の場である。

 (θ) 人間の能力としての啓蒙の光は 闇を照らすことは出来るかも知れないが この闇を晴らすことは出来ない。闇を晴らす光を見たと言えるようには まだならない。

 (ι) しかもこの《人間イエスかつ神キリストの物語》は 大いなる虚構である。闇の中から闇を晴らす光を見させたなら 用済みである。大芝居を打った。それによって 神をユダヤ民族だけのではなく普遍神として指し示した。普遍神と人間たるわれとの関係 すなわち 信仰一般を わが心なる《非思考の庭》として現わした。

 (κ) ところが 人びとの中には この世に闇はあってもらわなくては困ると説く人がいる。闇を晴らしてもらっては困ると言う人がいる。のではないだろうか? 懐中電灯――にんげんの科学と芸術――があれば充分という主張である。これについて どう考えますか?

投稿日時 - 2016-04-01 04:56:29

QNo.9151890

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

B様、こんばんは。おひさしぶりです。



相変わらず、「部分的なツッコミ」だけ、してみようかな、と。



>「(η) 逆に言いかえると 神は 人間の《身と心》やその自然本性にそなわった能力なのではなくまたそれを発揮した成果なのではないと人びとが知る必要があった。神は 人間がこしらえたものではなく 非知であり非経験の場である。
 (θ) 人間の能力としての啓蒙の光は 闇を照らすことは出来るかも知れないが この闇を晴らすことは出来ない。闇を晴らす光を見たと言えるようには まだならない。」

動物で言ったら、
「自然の中で、一度は君臨し得ても、老いるに伴い、力は衰え、テリトリーも奪われ、・・・」

それが、「人間だけは、そうではない」ということですか?



>「(κ) ところが 人びとの中には この世に闇はあってもらわなくては困ると説く人がいる。闇を晴らしてもらっては困ると言う人がいる。のではないだろうか? 懐中電灯――にんげんの科学と芸術――があれば充分という主張である。これについて どう考えますか?」

たかが懐中電灯、でも、それすら無い場合は、ロウソクに頼りますか。

投稿日時 - 2016-04-04 01:56:32

お礼

 こんにちは。ご回答をありがとうございます。

 ★ たかが懐中電灯、でも、それすら無い場合は、ロウソクに頼りますか。
 ☆ だから 《懐中電灯があればよい。もうそれだけでよい》という結論でしょうか?



 ★ ~~~~~~~~~~~~~
 動物で言ったら、
 「自然の中で、一度は君臨し得ても、老いるに伴い、力は衰え、テリトリーも奪われ、・・・」

 それが、「人間だけは、そうではない」ということですか?
 ~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ 《啓蒙の光が闇を照らす》ことによって《君臨し得ても》 そのあとどうなるかは必ずしも分かりません。 
 個人としては それぞれやがて朽ちざるを得ませんし 人類としても永遠不滅というわけには行かないでしょうね。

 ここでの問題は 《老いるに伴い、力は衰え、テリトリーも奪われ》ても 
 一方でその落ち入った闇をふたたび人間の知性で明るく照らすことが出来る場合もあるでしょうし 
 他方では――いちばんの問題として―― その闇そのものをすでに根元から晴らしているという心の状態があるかも知れない。というところにあります。

 心が哲学や思想で明るく照らされることはあります。ということは 明暗のサマを繰り返すことです。
 しかも 時によっては その心の灯心じたいが灯されるということ これがないとも限りません。

投稿日時 - 2016-04-04 09:06:33

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

宿題としてあたえましょう。

 どうせケチをつけるだけと分かっていますが」←そうですよ・・

ケチつけるだけ・・

だって聖書なんか 唯の古書・・

神は聖書には居ません・・

神の心は 全人類が 皆幸せになる事

誰一人として 差別しない事・・なのだから・・

聖書・・しかも旧約聖書はイエスを待ち望む人に向けて書かれたもの・・

そして 新約聖書は再臨のキリストを待ち望む人に向けて書かれたもの・・

既に再臨のキリストは キリストの役目を果たしたのだから 聖書は 唯の古書・・

投稿日時 - 2016-04-04 19:30:11

お礼

 ★ 聖書・・しかも旧約聖書はイエスを待ち望む人に向けて書かれたもの・・
 ☆ だとした場合 では旧約中のたとえばエレミヤ書における《新しい契約》についてその中身をどう捉えたのか? これが明らかではない。

 ★ そして 新約聖書は再臨のキリストを待ち望む人に向けて書かれたもの・・
 ☆ わたしは再臨説を採りませんが それにしても同じくエレミヤの預言をどう実現しどうなったのか また必然的にどうなるのか? これについて明らかにしないかぎり ただの感想を述べたに過ぎない。

 読書感想文を提出して よく書けましたねと褒めて欲しいのですか?


 ご回答をありがとう。

投稿日時 - 2016-04-05 09:29:35

可哀想に・・

神だとか キリストだとか 灯だとかって書いてるのに たかが入退会や 毎回回答してる人で こうも待遇が違うとは・・(笑)

神やキリストが こういった差別してたら どんな人間も 神やキリストを信じなかった・・

投稿日時 - 2016-04-04 18:32:27

お礼

 エレミヤ書31:31以降

 =へブル書8章

 を宿題としてあたえましょう。

 どうせケチをつけるだけと分かっていますが かたちを重んじる国にいるので。

投稿日時 - 2016-04-04 18:42:11

あなたには 到底理解出来ないだろーが 少しだけ話すと ・・

そもそも イエス自身が神ならば 他の人間を殺して イエスから人間歴史を始めれば それで 神の意向に沿った人間が歴史を築き上げた筈・・

何故 神は それをせずに イエスを十字架で死なせなければ ならなかったのか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
神が人間を創造した目的は 「神の子」として 人類に あらゆる権限を与え それを見て 同じ喜びを感じ取る事・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なので アダムとエバの2人に「どの木からでも取って食べても良いが 善悪知る木の実だけは取って食べるな」と 食べてはいけない木を置いたのです・・

食べてはいけないのなら 置く必要は無い・・

ならば 何故 それを置かなければならなかったのか?・・

全ては其処から考えないと イエスの十字架の事には結びつかない様になってます・・

投稿日時 - 2016-04-03 04:45:14

補足

 投稿しては退会するということを繰り返している人の書き込みですが ほかの見てもらっているみなさんのために ひと言しるします。

 つまり:
 ☆☆(趣旨説明欄) ~~~~~~~~~~~~~
 (γ) この命題は まづ論理を問題にしていると言わねばなりません。
 その意味は 別の見方をしりぞけるものではなく 受けつけないという意味でもないということです。
 ほかの見方による批判を歓迎するのはむろんのこと またほかの見解そのものについても 受けつけたいと思います。おそわりたいと思います。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ という趣旨を汲んで回答を寄せてもらっている投稿であるように見えますが この方とは これまでに数十回ほどこういうやり取りを繰り返して来ています。

 つまり 肝心の中身あるいは結論は 決して明らかにしないのです。
 言っても分からないからという理由のようです。

 なので いっさいこの方の投稿には応えません。
 というひと言でした。

投稿日時 - 2016-04-03 10:48:33

面白い考え方だが 全く違います・・

まっ その考え方で遊んでなさい・・

とてもじゃ無いが 其処からでは 真実に辿り着けない・・

投稿日時 - 2016-04-03 03:05:28

あなたにオススメの質問