こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

トヨタは中小の電機メーカーに適わないのですか?

アメリカの中小電機メーカーのテスラ・モータースが「3万5千ドル(約390万円)からの中価格帯の量産車」を発売すると発表したら、現物を見ずに、ましては実際の試乗もしないで、一日で10万台以上の予約があったとニュースで知りました。まるでスマホの新型発売みたいにマスメディでも注目を浴び、広告宣伝費ゼロで知名度を向上しているようです。

ところで、世界最大の自動車メーカー、トヨタは、電気自動車を製造・販売することができないのでしょうか?

全ての自動車が電気自動車に代わることは無いにしても、発表当日に、まだ品質や性能の確認さえできない車両がコンセプトペーパーだけで爆売れする時代に、「我が社はボリュームゾーンしか狙わない」などと高をくくっていると、将来はSharpのように落ちぶれて中国資本に救済合併をされてしまうのではないかと心配しております。

中堅の三菱自動車が先行し、その後、カルロスのニッサンが電気自動車を発売、いまや若干44歳のイーロン・マスク氏が経営する中堅電機メーカー(内燃機関を作ったことが無いという意味で電機メーカーと言っています)が世界を驚かす時代、なぜトヨタは電気自動車を販売しないのでしょうか?

1.トヨタは、電気自動車を開発する技術がない、技術者が居ない。
2.トヨタは、内燃機関による現状維持が大好きで、挑戦を避けるのが企業文化である。
3.トヨタは、リスクを取らない会社であるから、中堅企業が電気自動車で成功したころを見計らってPower of Moneyで企業買収する戦略である。

電気自動車対応戦略など、自動車業界の事情に精通している方より、なぜトヨタが電気自動車を販売しないのか、解説をお願いいたします。

投稿日時 - 2016-04-05 11:44:49

QNo.9153977

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>トヨタは、電気自動車を製造・販売することができないのでしょうか?

そんなことはないでしょうね。当然ある程度以上の予算はかけて研究・開発していると思います。
トヨタが最も得意とする戦略は、「他メーカーに先行させて市場の様子を見てマーケティングし、データが揃ったら徹底的に市場の好みに合わせた車を作って販売力で売る」というものです。ミニバンがそうですね。ホンダがミニバンで攻勢をかけてきたら最初は様子見をしていて、ミニバン人気がある程度以上に固まってきたところでホンダがウケていた部分を徹底的に真似た車を投入してシェアを奪回してしまいました。

トヨタにとってアメリカの中小企業なんぞは吹けば飛ぶような存在です。自動車作りのノウハウがない電器会社であれば、必ず故障を頻発させたり安全性に問題が発生してくるでしょう。そこで世間が「電器メーカーの車なんて、危なくて乗れたものではない」と出るのか、それとも「仮に信頼性に問題があっても電気自動車に乗りたい」と出るのかを見て、信頼性に問題があっても売れていたらそれを見計らって「トヨタが作った電気自動車です。信頼性は安心のトヨタです」となったら、あっという間に売れることになるでしょうね。

トヨタとしては、日産のリーフがイマイチずっこけているところを慎重に見ているのだと思います。三菱のアイミーブはそこそこ売れたものの、どうも市場がさらに広がるところがありません。
電気自動車にとっては、電池が技術のボトルネックになっているのです。ハイブリッド車や電気自動車で使われているニッケル水素電池は安全性は高いものの重くて電圧が弱くて低温にも弱いという欠点があります。テスラモータースの電気自動車は、カナダのような寒い地域の冬は低温による電圧低下で動かなくなる可能性はそれなりにあると思います。だから今のところはハイブリッドが主流なのです。電池がダメでもエンジンでフォローできますからね。
重さはニッケル水素より軽く、電圧が高くて低温にも強く、ついでに継ぎ足し充電もできるのがリチウムイオン電池です。しかし、このリチウム電池は「発火しやすい」というリスクがあります。ボーイングB787が発火事故をよく起こしたことをご存知だと思いますが、あの発火原因が電池で、B787で採用されたのがリチウムイオン電池だったのです。尤もあれ、韓国製らしいですね。そんなところの製品を使うから発火するんだ、って思うのですけれど。

それに比べれば、まだ水素エンジンのほうが将来的な伸びしろが大きいんですよ。水素エンジンも安全性の問題がネックになっていますが、技術的な限界点に達して、「青色LEDなみの画期的発明がない限り技術の行き詰まり」である電池に比べると水素エンジンのほうが技術的な見込みがあるんですね。おそらくトヨタの技術畑の人たちは「先がない電気自動車より水素エンジンのほうが将来性がある」という意見が多いのではないかなと思います。

まーその話題性は、あのセグウェイを彷彿とさせるものがありますね。セグウェイが発表される前は「ジンジャー」と呼ばれていましたが、開発メーカーは「人類史に残る画期的発明」ととんでもない大風呂敷を広げました。内容が分からないまま「ジンジャーというとんでもないものが発表されるらしい」ということで主にネットでは「ジンジャーの正体とは?」で結構盛り上がったのですが、セグウェイだったと分かったときのガッカリ感といったらなかったですからね。

投稿日時 - 2016-04-05 12:37:17

お礼

>おそらくトヨタの技術畑の人たちは「先がない電気自動車より水素エンジンのほうが将来性がある」という意見が多いのではないかなと思います。

高い確率でそのような気がします。
しかし、三菱やニッサンをはじめとして、BMWやVWに先を越され、今やアメリカの中堅電機メーカーにも先を越されている現状を豊田佐吉氏が知ったら、何というでしょうか。

豊田佐吉氏の名言「障子を空けてみろ、世界は広いぞ。」

まあ、巨大企業になった現代のトヨタでは、訴訟リスクなど、石橋を叩くのに5年から10年はかかるのかもしれません。

もし、リチウム電池に関連する訴訟リスクが怖いなら、FCVのミライを500万円以下で販売してほしいですね。

どうもありがとございました。

投稿日時 - 2016-04-05 14:12:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

何か勘違いされているようなのですが。

燃料電池車って、燃料電池式電気自動車なんですが、、、

電気を発生させるものが、バッテリーなのか、燃料電池なのかと言うだけで、どちらも電気自動車です。
なので、トヨタも電気自動車は発売しているんですよ。

燃料電池車は水素から触媒を通して、電気を発生させて、その電気のみで走行する自動車です。
ガソリンエンジンのような内燃機関で水素を燃やしている訳じゃありません。

また、よくニュースを読まれていると思うのですが、テスラモーターはあなたが指摘している車より前から、すでに電気自動車は販売しています。
今回のものは、走行可能距離が伸びて価格が下がった。と言う所でニュースになったのですが、ここにも落とし穴があります。
発売予定時期を見られましたか?
発売予定時期は、来年の終わり頃。とされています。

つまり、まだ量産試作にまで達しておらず、今後のバッテリーの開発ロードマップがうまくいけば、来年の終わり頃に出荷できそうだ。と言うだけの話でしかありません。

結構アメリカなどの中規模メーカーは、こういう発表はするのだけど、まだ技術確立ができていなく、出荷予定日が近づくと、結構な確率で伸びます。
こういう発表をすれば、株価が上がったり、投資を受けやすくなりますので、そういう意味で鬼が笑うくらい先の出荷予定でも発表するんです。

大手メーカーが、1年以上先に出荷開始するなんて発表するものはほとんどありません。
大手メーカーは信用にも関わりますので、量産試作などが終わってから正式発表するものです。
その辺が考え方が違うんですよね。

なので、アメリカメーカーのものの場合、発表→発売→出荷というのがはっきりと分かれているものが多いです。
日本の場合、発売と言ったら、すぐに出荷というように思われていますが、アメリカなどでは結構違うんですよ。
まだ、正式に販売できないようなレベルからでも発売開始(納品は1年以上先)なんてのはよくある話で、そのケースと同じみたいですからね。
予定通り出荷開始されるといいですね。


>なぜトヨタが電気自動車を販売しないのか、

という内容に対しては、すでに燃料電池式電気自動車を出していますので、電気自動車は販売中ということになります。

投稿日時 - 2016-04-06 22:45:21

お礼

いやぁ、とんでもない勘違いをしておりました。

トヨタは完全な蓄電池による電気自動車eQを発売しておりましたね。
ご指摘いただくまで、トヨタは電気自動車メーカではなくて、100%内燃機関搭載自動車ばかり作っていると勘違いしておりました。

専門的な知識裏付けされた、すばらしいご指摘により目から鱗が落ちたようです。
感謝感激です。

内燃機関を搭載しない電池自動車の世界でも、トヨタはテスラにまけるどころか、テスラなんて相手にならないほどの低価格でeQを販売しているわけですね。

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2016-04-08 13:42:45

ANo.8

「アメリカの中小電機メーカーのテスラ・モータース」
テスラは2004年に発足したベンチャー企業。
エジソンとその発想を競うほどの電気技師であったニコラ・テスラの名を冠した電気自動車に特化したこの会社は、創業当初から既に10年以上の歴史を持ち、当初から業界の注目を浴びていたことは有名です。

また、初めて量産化したロードスターを含めて、優に1000万円を超える価格を維持してきたテスラが、こともあろうに、3万5千ドル(約390万円)というバーゲンプライスで発売することは、驚愕に値する事態です。

トヨタ自動車とは、既に業務、資本提携済みとのこと。

テスラは、謂わば、電気自動車の先駆者です。
勿論、トヨタにもそうした技術もスキルもあるかもしれませんが、無理に競合する必要のない相手ではないでしょうか?
それに、トヨタにとって電気自動車の先駆けが現存する以上、あくまでも後発でしかありません。
比較にならない企業規模と経営基盤を思えば、今すぐに急いで発進する必要はあるのでしょうか?

テスラは、電気自動車の先駆者です。ただの中小電機メーカーではありませんよ。

投稿日時 - 2016-04-06 18:14:09

お礼

>比較にならない企業規模と経営基盤を思えば、今すぐに急いで発進する必要はあるのでしょうか?

つまり、トヨタは、内燃機関による現状維持が大好きで、挑戦を避けるのが企業文化である。というご意見ですね。納得です。

トヨタほどの大企業がなにも新しい挑戦をしなくても、古典的な内燃機関を搭載した自動車を生産・販売しておれば十分儲かりますもんね。
なにも、最先端の挑戦なんてせずとも、経営者も技術者も株主さえも十分満足しているということなのでしょうね。

どうもありがとございました。

投稿日時 - 2016-04-08 13:46:02

ANo.7

違う見方をするならば、アップルがiPadを出したらバカ売れしました。しかしソニーが似た製品をだしても、あまり売れませんでした。それと同じだと思います。

テスラってアップルに近いように感じます。電気自動車が欲しいのではなく、テスラの自動車が欲しいっていう感じなんです。
販売数ではニッサン・リーフのほうが販売数が多かったような気もするのですが、リーフには出来なくてテスラのクルマにはできることって、まぁぶっちゃけ自動運転ですが、ある訳です。
新興企業は捨て身でやれます、アップデートで自動運転できます、なんてトヨタやニッサンには出来ない芸当です。でも、もちろん技術的に遅れはとっているわけではないです。


しかしテスラって、潰れないのが不思議な会社なんですよね。VWや東芝ではないですが、何かやってんじゃないかとずっと気になってます(風評被害ですw)

投稿日時 - 2016-04-05 23:54:14

お礼

>しかしテスラって、潰れないのが不思議な会社なんですよね。
テスラは危ない会社と思います。
配当を求めない(=将来の値上がりだけを求める)ベンチャー資本に見限られたらすぐに倒産するリスクがありますね。
ですから、ベンチャー資本を引き付け続けるために派手なマーケティング戦略をとらないと生きてゆけない企業だと思います。

それはそれとして、年に2兆円もの利益を上げるトヨタともあろう高収益企業なら、年間2000億円ぐらい損しても良いから、未来志向の製品を販売して、蓄電池自動車の分野でも世界をリードして欲しいですね。

投稿日時 - 2016-04-08 13:49:35

ANo.6

テスラ・モータースにはトヨタ自動車が出資しています。いわば共同経営のようです。もともとトヨタにはPHVが有るので、これが電気自動車ということなのでしょう。純電気自動車はテスラでやっているということなんでしょう。

投稿日時 - 2016-04-05 23:20:42

お礼

>テスラ・モータースにはトヨタ自動車が出資しています。

トヨタは、リスクを取らない会社であるから、中堅企業が電気自動車で成功したころを見計らってPower of Moneyで企業買収する戦略なんですね。

やっぱり、自社に技術者が居ない場合は、Power of Moneyで問題解決ですよね。

個人的には、年間2兆円もの利益を上げるトヨタですから、年間2000億円ぐらい使っても良いから、蓄電池自動車の分野でも世界をリードする商品を作ってほしいですけどね。

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2016-04-08 13:51:54

ANo.5

トヨタにEVを開発する技術はあるし、過去に販売もしています。

こちらのインタビュー記事にトヨタの考え方が書かれています。

参考URL:http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/194452/030400045/

投稿日時 - 2016-04-05 12:53:41

お礼

インタビュー記事の内容がわかりましたら、またお願いします。

どうもありがとございました。

投稿日時 - 2016-04-05 14:15:21

ANo.4

電気自動車は二次電池の性能に縛られて航続距離と再充電時間の面で決定的な欠陥があります。今のレベルでは実用車としては使い物になりません。つまり普及しません。少数の物好きなユーザはいるでしょうが。トヨタならステラレベルの電気自動車ならいとも容易に作れるでしょう。しかしトヨタほどの大企業を支えるマーケット規模にはなりません。お遊びになってしまいます。同じ事はVWやアウディやベンツにも言えますね。

投稿日時 - 2016-04-05 12:41:01

お礼

>少数の物好きなユーザはいるでしょうが。
世界で11万5000人の方が申込金を払って予約したというのに、トヨタにとっては「少数のモノ好き」でかたずけてしまうのでしょうか。

>トヨタならステラレベルの電気自動車ならいとも容易に作れるでしょう。

Sharpならサムソンレベルのスマホならいとも容易に作れるでしょう。
などと言っていたお花畑の人々を思い出しました(笑)。

VWは量産型のe-up!を発表しましたし、メルセデスもBクラスの電気自動車の発売を発表しましたね。
BMWに至っては高価なi8に続いてサラリーマンでも買えそうなi3を出しました。

トヨタだけが寝ぼけているのか、それとも何か具体的な計画があるのか、知りたいものです。

どうもありがとございました。

投稿日時 - 2016-04-05 13:57:14

ANo.2

なぜでしょう?液体水素燃料自動車は発売してますよね。イコール電気自動車では?
電気自動車は家庭の電気を使うため原子力発電や火力発電に頼るため環境にはよろしくないと言われてます。水素燃料が正解だと思いますが?それに液体水素は今後太陽電池に変わり家庭へも普及されます。その時にこの車も家庭へ電気を供給するでしょう。

投稿日時 - 2016-04-05 12:14:50

お礼

現実に、発表と同時に爆売れする商品があるのに、「あれは酸っぱい葡萄だ!」と言って、負け惜しみを言うような企業なのでしょうか。

トヨタほどの資金力を持っていながら、ニッサンやテスラの後塵を排してい事情など、ご存知であればまたお願います。

投稿日時 - 2016-04-05 12:43:49

ANo.1

電気自動車はまだ航続距離が短いということで、現時点では燃料電池車を選択していますね。
それにエンジン車の場合、産業の裾野が大きく、急激な方針転換は中小企業の死活問題になります。

投稿日時 - 2016-04-05 11:49:13

お礼

別に急激に方向転換しなくとも、ニッサン程度に電気自動車を販売して、少しづつ電気自動車の比率を挙げてゆけば、系列の取引先だって対応時間が確保できます。

トヨタには400万円以下の電気自動車を販売し、時間をかけて性能を向上させ、普及させてゆこうという気が無いようにみえるのですが、この辺、ご存知ならまたお願いします。

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2016-04-05 12:41:16

あなたにオススメの質問