こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

藤岡弘さん、この出来事の辺り…?

今回、「テレビ朝日系列による、刑事ドラマの名作、「西部警察」に、最後は殉職した刑事役で、レギュラー出演してた、俳優としての師匠は、フジテレビ系列で、超ロングラン放送してた、連続ドラマとしての時代劇、「銭形平次」で、長年主人公の銭形平次役を、演じてた大川橋蔵さん(故人)である、俳優の五代高之さんが、ある刑事ドラマ関係の本による、インタビュー取材に対して回答した、ある逸話」から、質問します。

五代さんは、「西部警察シリーズに、私がレギュラー出演が決定した時に、捜査課長役でレギュラー出演してた、石原裕次郎さん(故人)に挨拶した時、その石原さんから、石原さん自身が時々、個人として動く時に使ってる名前を、私の芸名として、名付けて貰ったんです…」と言う、俳優として、本格的にデビューした時、石原裕次郎さんが、俳優としての芸名の名付け親である、逸話。

これ と合わせて、「同じテレビ朝日系列で、西部警察シリーズと共に、制作して放送してた、特捜最前線シリーズに、準レギュラー扱いの刑事役で、出演した」逸話として、出版社側の担当記者から、受けた取材に対して、五代さんは…

「特捜最前線で、準レギュラー扱いの刑事役で、出演したのは、「桜井刑事役で、レギュラー出演してる、藤岡弘さん(当時の芸名)が、アメリカ映画に、現地へ出張して撮影する仕事により、特捜最前線での出演の仕事を、暫く休む事になって、レギュラー出演者が少し足りなくなったので、ピンチヒッターによる、準レギュラーの刑事役として、 藤岡さんの休みの間、出演して貰えないか?」と言う、出演の打診が、制作したテレビ朝日と東映、それぞれの担当スタッフから、所属事務所経由で、私へあったんです。
それで私は、藤岡さんのアメリカでの仕事の期間中、私の仕事の予定を、所属事務所に調べて貰ったら、幸いにも開いてたので、結局出演の打診は承諾して、撮影に臨みました。

このピンチヒッターでの出演の打診を、 テレビ朝日と東映、それぞれの担当スタッフから受けた時。
私は、どう言う設定の刑事として、演じれば良いかを、逆に質問したんです…。

すると、「桜井刑事は、「FBIでの研修の為、警視庁からの派遣により、アメリカに滞在してるが、研修報告の電話を、特命捜査課に入れる等により、一応毎回は登場してる」設定で、演じてる藤岡さんが休みの間でも、撮影が続けられる様に、必要な脚本は、仕上げてます。
五代さんについては、「桜井刑事が、FBIへ研修に行ってる間だけ、警視庁での勤務先からの出向により、特命捜査課で研修する」設定による、刑事役として、出演して貰う内容で、脚本は仕上げてます」って言う、 回答を受けました…」的な内容により、回答してました。


そこで、プロフィールの視点から、タイトルの通り、質問したいのは…

「特捜最前線で、「藤岡さん扮する、桜井刑事のピンチヒッターの刑事役として、準レギュラー扱いにより、五代さんが出演したのは、昭和何年の何月何日頃に放送された、何と言う題名の回から、約何回程か?」迄は、分かる範囲で且つ、参考程度で、構わない。
藤岡さんが、特捜最前線の仕事を休んで、撮影場所へ出張し撮影に臨んだ、問題のアメリカ映画は、昭和何年の何月頃に封切りされた、何と言う題名の映画で、こちらも分かる範囲で構わないが、主な共演者である、俳優さんや女優さんは、それぞれ誰だったか?」に、なります。

投稿日時 - 2016-04-07 01:41:12

QNo.9154765

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 藤岡弘が初めてアメリカ映画で主演を果たしたのは「SFソードキル」という映画でした。
これが1984年の作品なので、まず「特捜最前線」のウィキを調べたら。

1983年12月:藤岡が映画『SFソードキル』の撮影の為に一時番組を離れ渡米。その間、五代高之扮する早見刑事が加入して穴を埋める(第342話 - 第348話)。

 とあったので、やはりこの「SFソードキル」でしたね。.
https://ja.wikipedia.org/wiki/SF%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%AB

投稿日時 - 2016-04-07 06:49:09

お礼

詳しい回答、有難うございます。
又、質問した時は、よろしくお願い致します…。

投稿日時 - 2016-04-08 03:24:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問