こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

怖い教師は不良が好き?

 私の中学時代 不良生徒を纏めてみている
 教師が居り、彼は「気合を入れる」とか
 「俺は怖い」事を示す為に体罰をしていた。
 不良生徒はこの教師を「叱ってくれる有り難い人」と云っていたが、
 この教師は不良生徒でもない真面目で大人しいタイプの生徒にも同じことを行っていた。

 私は余り暴れて見たいとか、反抗してみたいとか云う気はなかった。
 が、不良生徒は普通の教師が当たり前の事を云うと反抗し、この教師が気合を入れるとか殴っても有り難いと受け容れておりました

私はこの様には成れませんが、 私は超えられない軟弱者、礼儀作法だけでなく、不良生徒の方が鍛えられ強く成り、この教師の目指すところにはかなっている人間になるのでしょうか?

私は怖い教師でも普通の教師でも基本的な事は聞いておりましたが、これだと超えらない
軟弱者なんですね?
だから、「忍耐と処世術」を身に付ける生徒の方が社会性があるのですね?

投稿日時 - 2016-04-08 06:12:43

QNo.9155273

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

その指導法は、感覚で物事を判断する種類のヒトとは相性が良いでしょうね。
力や気迫で相手を屈服させ序列を作り、何を言うかではなく誰が言うかで正しいかどうかを決めて動く。
法やモラルなんかより、こういうやり方のほうがまとめやすい種類のヒトってのがいるんですよ。
ただ、質問者様はこういう種類じゃないからと言ってこのやり方を適用しなかったら不公平感を招きいじめを誘発しかねません。
それくらいなら全員にそのやり方を施したほうがマシだったのかもしれません。

特に中学校時代なら猶更です。
思春期に分泌される性ホルモンは体の成長などをもたらしますが精神に対しても攻撃性や縄張りの主張を促す働きがあるそうです。
そういう動物的な衝動をただ押さえつけモラルと称される綺麗ごとを押し付けてもどうにもなりません。
そういう衝動が希薄だったとしてもそれはモラルとか本人の成長などではなくホルモンの影響が強いかどうかの違いでしかないのかもしれません。

投稿日時 - 2016-04-09 14:04:52

お礼

ご回答有難うございました
感覚で物事を判断する種類のヒトとは相性が良いでしょうね。
力や気迫で相手を屈服させ序列を作り、何を言うかではなく誰が言うかで正しいかどうかを決めて動く。

その様な人種には相性が良い事が良く解りました

特に中学校時代なら猶更です。
思春期に分泌される性ホルモンは体の成長などをもたらしますが精神に対しても攻撃性や縄張りの主張を促す働きがあるそうです。

私は性ホルモンの分泌が薄かったのでしょうか?
それらはそれで認めつつ、私の様なタイプは深入りしないのが良いのだと思います

投稿日時 - 2016-04-23 15:19:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

中には悪い子が好きな人もいると思いますが、
俺はお前を気に入ってるぞっていう態度を取ってるだけと言うのもあると思います。
とにかく言うこと聞かないから、気に入ってるぞアピールをして
手懐けるっていうやり方だと思います。
何かと世話を焼いてやった感をだして、恩着せがましいなーと思ってました。
だから殴ってあり難いと思わせるのはもう手懐けてますよね。
でも、悪いこと?っていうか、自分たちがやりたいことはやりたいですよね。
それを理解したうえで、どう生徒をコントロールできるか、でしょうか。

投稿日時 - 2016-04-10 17:58:26

お礼

俺はお前を気に入ってるぞっていう態度を取ってるだけと言うのもあると思います。
とにかく言うこと聞かないから、気に入ってるぞアピールをして
手懐けるっていうやり方だと思います。

怖いだけでなくその様な事もあると云うのは大変理解できました
見放さないと云う思いが感じられるのだと思います
ご回答有難うございました

投稿日時 - 2016-04-23 15:25:56

ANo.3

不良は人の言うことを聞く忍耐力がないから不良なのでしょう。

あなたは教師の言うことを聞いていたのですから、基本的な忍耐力はあったのでは?

もちろん不良と言っても学生時代の話、教師やいろいろな人に指導されながら、不良も忍耐力をつけていくでしょうし、学生時代はまじめだったとしても、社会に出れば違った形で忍耐を求められ、そこに適合できない人というのもいるでしょう。

教師がどうだの、不良がどうだのと言うのは長い人生においては部分的なことだと思いますし、社会性というのはむしろ社会に出てから養っていくものだと思います。

投稿日時 - 2016-04-08 15:10:36

お礼

教師がどうだの、不良がどうだのと言うのは長い人生においては部分的なことだと思いますし、社会性というのはむしろ社会に出てから養っていくものだと思います。


そうだと思います 一過性では無く長い目で私の方法で培っていきたいと思います ご回答有難うございました









投稿日時 - 2016-04-23 15:24:38

>不良生徒はこの教師を「叱ってくれる有り難い人」と云っていたが、この教師は不良生徒でもない真面目で大人しいタイプの生徒にも同じことを行っていた。

 その不良生徒は愛情に飢えていたのかもしれませんよ。


>だから、「忍耐と処世術」を身に付ける生徒の方が社会性があるのですね?

 忍耐できた方が社会になじむという人が多い世の中なら、そういう生徒の方が社会性をつけられるものと思います。
 ただ、別の方法で忍耐をつけることができると思います。大人しく勉強することや部活も忍耐といえば忍耐が必要なので。

投稿日時 - 2016-04-08 14:01:20

お礼

その不良生徒は愛情に飢えていたのかもしれませんよ。

やはり、怖さだけではなく親身に接してくれるその様な事もあったのだと思います。

ただ、別の方法で忍耐をつけることができると思います。大人しく勉強することや部活も忍耐といえば忍耐が必要なので。

私は此方の方法を選択します ご回答有難うございました

投稿日時 - 2016-04-23 15:23:07

ANo.1

親が殴るタイプだと、教師も体罰するタイプの方が生徒にはなじむのかも。

でも、暴力なしでもどうにかなる話なので、暴力なしの方向で自ら学べる人を増やしたほうが未来のためにはいいでしょう。

投稿日時 - 2016-04-08 11:44:36

お礼

ご回答有難うございました

親が殴るタイプだと、教師も体罰するタイプの方が生徒にはなじむのかも

成程良く解ります
唯私は暴力は嫌いなので違う方法でやれる処に身を置き、
暴力無しで学べる方法
その様なタイプはそれがあっていると思います。

投稿日時 - 2016-04-23 15:21:15

あなたにオススメの質問