こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

株式を複数人で相続した場合の譲渡益確定申告

父親が死亡し、財産相続手続きを進めています。

遺産は大半が株式なのですが、今の時点で数百万円分の含み損があります。
これを私を含む2人の子供で分割して相続するのですが、相続後
株式を売却してから分割を考えています。

申告分離課税での確定申告になると思いますが、このような複数人で
相続する場合、売却損についてもトータルの半分の額として申告できるのでしょうか?
(それぞれ自分で元から持っていた株式の譲渡益と3年間通算できる?)

株式は一旦2人のどちらかが代表として父親の口座から株式の移管を
受けることになります。
ただ半分に株式のまま均等に分割するのは難しいため、売却してから
分けようと思っています。

投稿日時 - 2016-04-23 12:57:25

QNo.9162659

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>(それぞれ自分で元から持っていた株式の譲渡益と3年間通算できる?)

↑これは、できません。
例えば、相続人が長男・次男の2人のケースを想定し、長男が全ての株式を相続した後、その株を売却してその代金を分ける場合、相続した株式について譲渡損失を観念できるのは、名義人となった長男のみです。

兄弟の一方のみが損益通算による課税上のメリットを受けることに不公平感を感じるなら、その点も考慮して売却代金の分け方を調整すれば良いです。

投稿日時 - 2016-04-23 13:52:10

お礼

ありがとうございます。
売却損分についても税金面で分けることは無理なんですね。

難しいですが、現物株のままで割り振るようなことも検討します。

投稿日時 - 2016-04-23 19:44:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

株式の相続ですが、市場価格ではなくて 取得時の金額だと記憶しています。
ですから 含み益・損は関係ありません。
500円で買われた株が 現在450円だとしたら 金額としては500円で相続し、名義変更後に450円で売却すれば50円が売却損として 名義人が確定申告の際に計上できます。

お一人が 一旦全部相続することは遺産分割協議書に記載すれば可能だと思います。
しかし、多額で相続税控除額以上なら 2人でほぼ半分で分けたほうが良いのでは?

それに、一旦相続してから渡すとなると 贈与税の対象になりますからお気をつけください

投稿日時 - 2016-04-23 13:18:27

あなたにオススメの質問