こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

この時代劇の切腹シーン、歴史監修の点では…?

時代劇の切腹シーンですが、朝日放送と松竹(京都映画、現在の松竹撮影所)が、昭和56年(1981年)前後に本放送してた、連続テレビドラマの時代劇番組、「新必殺仕事人」で、「主水金魚の世話する」と、言う題名の回。

「金魚を、悪用した金儲けで、被害者夫婦を、自殺に追い込んだ悪の一味のボスである、一人の旗本の男を、藤田まことさん(故人)扮する、主人公の中村主水は、仕事人として、始末する事になった。
ある日の夜、悪のボスである、旗本の自宅に乗り込んで、「居間で、逆さ屏風や、裏返した畳を、用意する」等、切腹を利用した手口で、その旗本が逆ギレした所を、始末した…」回に、ついて…

「切腹のシーン、歴史監修の点から、どうなのか?」的な内容で、私は以前質問しました。

すると、「問題のシーンですが、概ね歴史監修の点では、間違いありません」的な内容で、回答は頂きました。

(詳しい内容は、質問履歴を見て貰うと分かると、思います。)


つい先日、同じ再放送番組として見た、テレビ朝日と東映制作による、連続ドラマとしての時代劇番組、「吉宗評判記暴れん坊将軍(暴れん坊将軍第1シリーズ)」で、題名が、「お七里飛脚は鬼より怖い」と言って、主なストーリーが…

「現在の島根県松江市方面を、主な領地とした、松江藩をモデルにした藩は、江戸と領地の間を、七里に分けた、お七里飛脚と言う役所を、置いてた。
担当者であり、悪のボスである、宮口二郎さん(故人)扮する一人の侍は、このお七里飛脚を利用して、準ボスである、天津敏さん扮する米問屋の主人と、手を組み、飛脚としての部下を利用して、大阪(大坂)の米相場を悪用する事で、金儲けしてたが、これを知った一人の町人の男から、脅された。

宮口さん扮する、悪のボスは、飛脚として時々動く事あるから、藩の江戸屋敷から、呼び出された場所に走って出向いて、問題の男が、別の女性とトラブルになってた事から、その女性を犯人にする為、あらかじめ盗み出した、女性のかんざしを使って、問題の男を刺し殺してから、再び走って、江戸屋敷に戻った。
つまり、「飛脚による、足の速さと、アリバイ工作を、悪用した」殺人事件を、起こした事になる。

その後は、犯人にされた女性の知合いだった、め組の面々から、新之助として相談を受けた、松平健さん扮する、主人公の徳川吉宗は、横内正さん扮する、南町奉行の大岡忠相と共に、裏付け捜査した上で、 悪の一味の関係箇所である、米問屋の主人の別荘に乗り込んで、集まってた悪の一味を、成敗した。
問題の犯人である、ボス含めて、悪の一味は全員、南町奉行所に捕まって、結局ボスと準ボスの米問屋の主人は、死罪になった…」と言う回が、放送されてました。

問題なのは、ほぼ最後に登場した…

「悪の一味のボスの上司だった、藩の江戸留守居役は、「部下への監督不行き届きによる、責任を取る為」として、藩邸内で切腹したが、首は切られてなかったので、 介錯人は無しで、 自分だけで切腹したかして、正座座りの状態で、前に倒れ込む事で、死んでた…」シーンに、なります。

そこで、質問したいのは…

「問題の切腹シーン、介錯人は無しの設定かして、切腹した人は、首を切られずに、正座座りのままで、前に倒れ込む様に、死んでた。
介錯人無しによる、この様な切腹シーンだが、歴史監修の点から見て、実際にはどうなのか…?」に、なります。

投稿日時 - 2016-04-26 22:48:11

QNo.9164308

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>介錯人無しによる、この様な切腹シーンだが、歴史監修の点から見て、実際にはどうなのか…?
史実の記録としては一人で切腹する場合も多々あったようです。
ドラマで主水がやったように儀式化されて介錯人がつくようになったのは江戸時代以降です。
戦国時代には敵に捕らえられたり、追い詰められたりした場合に自刃していて、その際に腹部を切るいわゆる割腹という手段が取られていたようです。
実際は腹部を損傷しても即死はしません。
多くは失血性ショックや腹膜刺激症状で失神してその後出血多量で亡くなっていたのだろうと言われています。
ドラマのように時間が経ったあとで見つかればあり得るということになります。

蛇足
>金魚を、悪用した金儲け
金魚が中国から伝えられたのは鎌倉時代とされていますが、繁殖させて大量に出回るようになったのは江戸時代からですが、あくまでも贅沢品でした。
庶民に広がるのは文化文政期以降です。
中村主水をどの時代と設定するかという問題だけです。
鬼平の時代の前後とすれば大金になっていてもおかしくはありません。

>このお七里飛脚を利用して、準ボスである、天津敏さん扮する米問屋の主人と、手を組み、飛脚としての部下を利用して、大阪(大坂)の米相場を悪用する事で、金儲けしてたが
松前藩の七里飛脚は、藩の公用の通信手段でしたので、大阪の蔵屋敷の裁量範囲である米の値段を時々刻々知らせることはなかったかと思います。
あくまでも公文書の運搬係ですので、公文書の内容は盗み見でもしない限りは知りません。
公文書は封印がしてありますので、空ければ即刻首です。
米相場を悪用して利益を享受していたのと、悪事を働く際に足が速いことを利用したのとを分けて考えませんと無理があるかと思います。

>大阪(大坂)の米相場を悪用する事で、金儲けしてたが
米相場で利益を上げていたのは、いわゆる青田買いと呼ばれる先物相場でした。
現在世界中で行われている商品先物相場は大阪の堂島が発祥の地です。

御説明の米問屋というのがよく分かりませんが、江戸で大阪の米相場の情報を必要としていたのは、藩が指定した蔵前の札差です。
札差は武家相手の一種の金融機関でした。
この札差とのやり取りは勘定方の担当ですので、藩の外交官である留守居役の部下は関与できません。
藩幕制というのはこの官僚の所掌範囲というのは極めて厳重に運用されていました。
藩の公金である米を扱う札差を引きこんで私腹を肥やすには相当に大掛かりな手順が必要になります。
札差にすれば、用立てた金を返せ、という方が優先でしょう。
どこの藩の借金も莫大な額でしたので、米相場を利用した差額など知れたものです。
藩を脅した方が遥かに利益になります。

米相場の連絡に飛脚を使っていたのは江戸初期です。
暴れん坊将軍こと吉宗公の在位のころは、前半は飛脚又は狼煙で後半は手旗信号になっていたと思われます。
江戸時代中期以降明治末に電信が開通するまでは、大型の手旗信号で伝えられていました。
米相場早移、遠見、気色見などと呼ばれていました。
大阪ー江戸間で2時間程度と言われていました。
大正に入って利用されなくなりました。
夜間は松明が使われていました。
参考
旗振り通信 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/旗振り通信

投稿日時 - 2016-04-27 10:11:48

お礼

詳しい回答、有難うございます。

「一口メモ的な内容込みで、詳しく回答して頂いたので、BAにしたい」と、思います。

又、質問した時は、よろしくお願い致します…。

投稿日時 - 2016-04-30 23:24:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

いつも質問の前に、あまり質問と直接関係のないあらすじ紹介はどうかと思いますが。

さて、その留守居役ですが、自分で切腹したのか、切腹を命じられたのか、どちらでしょうか?

本来の切腹は、腹を切ったあと、その刀を本人が自分の首に当て、頸動脈を切る形で死にます(川路莫明が幕末に切腹した時は、腹を切った後、拳銃で自分を撃って死んでいます)。つまり、腹を切るだけでは死にきれないので、頸動脈を切って死ぬ。
ただ、これだと死にきれずに苦しむことがあるので、介錯人を依頼し、腹を切った後、苦しまずに死ねるように首を落としてもらいます。

ここまでが自分で腹を切る場合。『暴れん坊将軍』でも、留守居役が自分で切腹を選んだのなら、質問の死に方で問題はありません。、

一方、武士に対する死刑の一種として切腹があります。これは、形式上「責任を取って自分で死ぬ」という形を取っていますが、実際には死刑です。
ですので、腹に刀を突き立てた瞬間とか、三方に載せてある刀に手を伸ばした時とかに首を切って殺します。時代も進むと、刀ではなく、扇子を用意して、それに手を伸ばせば首を斬る、「扇子腹」というのまで生まれます。
こちらは目的が殺すこと、首を斬ることなので、必ず首を切ります。(例外として幕末の武智半平太がいます。この時は腹を三段に切った武智がうずくまって、首が斬れないということもあり、介錯人が脇腹を刺して止めとしています)。
留守居役が刑罰として切腹を命じられたのなら、介錯人がいないのはおかしい、となります。

投稿日時 - 2016-04-27 07:23:02

映画ならともかく、テレビドラマで「首をはねる」「首なしの切腹遺体を見せる」という描写ができないので、制作サイドも「実際にはあり得ないこと」を承知で敢えて史実を曲げることがあるそうです。

投稿日時 - 2016-04-27 06:54:10

あなたにオススメの質問