こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

シフト勤務の深夜の時間表記について

コンビニでアルバイトをしています。
「5日 木曜日の0-7時にかわりに入ってくれないか」と言われたとき、
カレンダー基準で
・そのまま、5日 木曜日0-7時
・6日 金曜日0-7時
のどちらで解釈をするのでしょうか。

(日時は異なりますが、)このことで先日、店長と口論になりました。
私は前者だと考えており、店長とお話をするときなど、前者の表現で問題なく意思疎通がとれていました。
店長は後者で、その理由として「シフト表が6-30時(6-翌6時)で表記されている」ことを挙げていました。
後者の解釈は、口論になった時に初めて知り、研修の時などには全くそのようなことは教わりませんでした。

私が常識を知らなかっただけかもしれませんが、他の人がどう思うか知りたく質問させていただきました。

投稿日時 - 2016-05-12 01:34:29

QNo.9171278

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

新聞のテレビ欄等は、「5日深夜0時」と言うとカッコ書きで「4日24時」と併用しているかと思います。その他、サーバー関係等の場合、営業日が日付をまたぐ時、営業が終わるまで25時や28時と積算していきます。例えば、5日28時であった場合、6日の午前4時を表します。これは、質問者さんのシフト表はこの手の表現ですね。

で、シフト表が、その様に積算していく表現をしているのであれば、店長は「5日 木曜日の0-7時」とせずに、「5日24時から31時」と言い表すのが自然かと思います。店長の言い分をそのまま通したいのであれば、5日24時から31時(6日深夜0時から7時)と表現するほうが自然でしょう。少なくとも、0時という表現は積算するので使うことは無いはずです。

しかし、質問者さんの様なイザコザもあるので、深夜帯のシフトの場合、お互いの認識違いを起こさないためにその場で2度3度確認するのが一般的だとも言えますね。

投稿日時 - 2016-05-12 02:18:22

お礼

積算して表現する方が普通なのですね。
店長に今度会うときは、何度も確認しなかったことを詫びつつ、表現の方法を変える(今回の場合は「5日24時から31時」と言うようにする、)ことを求めるつもりです。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-05-12 08:51:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>店長は後者で、その理由として「シフト表が6-30時(6-翌6時)で表記されている」
これを理由とするならば
>・6日 金曜日0-7時
を伝えるにはこのままでよく、敢えて「5日の~」と言いたいなら「5日24時~31時」と言うべきです。
店長の主張はスジが通ってないと思います。

>後者の解釈は、口論になった時に初めて知り、研修の時などには全くそのようなことは教わりませんでした。
本件にはとりあえず関わりません。

投稿日時 - 2016-05-12 02:49:02

あなたにオススメの質問