こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

奨学金申請の文章どなたか添削をお願いします

奨学金申請のための文章400~500字です
お願いします‼︎‼︎‼︎


私が高校一年生の時に、私の両親は離婚しました。そのため現在は母と弟の3人で暮らす母子家庭で、母の収入で生計を立てています。弟は私立の通信制高校に通っています。
母は契約社員であることから収入が少なく、また安定したものではありません。
私は自分自身の将来の可能性を広げるため、また高校まででは学べなかったことを学ぶために大学進学を希望しています。しかし、学費として年間100万円を超え、教材費などを足すと四年間でとても大きな額になります。
現在の家計で、弟と私の学費とを両方捻出するのは非常に困難です。また、弟も大学への進学を希望していて、大学生活の途中で学費が払えなくなる可能性があることがあります。
これ以上休みなく働いてくれている母に金銭面で苦労をかけたくはありませんが、アルバイトだけで学費を賄うことには無理があるります。
ですが、私は大学で多くのことを学び、社会人になってからより社会の役に立てる大人になります。
これらの理由から奨学金の利用を希望します。

投稿日時 - 2016-05-28 17:39:33

QNo.9179364

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

・家計や家族の状況
・進学を希望する理由や目標
・アルバイトよりも学業を優先する意志

上記の3つが入っていれば十分です。
家計や家族の状況は今の考えのままでいいでしょう。あまり悲劇的に書いてもよくありません。奨学金の応募者の多くは質問者さまと同じか、もしくはもっと家計的に厳しい人もいるはずですから、不幸比べをしてしまうような申請理由はあまり好ましくありません。
ですから、奨学金、すなわち「学業を奨励するためのお金」にふさわしいように、たとえば大学に入って学びたい分野や将来の目標など、今の自分で想像できる範囲でかまわないので熱意を感じるように書くのがいいでしょう。

また、学業を奨励するものですから、アルバイトについて理由書に書くのは好ましくありません。大学の成績など関係なく就職までのワンステップという位置付けならば、アルバイトで自ら学費をまかなってさっさと卒業し就職してしまえばいい、という考えもあります。奨学金をもらう=アルバイトをしない or 減らす=学業に専念できる時間が増える、という図式にするといいかと思います。
たとえば『~母の負担とならないよう、学力を活かし家庭教師など最低限のアルバイトを検討していますが、このことで大学での学業がおろそかになってしまうのを危惧しています。そのため、奨学金を申請することで家計の負担を軽減し、なおかつ私自身が学業に専心する時間を豊かに設けたいと考えています。』…といった感じで締めるといいかと思います。

もっとも、申請理由書でアルバイトをしないと書いておきながら実際にはアルバイトをしても奨学金が取り消されることはありません。あくまでも申請理由書なので、奨学金がもらえることで学業に取り組む時間を増やせる、という考えのもとで書く方がいいです。

投稿日時 - 2016-05-30 22:58:15

ANo.3

大学進学を書くなら、具体的にどういう分野に進みたいまたは何になりたい、という目標を描いたほうがよいのでは?

投稿日時 - 2016-05-28 19:22:42

無利子の奨学金5万円と、貸与(返済不要)の奨学金3万円を受給していた者です。

煽りみたいな回答者がいますが、無視した方が良いですよ。
どうして通信制大学と比較するのか、意味が分かりませんね。
気にしなくて大丈夫です。

まず、奨学金の審査は主に親の収入と、(提出する場合は)あなたの成績によって決まります。
はっきり言って、他の回答者が言っているような、「納得しない」とか、そういう基準じゃないです。収入と成績で決まります。
ですが、返済不要の奨学金の場合は、人気も高いため、しっかりと作文する必要があります。
返済する奨学金の場合、適当でも受かります。

無駄話はこれぐらいにして、
まず、書き方のコツとしては「私可哀想でしょ」っていうのを全面に出した方が良いです。
悲劇のヒロインを演じる感じで笑

出だしの、離婚した下りはいりません。
元夫が慰謝料とか、教育費とか、払っていると邪推される可能性があるからです。
また、「高1までは稼ぎがあったんでしょ?」という判断にもなりかねないです。
大学進学の理由は、もう少し具体的に書いた方が良いです。
◯◯という夢を叶えるために大学進学をしたい。けど、お金がないという感じに。

以下、ある程度の骨組みを書いてみます。
(急いで打ったので、ミスとか変なところとかたくさんあると思います。また、コピペはNGです)
---
我が家は母子家庭で、母の収入のみで生計をたてています。また、母は契約社員ということもあり、収入は安定しておらず、満足のな収入は得られていません。加えて、大学進学を目指す高校生の弟もおり、今後の出費に関して、家族全員が不安を抱えています。
このような状況下ではありますが、私は大学進学を目指しています。私は幼い頃から、「教師になりたい(例)」という夢があり、そのためにも、教育学部に進学し、教師になるだけでなく、教育という分野で社会貢献したいと考えています。
しかし、今の状況では大学進学のためにかかる生活費や学費を支払うことは現実的ではありません。このままでは、幼い頃からの夢を断念せざるを得なくなります。また、アルバイトは行う予定ではありますが、勉学との両立を考えると、生活費や学費を支払う事ができる程には、アルバイトに時間を割けないことも事実です。
お金がないばかりに、夢を諦めるだけでなく、大学進学までも諦めなければなりません。
奨学金の受給をお認めくださった際には、多くの方に支えられていることを自覚し、勉学に励み、将来的には返済はもちろん、社会貢献していきたいです。
上記の理由から、奨学金の受給を希望いたします。

基本的に、困る人が申請するという考えですので、弟の話はあまり良いとはされません。
あなたが困るということを、目一杯書いてください。

投稿日時 - 2016-05-28 19:14:59

ANo.1

まず、

> 学費として年間100万円を超え、教材費などを足すと四年間でとても大きな額
> になります。

通信制大学に通えば、年間100万円以下で済みますが・・

一例として日本大学通信教育部だと、納入金(年額)は148,500円です。

学費 | 日本大学通信教育部
http://www.dld.nihon-u.ac.jp/admission/cost/

ご質問者は、学費として年間100万円を超える大学に入学する目的があるでしょうね。
その目的を具体的に書かないと、誰も納得はしないと思われます。

投稿日時 - 2016-05-28 18:19:05

あなたにオススメの質問