こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

門のそばに太い樹がある家のルーツは?

東京田端の文士村周辺には門のすぐそば内側に太い樹が1本植えられている家を多く
見かけました。。
京都の仁和寺近くの閑静な住宅街の多くの家の門のそばに太い樹が1本植えられれいるのを
見ました。鎌倉でも見かけました。
門の入り口に太い樹を1本植える造園様式はどこからきているのですか。ルーツを
お教え下さい。
また「門前に栗の木聳ゆ留守の家」のようなシーンはいつから始まったのですか。
お教え下さい。

投稿日時- 2016-06-02 21:09:42

投稿日時 - 2016-06-03 11:41:48

QNo.9182121

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

造園屋に勤務していますが、仕事で顧客の方の家に御伺いすると、大抵の
家々では立派な樹木が植えられています。ルーツはと言われても答えるの
は難しいのですが、門柱は敷地に入る際に最初に目にする部分ですから、
やはり自分の家の風格を強く見せたいがために、松などを植えられている
のではないかと思います。玄関脇に樹木を植えられるのも同じで、一種の
シンボル的な感じを与える意味から立派な樹木を植えられているのではと
考えます。一般的に言われる「シンボルツリー」だと思います。

投稿日時 - 2016-06-05 13:35:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

 神社と同じような感じかな?

 木を植えるのは、家を建てるなどで木材が必要とする。また木々を家の周りに植えることで風対策にもなる。どこかの地方だと、食料となる木々を植えるなどもありますね。

 それと、門のそばだと鳥居に近い感じかもしれませんね。道と家との境界を示すという意味も有るかもしれませんね。

 いつからかは分かりません。

投稿日時 - 2016-06-03 16:47:43

ANo.1

予想ですが、昔は自然や木そのものがちょっと神聖なものだったかも。
おおきめの木があるところに家をたてるなら、たてものの方をよけるようなことをしたのかもしれません。

投稿日時 - 2016-06-03 15:26:46

あなたにオススメの質問