こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

運動制限のある人用の手間のかからない園芸

猫の額ほどもない、狭い庭に、わずか数本のカイヅカイブキの生垣と、ハナモモと紫陽花。
そしてバラとか季節に咲く花を楽しんできました。
しかし、加齢とともに腰痛、関節痛、内臓疾患などにより、だんだん医師から運動に制限を言われるようになりました。
庭木については植木屋さんを呼べるほどの量もなければお金もないので、行く行く生垣は撤去してフェンスに改修工事しようかと思ってます。手のかかるバラとハナモモも撤去です。
山間部なんぞは別として、住宅街で!の話です。どこでもそうですが、子供が独立して、配偶者が先立ち高齢者の独り暮らしになると、家の周りを手入れできなくて、紫陽花でもなんでも野生化?したかのような鬱陶しい、(決してゴミ屋敷ではないのに)ゴミ屋敷の庭か?と思わんばかりの御宅を見かけます。
特に、壁にも屋根にもツタの絡まりまくった、空き家かな?という感じの家にはしたくないのです。(好みの問題でしょうけど。)

お尋ねしたいのは、マリーゴールドやパンジーなどの季節の花を植えるスペースをどうするか?です。
もし、何も植えないで放置したら、雑草が生えるか、野良猫のトイレにされてしまうのが目に見えてます。
そこで、手入れの不要なものを植えたいのですが、クリーピングタイムというハーブは最適でしょうか?
数年もまったく刈り込まなくても、行儀よく整っていてくれるでしょうか?
ハーブなので、たまには収穫して楽しめるかな?と思ったのですが。
他にお勧めの植物があれば、候補に入れたいと思いますので教えて下さい。

投稿日時 - 2016-06-03 13:16:10

QNo.9182159

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

大変ですね。
ずぼらな私はいろんな色のゼラニュウムをたくさん植えています。
なぜかと言うと四季咲き、乾燥に強い、蚊除けになるなので。
ニャンコの侵入が心配なら庭の一番道路沿いにピラカンサを植え(とげがあるので猫は入れない)大きくなって来たらパチンパチンと刈り込むだけ。
クリーピングタイムはグランドカバーなので花は咲きますがどんどん増えてきますから手入れが必要かも。芝桜の方が広がらないから良いと思いますし。敷石の際に松葉ボタンの種をまいておけば盛夏の忘れた頃に花を咲かせてくれます。水やりは要りません。

後は地面に・・を考えず椰子の繊維を小さなプランターで土代わりに使えば重いからと腰痛で悩むこともないし、小さな茶花・・例えばヤマアジサイなど・・を植えて楽しまれてはいかがでしょうか?パンジーやマリーゴールドでも構いませんが意外と毎日枯れた花を摘まないといけないし手間がかかります。面白いのは色々なビオラを植えて放っておくと2年目から色が混交した株がたくさん生えて来る事です。パンジーと違って放っておいても構いません。

地面の空きが気になるならユキノシタを植えましょう。勝手に増えていきますし葉は天ぷらにすると美味。(昔々の高級折詰には明治天皇がお好きだったと言われるヒガイの付け焼きとユキノシタの天ぷらが必ず入っていました)

雨水が溜まるなら蚊除けになるゼラニュウム以外に薄荷やレモンバームも少し。

ゼラニュウムは茎を切って地面に刺しておけば勝手に増えます。
ヨーロッパ当たりの建物の二階に植えてあるのはこの赤いゼラニウムが多いのです。手入れが殆ど要らないし種が飛んでまた生えてくるし。
腰に負担がかからないように放ったらかしで良いものを色々楽しんでください。

投稿日時 - 2016-06-03 15:34:32

お礼

たくさん書いていただき、どうもありがとうございます。
ゼラニウムのこと忘れてました。うちにもたくさんあります。
ただ、あの木化がいやでして・・・。アジサイもそうなのですが、木化(幹が木のようになる)したら、いったん引っこ抜いて、その枝を利用し、指し芽をしてあたらしい株にしてます。そうすると、いつまでも若々しいので。
これが、この先やっていけるか、いつまでできるかなのです。
いけるところまで、頑張りたいです。

ビオラなら、なじみもあるし、よさそうですね。
ピラカンサなら害虫もにげそうですね。
元気が出ました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-06-03 23:22:27

あなたにオススメの質問